コントレールの5話予想と4話のあらすじネタバレ・感想まとめ

      2016/06/15

GW中に集中して再放送が行われた「コントレール~罪と恋~」。

見逃した方も再放送で興味を持ち観始めるパターンも多いですから、4話の視聴率は期待できそうですね!

というわけで、「コントレール~罪と恋~」の5話予想と4話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

コントレール~罪と恋~のロケ地は千葉!原作あらすじに井浦新等キャスト情報も

丸山智己のかっこいい髪型や服は?結婚相手の妻や子供・性格についても

4話のあらすじ

青木 文(石田ゆり子)の店に、夫・青木 敦(丸山智己) の愛人だった篠崎 圭子(桜庭ななみ)が同僚と偽って仏壇に手を合わせに来た。

その帰りに、カレーを食べに来た長部 瞭司(井浦新) と圭子が店の入り口で鉢合わせた。

圭子は、瞭司を見てすぐに、品川無差別殺人事件で、敦を殺した人物であると気が付いた。

帰り道で瞭司のトラックを拾い、駅まで乗せてもらった。

その途中、圭子は文の夫と知り合いで、彼が亡くなっていたことを話した。

圭子は、敦を殺した長部瞭司が、なんの罪にも問われず生活しており、ましてや殺された夫の妻と親しくなっていたことに怒りを覚え、すぐさま警察に向かい、佐々岡 滋(原田泰造) に詰め寄った。

そこで佐々岡が、文の好きな人が長部瞭司と気づき、瞭司の勤め先まで彼を尋ねにいった。

一方、瞭司は、文は離婚していたと思い込んでいたため、夫の死を知り、文のことをもっと知りたくなっていた。

文も同じく夫のことを瞭司に話そうと決めていた。

また瞭司の過去や出会う前について聞こうと思っていた。

そして、約束の金曜日、いつものように二人は愛し合った後、文が夫のことを話し始めた。

「夫は、浮気をしていた」「愛人に会いに東京に行った日に亡くなった」「亡くなったのは、品川で殺されたから」「無差別殺人事件で、犯人に立ち向かっていったから」

文の話が進むにつれ、瞭司の表情は険しくなり、呼吸が苦しくなり動揺が隠せずベッドから出てバスルームに行った。

呼吸が落ち着くと、文と目も合わせずにホテルを出て別れた。

瞭司は、自分が殺した人の妻と出会ってしまったことに罪を感じ逃げるように去った。

文は、話の後、瞭司の様子がおかしくなったことに不安を感じ連絡を取るものの、その後瞭司は文に会うことはなかった。

次の金曜日も文は瞭司を待っていたが、来ることはなかった。

突然、態度が変わった瞭司に不安になり、文は瞭司の会社まで尋ねていった。

そこに彼はいなくて、佐々岡が顔を見せた。

そこで佐々岡は、瞭司は文にふさわしい人ではないと告げる。

しかし、文は納得できずに瞭司を探すのであった。

感想

★とうとう文が瞭司に、夫の殺されたことを告げた。予想通り瞭司は、文の前から姿を消した。二人の関係が変化していくところは予想できたが、この後、文がどのように瞭司を見つけて、彼の過去をどのように知っていくのかに期待ができる。また、行為を寄せる佐々岡や愛人を殺された圭子の存在が二人にどうかかわってくるのかが楽しみである。
(40代 ぺこちゃん)

5話予想

★文は瞭司をあきらめきれず、同じく過去を知った瞭司も心に葛藤が生じてくるであろう。周囲の反対と二人の心模様がどんどん変化していくであろう。
(40代 ぺこちゃん)

第5回「残酷な恋の終わり」

総合:2016年5月13日(金)よる10時

(再放送)総合:2016年5月19日(木)午前1時25分【水曜深夜】
理由がわからぬまま、突然の別れに動揺する文(石田ゆり子)。瞭司(井浦新)は、佐々岡(原田泰造)から文のために真実を告げてほしいと頼まれ、文のもとを訪れる。ついに6年前の事件の真相を語る瞭司。愛し合うことは許されないと別れを告げる瞭司を、文はただ見送るしかなかった…。瞭司と出会う前の日常に戻った文。佐々岡のプロポーズも断り、仕事や子育てに励もうとするが、姑の英恵(野際陽子)と衝突してしまう。瞭司もまた、文を忘れることができず……。

まとめ

とうとう真実を知ってしまった瞭司。

5話では文にも真実を話すということで、今後の2人がどうなっていくのかが気になりますね!

次週もお楽しみに^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報