火の粉の3話予想と2話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)

      2016/04/17

土ドラ第1弾の「火の粉」。

初回視聴率は5.8%と悪くない数字で、ユースケ・サンタマリアさんの不気味さが話題を呼んでいます。

というわけで、「火の粉」の3話予想と2話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と前回分はこちら

火の粉のロケ地や原作あらすじに優香・ユースケサンタマリア・佐藤隆太等キャスト情報も

火の粉の2話予想と1話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)

2話のあらすじ

武内真伍 (ユースケ・サンタマリア)の飼い犬・レオが塀を飛び越え、梶間まどか(庄野凛)に襲いかかろうとするところを梶間雪見 (優香)が庇い、2人の目の前でレオを庭ぼうきで思い切りなぐった武内は、梶間家に謝りにきます。

犬はブリーダーの元へ返したのだという。

「気持ちですから」と差し出した封筒にはお金が入っていました。

梶間俊郎(大倉孝二)がお金に興味を示す中、梶間勲(伊武雅刀)、梶間尋恵(朝加真由美)、雪見は受け取るのを拒否します。

武内を玄関先で見送る勲と尋恵。

勲は武内に裁判官だった頃の同僚が来て、変な噂を立てられるかもしれないという理由で母の通夜への列席を遠慮してくれないかと話します。

私は世間の目から逃れられない。命の恩人の先生に迷惑をかけられないと了承します。

武内家に訪れる俊郎。

武内は、通夜に伺えなくなったから香典としてと、やはり気が済まないから慰謝料として、とお金の入った封筒を俊郎に渡します。

家に帰り受け取ったことを雪見に話す俊郎。

雪見は受け取れないと武内に封筒を返しに行きます。

雪見が帰り、怒った武内は受け取った封筒を燃やしてしまいます。

一方、曜子(俊郎の祖母)が亡くなる前に遺産配分を書いた遺言書を読んだのにも関わらず、通帳の残高は0。

義姉がその遺産を使い込み姿を消してしまったのです。

部屋に戻った雪見と俊郎。

雪見「遺産なんてあてにしてないで、そろそろ仕事見つけようよ、家にだってそろそろお金入れないと」

俊郎「わかってるって。だったら武内さんに慰謝料もらっておけばよかったのに。もう少し待って」

そして、お金に困っていた俊郎は武内家を訪ねて雪見がお金を返したことについて謝罪し、遺産をあてにしていたことを話します。

武内「遺産はいくらだったか?お金に困っているならお役に立ちたい」

俊郎「前の職場であるブラック企業の社長から商品の弁償代として100万円を払えと言われている」

すると武内は、親の遺産を使うあてがないから自分が用立てると話し、お金を俊郎に渡し仲良くウイスキーを飲み交わします。

一方、雪見はバイト先である定食屋で、共に働く佐々木琴音 (木南晴夏)に仕事もしないで昼間から隣で飲んでいた俊郎に対する愚痴をこぼしています。

すると、そこに記者の寺西(佐藤隆太)がしつこく尋ねてきました。
寺西「おばあさん、死んだんですよね?喉を詰まらせたって本当なんでしょうか。その時、武内がいたんですよね?」

その事が気になっていた雪見は寺西と公園で二人で話すことにします。

寺西「武内が出入りを始めてからお婆さんが死んだのは変だと思いませんか?武内は事故に見せかけておばあさんを殺したんだ」

雪見「お婆さんは喉を詰まらせたんです。食事を与えたのも叔母なんです。」

寺西「例えば、雑炊をビニール袋の中に入れてポケットに入れておいて、誰もいない時にお婆さんの所に行って強引に口に中に突っ込んだ。武内にそのチャンスはありませんでしたか?」

雪見は武内が一人になっていたことを思い出しつつも「武内さんがそんなことを..」と否定。

寺西「武内は自分の居心地のいい環境を作るためにお婆さんを排除した。3年前の事件もそうだった。あいつは善人面をして人を惹きつけ、本当は悪魔のようなやつなんです。」と話す。

雪見が家に帰るとスーツを試着する俊郎が。

武内が着てないスーツを俊郎にプレゼントする為に訪れていたのです。
武内は「俊郎さんが少しでも良いところに就職することができるように願っています」と。

そして武内は雪見に「公園で会っていたあの男、危険ですよ。関わらないほうが良い、気をつけてください」と忠告します。

不安になった雪見は3年前の事件を調べ、勲に「お父さんはどうして武内さんが無罪だと判断したのですか?もともと、武内さんは被害者の一人だとみられていたんですよね?」と聞きます。

勲「被害者だと思われていた武内さんを警察は次第に疑い始めた。3人を刺した後に自分で背中を刺して被害者を装ったと。警察は武内さんを犯人と決めつけ捜査を始めた。死んでいてもおかしくない傷を自分で付けたとは考え難い。それにまともな動機もなかった。武内さんが自供を覆した後も警察はろくな捜査もしなかった。誰が見ても武内さんの無罪は明らかだった。」

一方、武内は弁護士の関孝之助(迫田孝也)に頼まれ、自宅で冤罪事件の雑誌取材を受けます。

hinoko1wa1

「ストッキングを被った男が突然入ってきて手に包丁を持っていました。それで的場さんたちが…。。私が訪ねるたびに暖かく迎えてくれた幸せな家族だったんです」

記者「やってもいないのに自白をしたのですか?」

武内「やってもいないのに自白するはずはない、やったから自白をしたんだろう…無罪になってからもみんなからそういう目で見られました。毎日何時間も密室に閉じ込められて攻め続けられた。その場の苦しみから逃れたくて自白をした。悔しかった。だから裁判の時にやっていないと主張をした。背中の傷は自分でやった?どうやったらこんなことができるっていうですか?」

