精霊の守り人シーズン2・1最終話(4話)ネタバレあらすじと感想

      2017/01/17

話題のドラマ、NHK放送90年大河ファンタジー「精霊の守り人」。

シーズン1は全4話の放送なので本日で最終回。

第3話の視聴率は7.1%とぐっと下がってしまいましたね^^;

最終話の視聴率で来年放送されるシーズン2への期待を持たせることは出来るのでしょうか?

というわけで、「精霊の守り人」のシーズン2の予想と4話(最終話)のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

視聴率・事前情報と前回までの記事はこちら

最終話視聴率:7.4%

精霊の守り人・第1部の最終話までのネタバレあらすじにキャストやロケ地情報

精霊の守り人第1部の2話予想と1話のあらすじネタバレ・感想まとめ

精霊の守り人第1部の3話予想と2話のあらすじネタバレ・感想まとめ

精霊の守り人第1部の最終話予想と3話のあらすじネタバレ・感想まとめ
 

4話(最終話)ネタバレ

「決戦のとき」

ラルンガの襲撃を何とかかわし、チャグムを救い出し守り抜いたバルサ、タンダとのささやかなひとときもつかの間、ふたりの旅はいよいよ佳境に入ります。
 

バルサたちに支えられ信頼し冒険していたチャグムですが、水の精霊の卵の持つ不思議な力に支配されてしまいます。
 

チャグムは精霊の卵を孵すため、何者かに操られるように人間離れした能力でバルサの腕をすりぬけ森の中に消えてしまったのです。
 

チャグムを追うバルサと帝の密命でチャグムの命を狙う狩人・ジン(松田悟志)。
 

どちらが先にチャグムを見つけるか、手に汗握る追跡劇が始まります。
 

一方、王宮に連行されたトロガイはシュガとともに伝説に残るラルンガ退治の方法を探り、伝説に隠されたある真実に気づきバルサたちへ伝えます。
 

その頃、チャグムは何かに吸い寄せられるようにサーナンと呼ばれる伝説の水源にたどりつく。そして卵を狙う見えない怪物ラルンガの殺気がチャグムに忍び寄る。
 

ラルンガの襲撃をかわしながら精霊の卵を産み落としたチャグムはバルサの力を借りて卵を守ろうとします。
 

無事卵を守り、ラルンガも退治したバルサたちの下へチャグムを迎えに王宮から使えが来ました。
 

皇太子が病でなくなり、チャグムが皇太子になることになったと告げられるのです。
 

ここで終わりなのかと思いきや、皇太子となったお祝いの席に招かれたカンバル王を狙うバルサと阻止しようとするジン。
 

バルサに気づくチャグムのカットで1シーズンは終了しました。
 

感想

★満身創痍で闘うバルサ、ただの用心棒である以上にチャグムはもう家族でしょう。だからこそ守っていける。
ジグロとの約束を貫いてバルサはチャグムを守り、王宮に連れて帰り穏やかな暮らしを取り戻せる。見ている側もほっとしますね。
やっとこれでバルサもタンダと静かに森で暮らせばいいんだし。ハッピーエンドですよね!・・・と思わせてくれない上村菜穂子のファンタジーですよね^^;
これが精霊の守り人としての役割のすべてではなかったことはバルサにはわかっていたのでしょうか。
(るっく・23歳)

★精霊の卵とチャグムの命をバルサはチャグムから守ることができるのかハラハラしながら見ていました。
チャグムとバルサの別れのシーンはとても切なかったです。そして再会がバルサがカンバル王を暗殺しようとしたところとは。1シーズンはここで終了していまい続きが気になります。
(みな・26歳)

シーズン2予想

★チャグムが卵の守り人になったのは始まりに過ぎなかったのですね。
そしてあらたな役割を果たすべく守り人チャグムと用心棒バルサのつらく、苦しい闘いがまた始まるなんて。
でも成長するチャグムを見るのも楽しみな第2部です。
(るっく・23歳)

★来年放送予定の第2シーズンのキャストに五代様ことディーン・フジオカさんが演じると発表されていました。また、最後に第2シーズンの記者会見の映像に鈴木亮平さんの姿が!かなり楽しみになりました。
(みな・26歳)

お尋ね者となった槍使いの女用心棒バルサと新ヨゴ国の皇太子となったチャグム。
離れ離れになってしまったふたりの冒険が、再び始まる!
果たして再会することはできるのか?

まとめ

撮影もスタートし、キャスト発表もありましたね!

成長し、皇太子となったチャグムはキャストさんも変わりますから、どんなふうになるのかこちらも楽しみですね!

シーズン2のまとめ記事もまもなく公開しますのでお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報