警視庁捜査一課9係season11の5話予想と4話のあらすじネタバレ・感想は?

   

安定の「警視庁捜査一課9係season11」。

今回は元AKB48の篠田麻里子さんが出演ということで話題になっていましたね!

視聴率は12.0%

では今回も「警視庁捜査一課9係season11」の5話予想と4話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

5話のあらすじ

ベンチャー企業の社長・高見沢誠が、何者かに銃で撃たれ殺害された。

第一発見者は高見沢の妻、美咲。

事件発生直前まで彼と食事をしていたといい、逃げ去っていく不振な男の姿を目撃したと証言するが、犯人に心当たりはないと話した。

夫を亡くした美咲は歩く事も出来ないほど憔悴しきっていた。

まず容疑者として浮上したのは土橋。

土橋という男は10年前に父親を自殺で亡くしている。

自殺に至った理由はは振り込め詐欺に遭ったことであった。

時効が成立し開き直る高見沢に、土橋は怒りをあらわにするが、事件への関与は否定。

そんな中、高見沢の友人・西田が高見沢の過去について気になる証言をする。

高見沢の過去を洗う9係。

キリヤマという男の関与を疑う。

キリヤマはスナックの共同経営者であり、高見沢の詐欺の共犯だった。

海外投資に失敗し多額の借金を作ったキリヤマは、高見沢に借金をしようとしていたのだ。

キリヤマをおう9係の前に、またしても新たな殺人事件。

高見沢の友人・西田が心臓を撃たれた状態で発見された。

遺留品の『キリヤマ』名義のクレジットカードにより、西田=キリヤマであることが判明。

キリヤマが高見沢を殺害したのか?

そうであればキリヤマを殺害したのは誰なのか?

倫太郎は事件関係者の家宅捜索を行い、使用された拳銃を必ず見つけ出してみせると土橋に告げた。

その晩、海に拳銃を捨てようとする人物が現われた。

その人物は高見沢の妻・美咲だった。土橋から家宅捜索の話を聞いた美咲は、凶器を処分しようと試みた。

真相はこうだった。

土橋から詐欺の話を聞いた美咲。

高見沢を問い詰めると、暴力を振るわれた。

長い事DVを受けていた美咲。

西田が放った一発目の銃声を聞き、美咲は高見沢のもとに駆け付けた。

足を撃たれて苦しむ夫と拳銃を見つけた美咲は、拳銃を拾い二発目を高見沢に向けて放った。

その後、高見沢を殺害した犯人が美咲であることに気付いた西田に脅され、もみ合いになるうちに誤って引き金を引いてしまい、西田は死亡。

美咲が高見沢を撃つ瞬間を目撃していた土橋は、暴力を受けた美咲に同情し、彼女を助けたい一心で家宅捜索の件を伝えた。

連行される中、美咲は優しかった高見沢との幸せだった過去を思い出していた。

その思い出は、美咲の涙とともに消えていった。

感想

★幸せだった過去もあった高見沢と美咲。もっとなにか別の方法があったんじゃないかと思うほど悲しい事件でしたね(>_<)

話予想

★若い女性に人気のヨガスタジオで、発見された花形インストラクター・マヤの、奇妙な恰好をした遺体。自信が開発した「Aのポーズ」をとっての自殺かと思われたが、ベテラン鑑識課員・猪狩が他殺の可能性を指摘。親友蘭子の開発したポーズを盗んだものと言われる「Aのポーズ」。多額の借金を抱える婚約者であり、共同経営者でもある藤堂。一つ足りないメダル。マヤの遺体に『あるはずのない跡』一体事件の真相とは何なのか・・・

まとめ

5話は伊東四朗さん、白羽ゆりさん、佐藤康恵さんがゲスト出演します!

次週もお楽しみに^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報