ディアスポリス4話のネタバレあらすじと感想のまとめ(ドラマ)

      2016/08/24

マウン一家はハッチョンベイから無事逃れることが出来るのか?が気になる「ディアスポリス-異邦警察-」4話。

視聴率はGW中ということもあって少し影響するのでしょうか?

では、「ディアスポリス-異邦警察-」の5話予想と4話のあらすじネタバレと感想・視聴率をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

ディアスポリス異邦警察ロケ地は新宿?最終話までのネタバレあらすじにキャスト情報

4話のあらすじ

日本に密入国し、難民認定されなかったマウン一家(アドゥン、黒宮ニイナ、鈴木夢奈)は、久保塚早紀(松田翔太)と共に裏都庁まで逃れ、最初は疑いながらも母国の言葉が話せる久保塚を信じ始め「裏都民申請書」を書いた。

しかし、裏都民申請を出すのには知事であるコテツ(康芳夫)の許可がいる為、久保塚は阿さん(柳沢慎吾)の店に行き、知事の居場所を聞く。

一方その頃、マウン一家が残っている裏都庁に何者かが来る足音が聞こえてきた。

急いで隠れたマウン一家。

そしてマウンが思い切ってビール瓶で殴りかかると、なんとそこにいたのはハッチョンベイ(中村達也)ではなく鈴木博隆(浜野謙太)だった。

しかし、倒れた鈴木の背中にはあのカードが・・・。

そして、裏都庁にマウン一家を襲いにきたハッチョンベイは、まず鈴木を襲い、マウン一家の場所を聞きだそうとする。

刃物を向けられた鈴木だったが、危機一髪のところで久保塚が頼んだ出前が来たためハッチョンベイは逃げ出し、助かる。

そして逃げたハッチョンベイを追った久保塚は、ハッチョンベイと戦うが、イサーム(町田マリー)が助っ人として現れ、久保塚もアーさんの店の道具を改造して使いハッチョンベイに怪我を負わせ、なんとかその場をしのいだ。

ケガを負いながらも逃げたハッチョンベイは、久保塚に必ず仕返しすると誓うのであった。

感想

★ハッチョンベイから逃れられるかハラハラしました。それにしても鈴木のキャラがめちゃめちゃ立っていて毎週面白いです!
(ゆうき 27歳)

5話予想

★鈴木の知り合いが裏都庁に来るみたいですよ!
(ゆうき 27歳)

「裏都民申請」の面接に来た女・鄭秀文(チンサウマン)の顔を見て、鈴木(浜野謙太)は驚愕する。なんと彼女は、鈴木が以前勤めていた銀行の同僚で元カノの高宮翔子だった。彼女がわざわざ偽名、偽造パスポートを使って「裏都民申請」に来たことに疑問を感じた久保塚(松田翔太)は鈴木と共に高宮翔子の調査を開始する。

番組HPより引用

まとめ

5話にはなんと鈴木の元彼女が登場するんですね!

高宮翔子は誰が演じるんでしょうか?こちらも気になり調べたところ夏帆さんだそうです!!

豪華ですね(´▽`)

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報