神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎2話ネタバレあらすじと感想まとめ

      2016/08/25

元SKE48松井玲奈さんの卒業後初の主演ドラマ「神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎」!

初回視聴率は1.7%と深夜のドラマにしてはまずまずのスタートではないでしょうか?

というわけで今回も、「神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎」の3話予想と2話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報などはこちら
神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎の各話ネタバレあらすじにキャスト・ロケ地情報

神奈川県厚木市ランドリー茅ヶ崎の2話予想と1話あらすじネタバレ・感想まとめ

2話のあらすじネタバレ

牛丼二郎で南雲凪(松井玲奈)が「牛丼、並、ライス」と注文し、周りの客に拍手されるところから始まる。

その後ランドリー茅ヶ崎の店内でいつものようにが仕事をしていると、1話で仲良くなった山田忠司(角田晃広)と店長(滝藤賢一)が牛丼屋での出来事について面白がって話している。

その後、南雲凪が「やらせたのは店長でしょ」と怒り出し、持っていた客の服を振るとボトッと何かが落ちる。

ビニール袋に入った注射器だった。

「これ、やっぱりあれだよね?」と腕に打つパフォーマンス。

誰の洗濯物かを確認し、石橋栞(山田真歩)だということがわかる。

次に来たら腕を確認しようと話し合う3人。

そして石橋栞が来店する。

とはいえ、今は3月。

半袖じゃないし、腕を確認するため、なんとか上着を脱がせようと温かい蕎麦を勧めたり、気をそらしてる間に七味を大量に入れたり・・・。

面白おかしく試行錯誤し、上着を脱がすことに成功する。

しかし、腕に注射のあとはない。

そこで、注射器を机に出し、石橋栞に事情聴取する。

「やってません」
「ほんとだな?」

等のやり取りがあったあと、

「ひどいじゃないですか!常連客捕まえて!」

と石橋栞。

結局、注射器にチョコレートが入ったお菓子だった。

「間が悪いんだな・・・」

と石橋栞。

間が悪いエピソードを4人で再現する。

そして、石橋栞は友達の子供にこのお菓子をプレゼントしようと思ったら、その日に有名人が逮捕され、こんなの渡すわけにいかなくなったと話します。

『私、いつまでこうなんだろう…と部屋で一人分の鍋を作ってる時に考える』と3人に相談する。

そこへ近藤(ベンガル)登場。

その後、ダメな時はダメでいいじゃんと南雲凪がまとめる。

感想

★32歳・けいさん・女性
まず冒頭のJOYさんのラップがシュールで面白い。

そして、全体を通してとにかく3人のテンポが抜群です!

間の取り方とか、やっぱりさすが舞台出身だなと思うんですが、びっくりだったのが松井玲奈さんも上手なこと。

よくある、どうせアイドル出身ていう肩書きだけで主演でしょ?って思って全く演技には期待してなかったし、そこがネックで1話は見なかったんですが、意外に演技力があって衝撃的でした!

内容も全く期待してませんでしたがとても面白かった!

脚本がどこまでで、どこがアドリブなんだろうと考えるのもまた面白く、演出もすばらしいですね!

次回はもちろん、1話も探して観てみようと思いました。

3話予想

★32歳・けいさん・女性

次回も、また洗濯物から何か出てくるのではないかと思います。

回が進んでいくごとに現場の雰囲気もかたまってくると思うので、よりよいやり取りやアドリブが見れるのではないかと期待します。

 

3話のゲストはユマニテ所属の実力派若手女優・岸井ゆきのさん!

ダウンロード (1)

どうやら不登校の悩みを抱えてるっぽいですよ(>_<)

次回も楽しみですね^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報