ゆとりですがなにか6話ネタバレあらすじと感想まとめ(ドラマ)

      2016/08/24

ゆとりと道上まりぶの関係はどうなるのか?

では「ゆとりですがなにか」の話予想と話のあらすじネタバレと感想のまとめです!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

ゆとりですがなにかロケ地は高円寺!原作あらすじに視聴率やキャストも
1話 視聴率9.4%
ゆとりですがなにかの2話予想と1話のあらすじネタバレ・感想まとめ
2話 視聴率8.9%
ゆとりですがなにかの3話予想と2話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)
3話 視聴率7.1%
ゆとりですがなにかの4話予想と3話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)
4話 視聴率7.9%
ゆとりですがなにかの5話予想と4話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)
5話 視聴率8.4%
ゆとりですがなにかの6話予想と5話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)

キャストの関連記事はこちら
加藤諒のゆとりですがなにかやとと姉ちゃんの演技力は?頭は地毛?

6話のあらすじ

坂間がゆとりとの関係を問いただすと、道上は素直に認めます。

道上は妻とは正式に結婚しているわけではないし、浮気癖は父親からの遺伝だと言います。

坂間は、自分がだらしないことを親のせいにする道上のことを、「いい年して親離れできていない」と断言します。

坂間は道上にゆとりとは別れ、二度と会わないように言います。

しかし、ゆとりの就活に悪影響を及ぼさないように、メールなどで励ますよう配慮を頼むのでした。

坂間が本社に出社すると、山岸から野上の会社との契約を打ち切られそうになっていることを聞きます。

野上の元を訪れると「長年の付き合いだという奢りがある、味と値段で勝負してから情に訴えろ」と一喝されます。

山岸と坂間は、それは建前であり、実際は接待に差があったと分析します。

事実、野上は業界大手の会社から派手な接待を受けていました。

そこで坂間が道上のパブで接待をすることを提案し、山岸が契約延長をとりつけます。

一方の道上は、坂間との約束を守らず、ゆとりとの関係を続けていました。

坂間の心配とは裏腹に、ゆとりは道上と会い、彼の持論を面接に用いることで内定を得ることができます。

山路のもとには、学習障害を抱える生徒に合わせた授業をするから、子どもの成績が下がったという苦情があります。

個別授業に切り替えるにあたり、山路は生徒たちに「ゆとり教育」を題材にしながら説明します。

山路は、「ゆとり教育」とは興味があることを自主的に学ぶという考え方のもとに開始したが、社会問題になると同時に社会から非難されるようになったと話します。

一方で、ゆとり世代にも個性を尊重するという長所があり、今回は個別指導をすることになったけれども、いつか学習障害の生徒も平等に扱われるようになることが本当の「ゆとり教育」だと話します。

この話に感動した生徒の母親は、山路のことを良い先生と思うようになるのでした。

複数の女性から好意を寄せられるようになった山路ですが、女性と体の関係を持つことは、一人の女性を選ぶことであり、誰も選ばなければ自分も傷つかないと考えます。

宮下の傷心旅行に同行した山路はこの考えを話すと、「誰も傷つけないやつは、誰も幸せにできない」と言われます。

山路は、それは自分のことではなく、坂間のことではないかと指摘します。

すると宮下は、坂間と別れたくはなかった、誰も傷つけない今のままの坂間が好きだ、仕事を辞めて坂間と一緒にいたいと本音をもらします。

山路から宮下の本音を聞いた坂間は、「今の話を聞いたらなおさら寄りを戻したいと言えない」と泣くのでした。

翌日、坂間が本社に出勤すると、野上の工場で食中毒が発生したことを聞かされます。

対応に行こうとしたとき、宮下から突然父親を紹介され、驚くのでした。

感想

★山ちゃんの「ゆとり教育論」に思わず涙が出てしまいました。ゆとり世代の悪い面ばかり強調される世の中ですが、ゆとり世代の良い面をもっとみて、それを伸ばしていくことも大切だと感じました。山ちゃんみたいな先生が学校にいたらいいのに…と思いました。茜ちゃんの本音も聞けてよかったです。今までは仕事に情熱を注ぐ優秀な女性として描かれていましたが、ちゃんと坂間のことも見ていて、彼のことが本当に好きなんだなと感じ、じーんときました。
(ゆとりっこ・25歳)

7話予想

★どのように謝罪し、解決するのかがひとつの見所だと思います。ゆとり世代だってやればできるというのを見せてほしいです。別れたはずの坂間と宮下ですが、宮下の父親が坂間家に乗り込むようですね。結納を交わそうと先走るようです。宮下の「坂間と結婚したい」という本音も明かされたので、父親の先走りをきっかけに復縁の方向に話が進むと予想します。
(ゆとりっこ・25歳)

食品会社につとめる坂間正和(岡田将生)の営業時代の得意先で、今は後輩・山岸(太賀)が引き継いでいる仕入れ弁当屋で食中毒事件が発生。正和は、<伝説の営業マン>の本領を発揮する上司・早川(手塚とおる)の指揮のもと問題の矢面に立ち、会社を救おうと奔走する。

その頃、道上まりぶ(柳楽優弥)は、正和の妹・ゆとり(島崎遥香)と別れることを約束したものの、別れられないでいた。一方、山路一豊(松坂桃李)は週末に控えた<父の日参観>について、クラスの児童・大悟の母でシングルマザーの奈々江から相談を受ける。その日、自分の息子が学習障害という現実を受け入れられぬままの元夫・原島も来ることになるという。

大悟を受け入れ、一緒に学ぼうとする児童たちの姿を見てほしいと、緊張しながら授業に臨む山路。そんな中、別れた元カノ・宮下茜(安藤サクラ)のコワモテの父・重蔵(辻萬長)が佐賀から上京。別れたことをそれぞれ家族に報告できぬままの正和と茜だったが、何も知らない重蔵が結納を交わそうと坂間家に乗り込んで……。

番組HPより引用

まとめ

山路の話に感動し、宮下の話には納得出来る6話でしたね!

7話もお楽しみに^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報