僕のヤバイ妻4話ネタバレあらすじと感想まとめ(ドラマ・ヤバ妻)

      2016/08/24

毎週ハラハラするヤバ妻こと「僕のヤバイ妻」。

口コミで話題となり4話の視聴率は8.4%と上昇中!!

では「僕のヤバイ妻」の5話予想と4話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報や関連記事はこちら

僕のヤバイ妻ロケ地は東銀座!最終話までのネタバレあらすじ・視聴率・キャスト情報

浅香航大の髪型がかっこいい!ヤバ妻の刑事・矢吹の演技力に彼女は?

小園凌央の服・髪型に彼女は?演技力が評判のヤバ妻カフェ店員役について

4話のあらすじ

転落現場の近くで警察にみつかってしまい、追われて北里 杏南(相武紗季)の家に逃げ込む望月 幸平(伊藤英明)。

しかし警察が杏南の元にもやって来て捕まる前に逃げる。

やっとのことで車に乗り込んだところで望月 真理亜(木村佳乃)が無邪気に登場。

警察に捕まる幸平に「16時まで待てば無罪になるから」と告げる真理亜。

実際、弁護士を連れて警察を訪れる真理亜は「前日に緒方 彰吾(眞島秀和)が幸平を襲ったが、自分は自首することを勧めて1日待つと約束した。翌日様子を見に行こうとしたが、緒方は危険だからと幸平がひとりでレンタルルームに行った。黙秘していたのも全ては犯人を隠匿した自分をかばうためだった」と証言。

そこに時間指定で16時に「2億円は捨てて自殺する」と書かれた緒方からの自白の手紙が警察に届き、幸平は無罪になる。

事件が解決して夫婦も円満になったかのように見えた次の日、幸平は一粒の熟成コーヒー豆が店に落ちていたことから、真理亜が2億円をコーヒー豆の袋に隠したことを暴く。

そこへ真理亜が「緒方から連絡先を知らせる手紙が来ていた、知らない第三者が緒方を殺したようだ」と告げる。

「2億円を手に入れた」と杏南に電話中にスタンガンで襲われる幸平、金を奪いに来たのは義弟の横路 正道(宮迫博之(雨上がり決死隊))だった。

感想

★今回は誘拐事件から2億円の奪い合いに発展するまでの繋ぎの回といった感じでした。
真理亜が機転を利かせて幸平を釈放させるシーンは達成感があり、トリックも面白かったです。夫婦円満のシーンはどちらかか、またはお互い何か嘘をついているんじゃないか、と思いながら観るとゾクゾクします。真理亜に助けてもらってからの幸平の気の抜けたような顔と、2億円をみつけた時の顔の表情の違いが大きくて釘付けになった所で、スタンガンが炸裂!次回に続く、と期待が煽られました。
(ちほ 30歳)

5話予想

★次回は幸平がつぶやいた「俺は一番敵に回してはいけないヤツを敵にしてしまったんじゃないか」を横路が身を持って知ることになりそうです。2億円を取り戻すためには、自分になついている姪っ子の楓すら利用して反撃に出る、真理亜の本領発揮で、横路からも幸平からも現金を鮮やかに取り戻すと予想します。
また鯨井和樹の謎の行動や夫妻の秘密も少しずつ明らかになっていくのでは?
(ちほ 30歳)

2億円を奪おうとした幸平(伊藤英明)が横路(宮迫博之)に襲われた。やって来た真理亜(木村佳乃)に、「焙煎しようとしたら誰かに襲われた」とうそをつく幸平。
2億円を盗まれたことに気付いた真理亜は、「大丈夫、私がかたきをとってあげる」と幸平を優しく介抱する。

実は横路と争い金の半分を手に入れていた幸平は、自分も金を盗んだと真理亜に知られる前に、杏南(相武紗季)と海外へ逃げようと思いつく。

その頃、相馬(佐藤隆太)は防犯カメラの映像の中に、緒方(眞島秀和)が転落死した日の朝、ビルから逃げる女の姿を発見。それが杏南ではないかと考える。
一方、幸平の店では、夫婦で食事にきた和樹(高橋一生)が、なぜか杏南あてにこっそり手紙を残し……。

金を持ち去ってから数時間後、横路の事務所に真理亜がやって来る。「2億円返してください。」と単刀直入に告げる真理亜に対し、シラを切る横路。

するとしばらくして、横路の携帯電話に娘の楓(木内心結)から一通のメールが届く。しかしそれは、楓を誘拐したことを知らせる“N31”からのメッセージだった。
そこには椅子に縛られグッタリした楓の写真が!
そしてさらにもう一枚、衝撃的な写真も送られてくる。

2億円を返さなければ楓の命が危ない――慌てた横路は、幸平に電話。杏南と海外逃亡に向かっていた幸平は……?

番組HPより引用

まとめ

新たな謎がたくさん出てきて続きが気になりますね(>_<) 5話もお楽しみに!!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報