ラヴソングの6話ネタバレあらすじと感想のまとめ(月9ドラマ)

      2016/08/25

月9ドラマ『ラヴソング』5話の視聴率は8.4%でしたが6話で少し上がるといいですね(>_<) 夏希の気持ちも入り、いよいよ三角関係に? では「ラヴソング」の7話予想と6話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

ラヴソングのロケ地は埼玉?駿河太郎・渋川清彦・夏帆も4月の月9ドラマに出演!
藤原さくらの髪型が可愛い!コネでヒロインに?父や熱愛彼氏との結婚について
水野美紀(ピアノ)の演技力!干されてた理由は?熱愛彼氏や結婚の噂も
駿河太郎のラヴソングの演技力!妻や子供は?髪型や服・性格についても
渋川清彦(ドラム)のラヴソングの演技力は?結婚相手の妻や子供情報も
りょう(水原亜矢)のラヴソングでの演技力!干されてた?旦那や子供情報も
阪本奨悟(新人整備士)ラヴソング高橋正志の演技力や歌唱力は?彼女情報も
新山詩織(ギター)ラヴソング・元カノ春乃の演技力や歌唱力は?髪型についても
大谷亮平(弦巻竜介)がラヴソングのプロデューサーでかっこいい!彼女や結婚は?
月9ドラマ『ラヴソング』福山雅治が北川景子・沢尻エリカを指名?

6話のあらすじ

健太と真美は、さくらと空一を仲直りさせようとしていました。

しかしそんな2人の心配をよそに、2人はすでに仲直り済み。

真美は、空一がさくらを想う気持ちを知っています。

そしてさくらが広平を想う気持ちにも気付いています。

それはまさに恋の一方通行でした…。

広平は曲の打ち合わせをしようとさくらをカフェに呼び出します。

そこでさくらは、広平が一人の女性と話しているのを見て、関係を聞き出そうとしますが、上手くかわされてしまいます。

広平は、さくらに作詩をしないかと持ち掛けます。

広平は作曲に、さくらは作詞に…それぞれ行き詰まりながらも没頭します。

ライブハウス『S』を訪れた広平は、都合の悪い話をはぐらかし続けます。

そんな広平に和夫は「春乃がいないと曲作れないんだろ」と言い放ちます。

無言で帰った広平のもとに、さくらから出来上がった歌詞が添付されたメールが届きます。

その歌詞を見た広平に、少しずつ新たな曲のアイディアが浮かびました。

広平が作曲したメロディーをもとに、少し言葉を変えることにしたさくらですが、良い言葉が浮かびません。

明日までに詩を完成させないといけないのに、煮詰まってしまったさくらは、広平を散歩に誘いました。

その途中、大きな音にびっくりしたさくらは、思わず広平に抱きつきます。

散歩から戻ったさくらは、詩が思い浮かばず悩んでいたのが嘘のように、筆が進みます。

一方、夏希と弦巻はSで一緒に飲み始めました。2人は20代の頃付き合っていたのです。

弦巻は夏希にキスを迫りますが、夏希は慌ててはぐらかします。

また、さくらと連絡がつながらず、不機嫌になる空一に、涼子から誘いの連絡が入ります。

さくらがずっと広平といることに不満を持つ空一は、涼子と会い、体の関係を持ってしまいます。

涼子は子どもがいましたが、離婚した旦那が連れて出てしまい、一人になっていたのです。

次の日、さくらは広平とレコーディングを始めます。

無事、レコーディングを終えた広平は疲れて寝てしまいます。

さくらはそっと広平に寄り添って寝ました。

熟睡中のさくらをよそに、夏希や弦巻が広平の家を訪れますが、さくらが寝ているところを見た、夏希は動揺してしまいます。

さくらのデモCDを聴いた夏希は急いで自宅に戻り、春乃が歌うCDを再生します。

それは広平が作曲した曲で、今回さくらが歌った曲でもありました。

感想

★まさに恋の一方通行で、どこも応援したく、とても複雑でした。最後に広平が作った曲が、以前春乃と作った曲でもあったことを知り、ゾクッとしました。広平と春乃の過去と、さくらとの現在の両方を知る夏希からすると、デモテープを聴いた時の衝撃は大きかっただろうなと同情しました。
(haru 25歳)

7話予想

★春乃が夏希と姉妹だったことから、夏希は春乃のためにあの曲を守るのではないかと思います。さくらに嫉妬心を抱き、デビューを食い止めようとするのではとも思います。
(haru 25歳)

神代広平(福山雅治)が佐野さくら(藤原さくら)に作った曲。それは、宍戸夏希(水野美紀)の亡き姉に、かつて神代が用意した曲をアレンジしたものだった。それに気づいた夏希にわだかまりが生まれる。
さくらのレコーディングは順調に進み、『S』で新曲のお披露目会が開かれた。弦巻竜介(大谷亮平)は20年近く音楽から離れていたのに良い曲が作れたと、神代は天才だとたたえる。さくらも同意するのだが、夏希は複雑な心境。すると、弦巻は自社のトップアーティストが神代の曲に興味を持っていると伝えた。

傍で、天野空一(菅田将暉)は笹裕司(宇崎竜童)にギターを教えて欲しいとねだる。快く承知する笹は、さくらのデビューに一役買った褒美と、空一にウイスキーのボトルを店のキープ用に一本プレゼントした。

さくらは、中村真美(夏帆)と話していた。真美の婚約者、野村健太(駿河太郎)は仕事の都合で現れていない。すると、真美の携帯に野村からの電話が着信。真美が野村と揉め始めたので、トイレに向かったさくらは増村泰造(田中哲司)とすれ違う。その時、増村はさくらに声の不調を尋ねる。頷くさくらに、耳鼻咽喉科医の増村は病院へ診察に来るよう促した。
アパートに帰ると、真美はさくらの詞は神代への気持ちを綴ったものだろうと話す。否定はしないさくらだが、神代に思いは伝わっていないと答えた。すると真美は、神代へ積極的にアプローチするようアドバイスするが…。

番組HPより引用

まとめ

指原莉乃さんが出演ということで騒がれていますが、何役で出演するんでしょうか?

まさかトップアーティスト?

次回もお楽しみに!!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,