僕のヤバイ妻2話ネタバレあらすじと感想まとめ(ドラマ・ヤバ妻)

      2016/08/24

ヤバ妻こと「僕のヤバイ妻」2話視聴率は7.7%と落ちてしまいました^^;

では、「僕のヤバイ妻」の3話予想と2話のあらすじネタバレと感想をどうぞ!

スポンサードリンク

事前情報や関連記事はこちら

僕のヤバイ妻ロケ地は東銀座!最終話までのネタバレあらすじ・視聴率・キャスト情報

浅香航大の髪型がかっこいい!ヤバ妻の刑事・矢吹の演技力に彼女は?

小園凌央の服・髪型に彼女は?演技力が評判のヤバ妻カフェ店員役について

2話のあらすじ

妻の望月 真理亜(木村佳乃)が自分を愛していてくれていた頃の夫・望月 幸平(伊藤英明)の心を取り戻すために、自作自演の誘拐事件を起こしていた。

発見された真理亜は体に傷を負っていた。

その傷は真理亜の言うことなら何でもきくという協力者の後輩・緒方 彰吾(眞島秀和)に頼んでつけてもらったもので、駐車場でワインに毒を入れた目撃情報なども全てこの緒方が監視し、真理亜に伝えていたからこその成功だった。

入院中の真理亜に優しく接する幸平に真理亜は内心喜んでいた。

病室に相馬 誠一郎(佐藤隆太)と矢吹 豊(浅香航大)が現れ、なんと押収されたワインからアドキシンが発見されなかったといい、悔しがる相馬。

合わせて、真理亜が誘拐された時刻に愛人の北里 杏南(相武紗季)と一緒にいたことで幸平のアリバイが成立する。

しかし幸平は、たしかにボトルに毒を入れたのに・・・と疑問を抱く。

一方、事情聴取中だった杏南(相武紗季)は、証拠不十分で返される。

そして、家に帰った幸平の元に、誘拐犯は誰なのか予想がついている横路 正道(宮迫博之(雨上がり決死隊))が幸平を訪ねてくるのだった。

そして、真理亜が退院する。

自宅には飾りつけをし、夕飯まで作った幸平は優しく真理亜を向かい入れる。

夕飯の支度をすると幸平が寝室を出たすきにコンセントに仕掛けてあった盗聴器を回収しようとする真理亜。

しかし、その全てを幸平に見られていた

横路に『警察の動きがわかっていたのは盗聴器が仕掛けられていたんじゃないか』というアドバイスを元に盗聴器の場所を探し当てたが、回収しに来るだろうと泳がせていたのである。

「やっぱりお前だったんだな」

全てが幸平にバレてしまった真理亜は開き直り本性を現す。

「アドキシンが入ったボトルは私が持ってるわ。警察に渡したらあなた終わりね」

と笑う真理亜。

しかも、なんと協力者の緒方までも証拠隠滅の為に殺害するという徹底ぶりに幸平は恐怖を感じる。

新たな出発として乾杯をし、恐怖に怯える幸平と不気味に笑う真理亜だった。

感想

★自作自演だったことがバレてしまってどうなるかと思いましたが、開き直って新たな出発に乾杯をする妻に驚きました。
しかも協力者まで殺害する徹底ぶりに夫は恐怖心でいっぱいなのに、これからまだ夫婦生活を続けようと思っているのか、それともまだなにか企んでいるのか気になるところです。
(はるひ・46歳)

3話予想

★2億円を奪って不倫相手と逃げようという予告でしたが、頭の良い妻だからそんな簡単には出来ないと思うし、想像もしない仕掛けが待っているような気がします。
(はるひ・46歳)

まとめ

視聴率は落ちてしまったものの、なかなか面白いと思うんですが、怖すぎるのでしょうか?

次週に期待!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報