といきり立ちシャツを脱いで背中についた無数の傷を記者たちに見せる武内。

取材が終わり帰ろうとする関はばったり勲と出くわし、偶然隣に引っ越してきたという話を聞きます。

先ほどの段々と怒り狂った武内を見た後に話を聞いた関は何か思う事があるようでした。

一方、尋恵は武内に歌舞伎に連れて行ってもらい、こんな楽しい休日があるなんてと感動しています。

俊郎はスーツを貰ってから就職活動が上手くいっていると上機嫌で雪見に話します。

家族が武内のことばかりを話し、感謝し始めていることに不満を感じている雪見はバイト先で琴音に愚痴ります。

一方、俊郎は前の会社を辞める際、社長に暴行したということで、傷害罪で刑事告訴されてしまいます。

家に帰った雪見は訴状を手に持ち俊郎を攻め立てます。

雪見「待遇悪くてひどい会社だから辞めたって言ったじゃない。どうして嘘ついてたの?なんで殴ったりしたのよ?」

俊郎「うるさいな!パワハラしまくってた奴殴って何が悪いんだよ!弁償しろって脅されて…それでケリがつくはずだったんだよ。」

武内から借りて100万ちょっと払ったことを話します。

お金まで借りたことで今まで我慢していた不満が爆発する雪見。

雪見「赤の他人になんで…」

と、そこに無表情に雪見をみる武内の姿が。

武内「もう、やめましょう。」

武内の家で話をすることに。

俊郎は裁判官だった勲の影に怯えて育ってきた。

謝れば済むものを社長を殴ってしまった、家族がいるのに…と今までの行動を後悔します。

武内「自分が間違っていないと思っていることを曲げてはいけない、梶間先生が私を救ってくれたように、今度は私があなたを救ってみせる」

武内に否定的だった雪見も武内のことを悪く見ていたことを反省し始めるのでした。

武内が働きかけ、例の事件で武内の弁護士を担当していた関が今回も動き、俊郎に掛けられていた刑事告訴は取り下げとなりました。

そして関は、その社長は謎の失踪をとげたという話をしていきます。

武内は関に謝礼金を渡そうとします。

関「裁判以来、充分すぎるくらいのお礼を頂いています。こういうのは、もうやめにしませんか。」

そして俊郎は再び武内家に訪れ、「こんな高価なものをいただいていいんですか?」と武内がくれるといったネクタイを締めています。

俊郎「あ、武内さん、前の会社の社長のところに行きました?」

武内「高価なアンティークの家具で交渉をしてみたんですけど、そんな悪趣味な家具なんているかと言われました。

これを聞いて3年前のことを思い出しました。的場さんにも同じことを言われた。こんな悪趣味なネクタイいるかと。これが的場さん一家を殺した動機なんです。

なぜ、私のプレゼントが気に入らなかったのか、人の厚意をむげにできるのか分からなかった。だから的場さんを殺して悪趣味なネクタイを使って健太くんの首を絞めた。あの社長も家具を気に入ってくれなかった。だから….。」

ネクタイを締めていた手を止め、唖然とする俊郎。

武内は笑いながら「…って警察のでっち上げた調書に書いてありました。私が犯人にされたのはその調書にサインをしたからです。俊郎さんのその顔、本気にしてましたね」

家に帰ってきた俊郎は突然弁護士になると言い出します。勲はこのことには賛成し、尋恵も「武内さんに言われたなら間違いないわ」と前向きに。
しかし雪見はこのことには否定的。そして、武内の家を訪ねて、自分より武内さんの方がいうことを聞くからと、内定した会社に就職するように説得して欲しいと頼むのです。

武内はどうして夫である俊郎を支えてあげることができないのか説教を始めます。

ここで武内が俊郎の前の会社の社長に会いに行ったことを知った雪見はまたも不信感を抱いたようで…

武内「私は梶間先生とその家族のためなら、なんでも力になりたいと思っているのです。」
雪見「家族のことは私がちゃんとやりますから」
武内「私にとって、皆さんは家族同然です。」

3話につづく

感想

★やはり殺人犯じゃないかと思ってしまうほど、今週も武内が気味が悪かった。社長が行方不明というのは、武内が関係しているのか気になります。お気に召しませんか?がこわい。
(わか・62歳)

★まだ引っ越してきて間もない隣人なのに、家に普通に入っていたりと溶け込むのが早すぎて、武内ってすごいやつだと思う。
お金まで本当に燃やしてしまうほど、かっとなると何するかわからないやつみたいだからこわい。
(けい・19歳)

3話予想

★3話は武内の梶間家への浸食が進み、雪見がどんどん追い出されていくようなかんじでしょうか?もしかしたら雪見は流産かなんかしていて、それを隠していたのが家族にバレる?そんなような予告みたいでした。
(ゆう・25歳)

まとめ

武内は本当に殺人犯じゃないのか?でもやってそうと思わせるほどに不気味な武内。

でも、それなら背中の傷は・・・?

そして、次週は雪見の元彼役に元ジャニーズJr.の川野直輝さんが出演です!

3話も楽しみですね(´▽`*)

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報