ゆとりですがなにか9話と結末のネタバレあらすじと感想のまとめ

      2016/08/24

逮捕されてしまったまりぶはどうなるのでしょうか?

というわけで、「ゆとりですがなにか」最終話予想と9話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

吉岡理帆(ゼクシィ)がゆとりですがなにかの佐倉悦子!髪型・服や彼氏は?
加藤諒のゆとりですがなにかやとと姉ちゃんの演技力は?頭は地毛?

9話のあらすじ

道上が逮捕されたことを知った坂間と山路は、麻生を交えて話し合いをすることになりました。

道上は書類上はまだバーの経営者であり、複数の罪に問われる可能性が浮上します。道上の弁護人として麻生が呼んできたのが、道上の異母兄である政伸でした。

政伸は麻生のことも道上のことも快く思っていません。その理由は、政伸と道上が子どもの頃から歪んだ比較の中で育てられていたからでした。

政伸は道上のところへ面会に来ます。しかし道上は「あんたの世話にだけはなりたくない」といい、二人は殴りあいの喧嘩になります。

面会から戻った政伸は、坂間と山路に道上はまともではないといいます。しかし坂間は、「道上はであったときから正論しか言わない。社会がまともじゃないから道上が変人扱いされる」と反論するのでした。

坂間と宮下は坂間家に引越しをし、一緒に暮らし始めます。

一方の山路の携帯には、佐倉が同僚教師・円山と歩いている写真が送られてきました。

真相を探ろうとした山路は仕事終わりの佐倉と二人きりになります。そこで佐倉は教師になろうと思っていることを告白するのでした。

留置所生活をしている道上のところに、ゆとりから近況を知らせる手紙が届きます。

そこには、坂間と宮下が10月に結婚式を挙げること、自分がなぜ「ゆとり」という名前になったのかが書かれていました。

ゆとりの名前をつけたのは坂間であったことが発覚します。そのエピソードの最後には、「子どもは親を選べないから親や名づけてくれた親族を信じていくしかない。今度は、自分たちが子どもを産んで名前をつける番だ」と書かれており、それを見た道上はゆとりが自分よりも先に大人になったことを実感するのでした。

道上は母親が保釈金を払ったことにより保釈されます。

そして麻生と政伸とともに妻を捜すために入国管理局に行きます。すると、道上の子どもを出産した妻は、在留資格を与えられることが発覚します。

道上は「制度」を知らないことによって不利益をこうむる社会的仕組みに憤りを覚えます。麻生はそんな道上に「自業自得だ」と言いかけて言葉に詰まってしまいます。

それは麻生が、自分は親としてこの言葉を言う資格がないと感じたからでした。しかし道上は、「自分にその言葉を言えるのはお前だけだ!親なら親らしくしろ!」と言うのでした。

帰りがけ、三人で「鳥の民」を訪れると、坂間と宮下のお別れ会が開かれていました。

山岸は坂間が仕事を辞めることに納得できていません。すると坂間は「自分を磨く努力をしろ」と、自分が入社当時宮下に言われた言葉をそのまま贈るのでした。

三ヵ月後、山路が性教育を担当する日取りが決まります。それはなんと、坂間と宮下の結婚式の前日だったのです。

結婚式を目前に控えた宮下は、家族経営の酒蔵でエリアマネージャーのように振舞ってしまうことにもどかしさを感じたり、結婚する実感を持てずにいたりしました。

宮下は、今まで仕事一筋で、仕事以外で満たされたと感じたことがないことを坂間に話します。すると坂間は、「幸せになることが君の仕事だと思えばいい」というのでした。

そんな優しい坂間に対し、宮下は突然「ごめんね」と謝るのでした。

感想

★道上と麻生が本音でぶつかりあうシーンが印象的でした。「叱ってくれることも愛情だ」ということはたびたび描かれていましたが、それは親子の間でも言えることだったのだと改めて実感しました。怒ったり、泣いたり、わだかまりがなくなった後のすがすがしい表情だったり、柳楽さんの豊かな演技にも魅せられました。
(あかぎ・25歳)

10話予想

★いよいよ結婚式だというのに、早川と関係を持ったことを宮下から告白された坂間がどのような態度にでるのかが見所だと思います。結婚式直前に逃げてしまうようですが、最終的には宮下を受け入れてあげると予想します。山路の性教育が成功するのか、道上は妻子を見つけ出し無事に再出発できるのか。ゆとり世代三人の行方をしっかりと見守りたいと思います。
(あかぎ・25歳)

 

正和(岡田将生)と茜(安藤サクラ)の結婚式が近付いた。そんな中、茜は正和に、結婚生活への不安を口にする。茜の態度に不審を抱いた正和は彼女に、早川(手塚とおる)との関係を尋ねる。茜は、早川と一夜を共にしたことを告白。正和は、激しく動揺する。

その頃、山路(松坂桃李)は、児童たちへの性教育の授業を間近に控えていた。どんな授業をすればいいのかと悩む山路は、気付くと奈々江(石橋けい)にラブホテルへ連れ込まれていた。

一方、恐喝未遂で逮捕されたまりぶ(柳楽優弥)は執行猶予となり、再び植木職人の見習いとして働き始めた。彼は、正和から結婚式の招待状が届いたものの、欠席するつもりだった。そして、結婚式当日。正和と茜は、神社へ向かう。その途中で突如、正和が逃げ出してしまう…。

番組HPより引用

まとめ

ゆとり世代の3人の運命はいかに?!

最終話もお楽しみに(´▽`*)

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報