ディアスポリス2話のネタバレあらすじと感想のまとめ(ドラマ)

      2016/08/24

「ディアスポリス-異邦警察-」の第2話が放送されましたね!

映画化も決まっている作品なので、どう繋がっていくのかも含めて楽しみにしていきたいと思います!

というわけで、「ディアスポリス-異邦警察-」の3話予想と2話のあらすじネタバレと感想・視聴率をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

ディアスポリス異邦警察ロケ地は新宿?最終話までのネタバレあらすじにキャスト情報

ディアスポリス異邦警察の2話予想と1話のあらすじネタバレ・感想・視聴率まとめ

2話のあらすじ

整形した鈴木博隆(浜野謙太)は念願のジョニーデップに…はなれなかったが、出っ歯も治り成功。

クリニックで同じく整形した男と仲良くなる。

そして、腎臓強奪事件の犯人が出没したバーで鈴木に囮捜査させることに。

するとバーで偶然さっきの男と再会。

鈴木と男は話が盛り上がり、飲み直そうと誘い、バーから出る。

外の車で張っていた久保塚早紀(松田翔太)、アーさん(柳沢慎吾)、だが、男だった為と、ロドリゲスが犯人ではないかと思っていた為、取り逃がしてしまう。

そこへフーが

「さっきの男、どこかで見た…あ、腎臓取った女に似てる」

と言い出した。

そう、フーを誘った謎の美女の変装だったのだ。

そうとは知らずに鈴木は路地に入り、スタンガンで気絶してしまう。

街中を探す久保塚たちだが、鈴木は見つからない。

一方、気絶させられた鈴木は手脚を鎖で繋がれた状態で目をさます。

さっきの男は鈴木の腎臓わ取ろうとするが、危機一髪のところでなんとか居場所を突き止めた久保塚とアーさんが乗り込み犯人を捕まえることに成功する。

犯人は大津という外国人嫌いの団体に入っていた男で、女装癖と整形依存性。

腎臓を売った金で整形を繰り返していたのだった。

「私、みんなのおかげでこんなに綺麗になれたよ、ありがとう」

そう言った犯人は、舌を噛んだ。

感想

★鈴木のキャラが好きです。
大津が女装して手術しようもしてたのはびっくりした。
そしてやはりフーシージョンの華は不自然すぎて、コントかと思うw
しかし大津のことをこれだけの美女と言っていたが、全くと言っていいほど美女にはみえないのだが、私の気のせいか。
(かわ・46歳)

3話予想

3話はどうやら人身売買の話のようです。

#3「黒く長い腕」前編
群馬県の留学生・葉のアパートの押し入れに家族3人で暮らしているマウン一家。葉が人身売買のブローカーにソーミョー(マウンの娘)を売ろうとしていることを知り、マウン一家は必死にその場を逃げ出し、以前耳にした「裏都庁」の噂を信じて東京へ向かう。既に人身売買ブローカーに雇われた伝説の殺し屋・黒長臂(ハッチョンベイ)に追われているマウン一家は無事に久保塚(松田翔太)たちと出会う事ができるのか…。

まとめ

腎臓強奪事件のあとは人身売買の話・・・これは映像化が難しかったのは頷けるような気がしますね^^;

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報