火の粉の5話予想と4話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)

   

『火の粉』の4話が放送されましたね!

3話は少し視聴率が回復した3.8%。

4話には酒井若菜さんが登場します!

というわけで、「火の粉」の5話予想と4話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と前回分はこちら

火の粉のロケ地や原作あらすじに優香・ユースケサンタマリア・佐藤隆太等キャスト情報も

火の粉の2話予想と1話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)

火の粉の3話予想と2話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)

火の粉の4話予想と3話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)

4話のあらすじ

家を出た雪見は琴音の家にお世話になる。

武内はまた「おいしくな〜れ!おいしくな〜れ‼︎」とバームクーヘンやご馳走を作り、雪見を除いた梶間家のみんなを家に招待する。

ビールを勧めた武内に勲は「あまり長居することも出来ないので…」と断ると…「お口に合いませんか…」と一瞬表情が変わる。

 

一方、和食屋でここ何日か来店していて占いの勉強をしているという女(酒井若菜)に琴音は最近デートしていいなと思ってる人がいると相談する。

気になった雪見は琴音に誰のことかと問うと、武内の事だと判明する。

一緒に診てもらった雪見は「力になってくれる人が近づいてくるか、側にいるからその人が運気を回復してくれる」と告げられる。

 

雪見は池本に会う為喫茶店へ。

武内を邪険に扱うようなことを言ったから、排除された、色々な出来事の犯人が武内だということを明確にする為、何があったか細かく話してくれと言われる雪見。

そこへ偶然勲から電話があり、池本に関わるなと言われた雪見は池本に詳細を話さずに喫茶店をあとにする。

池本から公園に呼び出された雪見は墓の地蔵を注文したのが武内だということが判明したと報告を受ける。

 

一方、雪見と池本が会っていることを琴音から聞いた武内。

夜に恒例の母へのビデオレターを撮る武内は、梶間家を救う為に雪見の排除が必要だった為に日記も地蔵も自分がやったと話し、雪見や池本と戦うと宣言する。

 

話したいことがあると俊郎に話した雪見は池本を連れて梶間家へ。

池本は、勲のくだした判決は間違いだったこと、梶間家で起きた出来事が武内の仕業だという事を話す。

俊郎は本人がいない所で話すのはおかしいと言い武内家へ。

武内に向かってまどかを守る為なら刺し違えてでも戦うと宣言する雪見。

すると、言いたくなかったが黙っていられないと武内は池本が怪しいと話す。

石材店に確認し、武内を名乗り地蔵を頼んだ者の電話番号を入手したと話し、その場でその番号に電話をかける。

すると池本の携帯電話が鳴り、地蔵を頼んだのは池本だと主張する。

さらに武内は、ガラスを割られ何度も家に入られた為に番犬を飼い始めたことや3年前の被害者を名乗り、何度も武内に嫌がらせの手紙が届いていたことを話し、3年前の真の犯人は池本だと話す。

妹と義理の弟を亡くしたことにより、池本は多額の遺産相続を受けたと指摘。

更に、琴音に連れてきてもらった占い師・杏子は、なんと池本の妻だった。

雪見に池本を信じるように仕向けていたのだった。

 

全てを聞いた俊郎は警察に通報しようとするが、自分の推測に過ぎないと止める武内。

さらに池本に騙された被害者だと、雪見を梶間家に戻してほしいと俊郎と尋恵に頼むのだった。

 

1人になった武内はビデオレターを撮影する。

まどかには母親が必要で、他に適当な代わりがいないから雪見には戻ってもらった、改めて私たちの家族に歓迎します!

そう話す武内の後ろのキッチンには血だらけのまな板に包丁。

その後、大きなスーツケースを引きずり外を歩く。

スクリーンショット-2016-04-23-18.14.48

 

翌朝、池本杏子は「夫がいなくなったんです!夫は武内に殺されたんです」と警察に通報する。

 

5話へつづく。

感想

★相当こわいですね、武内。スーツケースを持って振り返った最後のシーンなんてヤバすぎます。。。しかも池本を追い詰めるとこなんて、なんて頭がいいんだろうと思います。こんな人間が実際いたらと思うと怖いです。
(あけみ 35歳)

5話予想

★毎週誰かが殺されてるので、次に消されるのは酒井若菜さん演じるきょうこではないかと思います。
(あけみ 35歳)

第5話4月30日放送
そして、また一人消える…。

『失踪』
 武内(ユースケ・サンタマリア)の罪を暴こうとし、失敗した池本(佐藤隆太)が失踪した。彼の妻・杏子(酒井若菜)は、池本は武内に殺され、遺体が武内家の中にあると主張。深夜に武内が大きなスーツケースを運び入れるのを目撃していた勲(伊武雅刀)は、言葉を失う。一方、梶間家へと戻った雪見(優香)は、ギクシャクしながらも以前の生活を取り戻しつつあった。雪見と武内の微妙な距離感を気にしていた琴音(木南晴夏)は、これまで以上に武内との関係を深めていく。しかし雪見は、琴音の顔に痣のような跡があるのに気付く。

『判決の苦悩』
 武内にすっかり心酔している俊郎(大倉孝二)は、勲の裁判官時代の苦労話を彼に聞かせる。勲は武内の裁判よりも前に一度だけ死刑判決を言い渡したことがあり、その責任の重圧から胃潰瘍となり、休職したことがあったのだった。実は勲は、武内のことを信じたのではなく、単に誰かを死刑にするのが嫌だったのではないか…、俊郎の見立てに武内は笑顔で応えるが、その目に笑みは無かった。

『恐怖のネクタイ』
 「今日は記念日です」梶間家を訪れた武内は、そう言って姿勢を正す。その日は2年前、勲が無罪を言い渡した日だった。感謝の言葉を並べながら武内が取り出したのは、1本のネクタイ。これに勲は激しくうろたえる。かつて、武内が一家を殺害した動機とされたのが“彼の贈ったネクタイを相手が気に入らなかったから”だったのだ。自分が裁いた凄惨な事件と似た状況に追い込まれた勲。そこで彼は、意を決して武内の家に忍び込む。そして、例のスーツケースを開けようとするが…。

番組HPより引用

まとめ

次に消えるのは杏子か?それとも勲か?

楽しみのような・・・怖いような・・・((((;゚Д゚))))

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報