1年半待てのロケ地は創価大学・流山!原作ネタバレあらすじにキャスト情報も

   

4月15日に松本清張スペシャルドラマ『1年半待て』が放送されるそうです!

主演には菊川怜さんが抜擢!

そして驚異の視聴率55%を記録した連続テレビ小説「澪つくし」や大ヒット大河ドラマ『独眼竜政宗』などを手掛けたジェームス三木氏が脚本を務めるそうです。

気になりますねー!

ということで、今回は原作はあるのかや、あらすじネタバレにキャスト情報、そして創価大学や千葉県流山市というロケ地についても書いてみました!

スポンサードリンク

基本情報や原作について

1年半待て

放送日程:4月15日(金)21:00~
放送局 :フジテレビ系
脚本  :ジェームス三木
演出  :西浦正記

番組HPより引用

松本清張原作の「1年半待て」が2016年4月15日、フジテレビの金曜プレミアムで12度目のテレビドラマ化となります。

過去には、森光子さんや樹木希林さんに淡島千景さん、三國連太郎さんなど、錚々たる面々が起用せれてきた名作だそうです^^

一番最近でいうと、2002年に夏川結衣さん、市原悦子さんが出演しBS-TBS開局10周年記念ドラマとして放送されています!

菊川怜さん主演の2016年版では従来の主役の容疑者のさと子に石田ひかりさん、そのほか雛形あきこさん、戸次重幸さん、前川泰之さん、渋川清彦さん、寺田農さん、ジュディ・オングさんらが法廷の物語を盛り上げます。

キャスト

高森滝子:菊川怜
20111015_guestReiKikukawa
弁護士。

須村さと子:石田ひかり
large
保険会社勧誘員。

脇田静代:雛形あきこ
バー“ミモザ”のママ。

須村要吉:渋川清彦
須村さと子の無職のDV夫。

須村タカシ:鴇田蒼太郎
一人息子。

栗原英彦:寺田農
法律事務所所長。

:ジュディ・オング
:戸次重幸
:前川泰之
:ふせえり
:松澤一之
:近江谷太朗
:春海四方

 
キャストの関連記事
戸次重幸と市川由衣との馴れ初めや妊娠に子供は?演技力や元カノ情報も

ロケ地

千葉県流山市を撮影場所の中心としてロケが行われたようです。

流山おおたかの森駅なども撮影場所となったようですよ^^

その他には創価大学本部棟の模擬法廷教室も使用されているとか!

法廷シーンではすべてこちらが使われているんでしょうか?

あらすじ

夫からDVを受けていた妻が、夫を殺害した容疑で逮捕された。

世間では、夫は酒癖が悪く、無職でヒモ状態であったことなどから、妻に同情する声が集まっていた。

この事件の弁護を依頼された弁護士高森滝子は、世間の注目を集めるこの事件の弁護を引き受けることを決意した。

滝子にとって、弁護士として名を挙げるチャンスでもあったのだ。

滝子は正当防衛を主張し、無罪を勝ち取ろうと被告人さと子に勧めるが、さと子は、無罪を主張する気はなく、夫殺しを認め罰を受ける覚悟をしており、息子のことだけが気がかりだという様子だった。

裁判では、無罪を主張する弁護人と、殺意があったと主張する検察の意見が激しくぶつかりあったが、結果、執行猶予付きの判決が下った。

滝子はまだ正当防衛で無罪を主張し控訴することもできるとさと子に促すが、さと子は「もう人目にさらされたくない」と言い、控訴はせずにそのまま裁判は終了した。

この裁判の結果、滝子は弁護士としての地位、名声を確立し、政界進出の話まで飛び込み、最高の勝利を手にした。

しかし、その後、思わぬ展開が待ち受けていた・・・。

まとめ

過去の作品と異なり、本作は容疑者のさと子が主役でしたが、今回はさと子を守ろうと戦う弁護士の滝子が主役となるところがまた違ったかんじで面白いのではないでしょうか?

放送がたのしみですね^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,