コントレールの7話予想と6話のあらすじネタバレ・感想まとめ

      2016/06/15

時が経ち、今もなお思い合う2人はどうなっていくのでしょうか?

というわけで、「コントレール~罪と恋~」の7話予想と6話のあらすじネタバレと感想をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

コントレール~罪と恋~のロケ地は千葉!原作あらすじに井浦新等キャスト情報も

1話 視聴率5.7%
コントレール~罪と恋~の2話予想と1話のあらすじネタバレ・感想まとめ

2話 視聴率5.5%
コントレール~罪と恋~の3話予想と2話のあらすじネタバレ・感想まとめ

3話 視聴率4.5%
コントレール罪と恋の4話予想と3話のあらすじネタバレ・感想まとめ

4話 視聴率5.3%
コントレール罪と恋の5話予想と4話のあらすじネタバレ・感想まとめ

5話 視聴率6.1%
コントレール罪と恋の6話予想と5話のあらすじネタバレ・感想まとめ

丸山智己のかっこいい髪型や服は?結婚相手の妻や子供・性格についても

6話のあらすじ

瞭司と別れてから1週間がたち、店にも客が来なくなったため、店を閉めて駅前でドライカレー弁当を売るようにした。

そして、午後からはスーパーのレジのパートもするようになった。

そんな生活を心配し刑事の佐々岡は、刑事仲間にも弁当を買ってもらえるように掛け合っていた。

一方、瞭司が配達から戻ると社長が酔っぱらって、会社が倒産すると荒れていた。

瞭司が務めていた多田羅運送が、大手の運送会社の下請けで精密機械を運んでいた際に、精密機械が故障してしまい1000万円の損害賠償を背負うことになっていた。

世話になった社長のために瞭司は東京の親会社まで出向き、きりっとスーツを着て弁護士のころのように法によって今回の損害の責任問題を交渉していた。

ある日、文の店に、旦那の愛人であった篠崎圭子がやブレスレッドを捨ててしまったのかを聞きに尋ねてきた。

長部瞭司が文の旦那である敦を殺したのに、なぜ野放しなのか許せずにいた。

さらに、その長部と付き合っている文を責めに来たのである。

しかし、長部と付き合う文を「どうかしてる」と責める篠崎圭子に対して、文は「人の旦那と付き合うあなたの方もどうかしている」と言い放つのであった。

さらに、瞭司に対しての恨みだけをぶつける圭子に、「許すとか許せないとか憎いとかは、どうでもいい。死ぬ直前まで浮気をしていた主人を許さないと言えば許せないけど、主人とは良い時だってあったもの。」と深い愛情を示し圭子を返した。

一方、文が弁当を準備していた間に、息子が、家から出て行き行方が分からなくなってしまった。

そんな時、佐々岡から連絡が来て、いっしょに友樹を探してもらった。

友樹とよく遊んでいた岬の先の秘密基地にいるところを佐々岡が見つけてくれた。

文が困っているときは、佐々岡がいつも力になってくれていたのだった。

一方、警察署の野球の試合でドライカレー弁当を70個注文した佐々岡のところまで、文が配達をした帰り、瞭司は多田羅運送の元請けの会社へ向かっていた。

仕事を依頼した際に、文書での依頼がなく、運転の支持も曖昧だったと義務違反であると訴え、損害賠償の責任を元請け会社にも負担してもらえることになり、倒産は免れた。

その帰り道、歩道を歩いていた瞭司は、信号待ちをしていた文の車を見つけた。

二人は久々にお茶をして話をすることができた。

しかし、文の前に座っていた瞭司は、ドライバーの時の瞭司と違って力強く頼もしく見えた。

自分が好きだった瞭司とは違って見えた。

文は、瞭司にまた弁護士の仕事ができるはずだと背中を押して、二人は別れたが、なんだか寂しくなった文であった。

「あの人は、もうひこうき雲を見ても苦しくならないのか。」「あのころの瞭司さんはもういない」と自分に言い聞かせながら車を走らせた。

帰宅後、文は佐々岡に「友樹と一緒に、そっちにいってもいい?」と電話をしたのである。

一方、ケーキ屋でバイトをしていた圭子は、長部瞭司は、法律一家の長男で最高裁の判事をしていたことをネットの情報で知り驚きが隠せなかった。

1か月後、店を売り、3人で東京へ行き新たな一歩を踏み出した文。

海岸線に沿って車を走らせていた時、前方の空にひこうき雲~コントレール~が見えた。

感想

★6年前の事件の事実を知り、辛い別れをした二人であったが、今回は店を閉め友樹と佐々岡のもとに行き、過去から歩み始める文と会社を救った瞭司の二人が、再会したものの、お互いを忘れられない気持ちを持ちつつも力強く前に進む印象が強かった。
しかし、篠崎圭子の長部を憎む気持ちが、二人の未来に水を差すように感じられた。     
(40代 ペコちゃん)

7話予想

★このまま、ハッピーエンドにならない雰囲気を出して、次週は、新しい二人の生活に、再び悲劇が起きそうな予感を感じさせた。     
(40代 ペコちゃん)

第7回「消せない傷」

総合:2016年6月3日(金)よる10時

(再放送)総合:2016年6月7日(火)午後3時10分

佐々岡(原田泰造)との結婚を決め、息子と3人での生活を始めた文(石田ゆり子)。一方、瞭司(井浦新)も小さな法律事務所を開き地元の人々の相談に乗るなど、新たな一歩を踏み出そうとしていた。そんな折、雑誌に6年前の事件の瞭司の罪を告発する記事が掲載される。それは、瞭司を陥れようとする圭子(桜庭ななみ)の策略だった。その記事は、一見順調な文と佐々岡の新婚生活に微妙な影を落とす。更なる復讐心をたぎらせた圭子は、かつての事件現場に文と瞭司を呼び出す…。

番組HPより引用

まとめ

佐々岡との生活を始めた文ですが、長部への気持ちがどう絡んでくるのか?

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報