ラヴソングの9話ネタバレあらすじと感想のまとめ(月9ドラマ)

      2016/08/25

さくらの声はどうなってしまうのでしょうか?

というわけで今週も、「ラヴソング」の話予想と話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

ラヴソングのロケ地は埼玉?駿河太郎・渋川清彦・夏帆も4月の月9ドラマに出演!
藤原さくらの髪型が可愛い!コネでヒロインに?父や熱愛彼氏との結婚について
水野美紀(ピアノ)の演技力!干されてた理由は?熱愛彼氏や結婚の噂も
駿河太郎のラヴソングの演技力!妻や子供は?髪型や服・性格についても
渋川清彦(ドラム)のラヴソングの演技力は?結婚相手の妻や子供情報も
りょう(水原亜矢)のラヴソングでの演技力!干されてた?旦那や子供情報も
阪本奨悟(新人整備士)ラヴソング高橋正志の演技力や歌唱力は?彼女情報も
新山詩織(ギター)ラヴソング・元カノ春乃の演技力や歌唱力は?髪型についても
大谷亮平(弦巻竜介)がラヴソングのプロデューサーでかっこいい!彼女や結婚は?
月9ドラマ『ラヴソング』福山雅治が北川景子・沢尻エリカを指名?

9話のあらすじ

シェリルは広平に「売れる曲を作って」と注文します。

その要求を呑む代わりに、広平はさくらの歌声をインスタグラムにアップしてほしいと伝えます。

打ち合わせが終わり、Sに駆けつけた広平でしたが、そこにはもうさくらの姿はありません。

泰造は広平に、さくらの声が残る可能性が低いと伝えます。そこへさくらと空一が忘れ物を取りに戻ってきました。

空一はライブに来なかった広平に冷たい言葉をかけますが、さくらは広平が来てくれたことに喜びます。

次の日、広平はさくらに忘れ物を届けました。そこでさくらは広平に曲の作り方を質問します。

さくらは手術が終わったら、真美の結婚式でオリジナルソングを作りたいと考えていたのです。

広平は曖昧な返事しかできません。さくらは泰造に声が残る確率は10%以下だと伝えられます。

帰ったさくらは空一に、手術前に真美へのビデオメッセージを残す手伝いをしてほしいと頼みますが、空一は断ります。

しかし声が残る確率が10%だと知った空一の目に涙が溢れました。広平はシェリルのもとを訪れ「曲は作れない」と伝えます。広平はこの1ヶ月をさくらのために使いたいと思ったのです。

シェリルは「じゃあレコメンドもできない」と言って去っていきました。

一方空一は、さくらに手術までの1ヶ月でやりたいことを書き出すよう紙を渡します。

さくらはシャーペンを走らせますが、1項目だけ消してしまいます。

何とかしてさくらの消した部分を見ることができた空一は驚きます。そこには『もう一度歌を作りたい』と書いていたのです。

そんなさくらと空一のもとを広平が訪れます。広平はさくらに話をしたかったものの、空一は拒否します。

そこで広平はシェリルとの契約を解除したこと、さくらと音楽がしたいことを話します。

しかし空一はさくらにその話をしません。

さくらは手術のため仕事を休ませてほしいと工場長に伝えます。

さくらの手術の話は、工場長から真美の夫・健太へ、そして真美へと伝わりました。

驚いた真美は、慌てて空一のもとを訪れ、知らされていなかったことに怒ります。

しかし空一は、真美の幸せを邪魔したくないというさくらの気持ちを考えるよう言い返します。

一方、さくらが空一から何も聞かされていないことに気づいた広平は、さくらにシェリルとの契約解除の旨を伝えます。

後日、さくらの願いである、ジェットコースターとお笑いライブを叶えるため、空一とさくらは遊園地へ行きました。

楽しそうなさくらの横顔を空一は嬉しそうに見つめます。

そしてもう1つの願いである路上ライブ当日、空一はチラシを配ったり勧誘したりと大忙し。しかし警官に注意された2人は逃げるように去っていきます。

その帰りに偶然入った飲食店のラジオで、さくらの「好きよ好きよ好きよ」が流れ、2人は唖然とします。

シェリルがインスタグラムにレコメンドしてくれたのです。

店を飛び出した空一は、大急ぎで広平の自宅を訪れ、さくらのやりたいことを書いたメモ帳を見せます。そして空一は最後の望み『もう一度音楽を作りたい』を叶えて欲しいと頭を下げます。

さくらが店で待っていると、そこに現れたのは広平でした。

そして「もう一度歌を作らないか」と言い、さくらは「やりたい」と即答します。そして2人の新曲「Soup」が完成しました。

喜んで帰るさくらを激怒した真美が待ち構えています。

しかし真美は、結婚式の日程が5日後に変更された招待状を渡しました。真美の優しさに、さくらの目に涙が浮かびます。

感想

★空一の優しさが光った回でした。やりたいことを叶えてあげたり、広平にさくらの夢を叶えるよう頭を下げたり…さくらのことを本当に大切に思っているんだと感動しました。また、さくらのためにシェリルとの契約を解除した広平、SNSにさくらの曲をレコメンドしたシェリルなど、さくらを皆が優しく包んでいるようで、温かい気持ちになりました。
(haru 25)

最終話予想

★真美のスピーチをすることになったさくらは、緊張しながらも広平の力を借りて、無事やり遂げると思います。そして手術を迎えることになったさくらは、不安でいっぱいになり、どんどんマイナス思考になっていきます。そんなさくらを皆は励ますと思います。しかし、なかなか難しい手術だということで、成功しないのではと思います。
(haru 25)

神代広平(福山雅治)に、佐野さくら(藤原さくら)が言いたかったこと…。
さくらの手術を知った中村真美(夏帆)は野村健太(駿河太郎)との結婚式を前倒し。披露宴で、さくらに頼んでいたスピーチをしてもらうためだ。万が一、手術でさくらが声を失ってしまったら、その願いは叶わなくなる。そのスピーチ前に、さくらは神代に今まで言えなかったことを伝えようとした。しかし、天野空一(菅田将暉)がスピーチの時間だと迎えに来てしまう。

手術が翌日と迫った時、神代は増村泰造(田中哲司)から相談される。さくらが手術の同意書へのサインを拒絶しているのだ。神代は、さくらの病室へ。さくらはまだサインしておらず、真美や空一、神代の言葉にも反応しない状態だ。神代は、みんなにさくらと2人きりにして欲しいと頼む。出て行きかけた空一は、神代を廊下に呼んで、さくらの心が落ち着くまで手術を延期できないかと問う。だが、神代は延ばせば延ばすほど、さくらが声を失ってしまう可能性が高くなると指摘した。

病室に戻った神代は、さくらが持って来ていたギターを奏で始める。初めて、さくらの歌を聴いた時の曲だ。ギターとともに歌う神代。すると、さくらに表情が戻って来る。ついには、もう一度歌いたいと泣きじゃくるさくら。神代は、歌うためにも手術をしようとさくらに伝えた。
さくらは手術を受けることに。果たして、さくらの声は…。再び神代と歌うことが出来るのだろうか?

番組HPより引用

まとめ

次回はいよいよ最終話。お楽しみに^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,