99.9の9話・結末のネタバレあらすじと感想まとめ(ドラマ)

      2016/08/24

山城家お手伝いさんの信江勇さんも話題になった「99.9-刑事専門弁護士-」の最終話予想と9話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

99・9のロケ地は川崎?最終話までのネタバレあらすじ・視聴率にキャスト情報
片桐仁(明石)99.9深山の相棒の演技力は?髪型・服や嫁と子供についても
渡辺真起子の99.9戸川奈津子の演技力は?彼氏と結婚・性格についても
映美くらら(佐田の妻)99.9の演技力は?夫や子供・性格についても
99.9のアフロ坂東健太はレキシ池田貴史!離婚した妻や子供についても
馬場徹の99.9弁護士落合陽平がかっこいい!演技力や彼女・兄情報も
青木崇高が99.9丸川貴久(検事)で演技力は?彼女や結婚の噂や性格情報
岸井ゆきの(かなこ)の99.9での演技力や彼氏・結婚の噂は?両親の情報も
藤本隆宏(志賀誠)99.9の演技力や劇団四季入団退団理由と結婚について

9話のあらすじ

前回深山が誤認逮捕されて無実だと証明されたが、大友検事は部下に辞職し責任を取らせるよう指示するところから始まります。

今回の事件は、班目の旧知の息子からの依頼で急きょ佐田、深山、立花が現場に向かいます。

事件現場に到着すると椅子にもたれて死んでいる山城会長の姿がありました。

家族全員から事情を聴くと三男の嫁皐月がネクタイで首を絞めて殺したと自供しました。

深山は警察を呼ぶ前に事件現場の写真を撮ります。山城鉄道会長を皐月が殺した動機は6年前から会長は脳梗塞となり介護を1人で行ってきたが昼夜に及ぶ疲れで犯行に及んでしまったとの事。

会長はよく皐月に罵倒する言葉をはき、事件当日も出した食事が気に入らず1口食べてひっくり返してしまいました。

深山は凶器となったネクタイからワインの匂いがしたので皐月に食事の内容を聴きます。チキンソテー、サラダとパンと赤ワインでした。

しかし事件現場の絨毯と皐月の洋服にはワインの染みは見当たらず深山は気になります。

山城家族に事情聴取をすると全員が一致して、会長の声が聞こえ、朱色のネクタイを持って立ち尽くしていた皐月がいたと証言をし深山は不自然に思います。しかも事件当時の様子を家族全員で再現してもらうと誰一人会長の近くに駆け寄って声を掛けたり救急車を呼ぶ者はおらず、深山は皐月が誰かをかばっているのでないかと推測します。

佐田にも事件のことを伝えると深山と同じ意見で真犯人を突き止めようと一致団結することになります。

気になる点は、オレンジ色のネクタイを家族全員が朱色のネクタイと言っており証言も全く同じであること、死亡解剖から犯人は左利きで皐月も左利きであること、皐月は家族から除け者にされており三男の子供を妊娠していたが誰にも言っていなかったことです。

佐田が経団連に伝手があり事件当日参加していた長男功一の事について話を聞くことに成功します。そこである事実が分かります。家族全員を呼び出し犯人は皐月以外の左利き功一だと深山は謎解きを始めます。

経団連の会食は功一が急用だと言い、普段は会食終了後に撮る記念撮影を19時にとりその写真を突き出します。事件が起こったのは20時なので功一はその時間までに家に戻ることができました。

さらに写真の功一は朱色のネクタイをしており事件現場に深山たちが到着していた時とスーツとネクタイの色が異なっていました。彼の証言では急いで家に戻ったと言っていたがなぜ着替えたのか。それはワインの染みが洋服についてしまったので着替えたのではないかと深山が話します。

功一は事件の日、会長の部屋へ行き大きな事業が上手くいきそうな話をするが会長にあしらわれてしまいカッとなって自分のネクタイで会長の首を絞めて殺してしまったと自供しました。その時に皐月自ら山城家の為に自分が犯人となり自首すると言ったそうです。

それから家族の口裏を合わせる為、会長が普段から気に入っていた朱色のネクタイで殺したと統一することになります。

しかし、深山は何か腑に落ちないような様子です。皐月が無実で釈放され班目事務所に来たときに深山は言います。

山城会長の遺産を全て自分のものにするために最初から企んでいたことではなかったのか。食事の内容を聴いたときに赤ワインと答えたのも犯人が山城家の他の者だと深山たちに思わせるためにしたことだったのではないか。長男含め事件の口裏を合わせた家族全員に相続権をなくすため、今いるお腹の子供に全てにいくようにしたと。

証拠があるわけではなく法律上で彼女を罰することは難しく深山は事実を突き止めることまではできませんでした。

感想

★今回は国仲涼子さん演じる皐月の家族の物語。最後にはもう1つの事実があったとは最後の最後まで面白い展開でした。なんといっても佐田先生が初回と事件の事実を突き止めようとする気持ちが深山の影響を受けて変わっているのが分かります。初回では依頼人の意見を聞いていればいいという考えが、事実と反することがあれば真実を追求していく姿はまさに深山と良いコンビで頼りになる上司になっています。松本さんは局は違いますが昔金田一のドラマの主役をしており今回深山が金田一のセリフに似せて言うシーンがあって小ネタを挟んでくる感じファンとしてはたまらなく胸熱でした。
(30歳わいんえむしーえー)

最終話予想

★次回は最終回で連続殺人犯で逮捕された石川の弁護をすることになった深山。現場に毛根と血痕が残され逮捕されてしまいます。取り調べで犯行事実を認めて調書にサインしてしまいますが、検察からの毎日の取り調べによって意識が朦朧としてサインしてしまったと話します。一方、深山の父親の事件の担当検事は大友だと分かります。大友が父親の事件について免罪だったことを認めるのか。彼の犯したミスによって父親が犯人扱いされ病死してしまったことを深山はどう償わせるのか。最終回は20分拡大です。最後の事件と深山の父親の事件はどこか似ていると思います。石川が父親と同じような無実なのに罪を犯したことにならないために深山は真実を追い求めます。そして父親の事件の真相は大友が語ってくれるのか。それが公になれば大友の辞職、深山が望んでいたことなのかもしれません。
(30歳わいんえむしーえー)

 

深山 (松本潤) は、連続殺人事件の容疑者として逮捕された石川の弁護を担当することになる。
石川は、殺害現場に毛髪と血痕が残されていたことで逮捕され、取り調べで犯行事実を認めていた。

だが、検察の 丸川 (青木崇高) から毎日、深夜まで取り調べられ、意識が朦朧としている中で調書にサインをしてしまったと明かす。
そんな状況の中、深山は 佐田 (香川照之) や 彩乃 (榮倉奈々) らと捜査を始めるが、週刊誌のある記事を目にして、再び、皆の前から消えてしまい…。

深山と検察の最終決戦が今、始まる!
そして、ついに天敵・大友検事正 (奥田瑛二) と対峙する!
全ての謎が明らかになる !!
番組HPより引用

まとめ

全ての謎が明らかになるとのことで、最終話がたのしみですね^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報