火の粉の最終話のあらすじネタバレ・感想まとめ(ドラマ)

   

ユースケ・サンタマリアさん演じる武内のアディオスがオトナの土ドラ「火の粉」もいよいよ最終話。

結末はどのようになるのでしょうか?

では、最終話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と前回分はこちら

火の粉のロケ地や原作あらすじに優香・ユースケサンタマリア・佐藤隆太等キャスト情報も

最終話のあらすじ

愛する武内に拒否され、精神的におかしくなってしまった琴音が池本を殺してしまった。

琴音は武内の為に殺したというが、武内にはやり過ぎだ、迷惑だと言われてしまう。

事を知った勲は、池本さんにどう償えばいいのかと涙を流していた。

一方、雪見は警察で取り調べを受けていた。

雪見は家族の事を思って警察には何も言えなかった。

任意なので帰された雪見は帰り道に琴音に会う。

これから警察に行くという琴音に警察には何も言ってないと話す雪見。

武内を振り向かせる為に人殺しまでしたのにやり過ぎだと言われたことを雪見に話し落ち込んでいた。

一方、武内は梶間家のみなさんの為のプレゼントを持って梶間家に入ってきた。

驚く梶間家を前にプレゼントを広げるが、迷惑がる梶間家。

勲には趣味の悪いものと言われてしまい、武内は最後のチャンスだったのにと激怒する。

そこへ2階にいたまどかが降りてくる。

まどかに近づこうとする武内に俊郎がスタンガンわ当て気絶させた。

気絶していた間に奥の部屋の椅子に縛り付けられた武内が目を覚ますと、目の前には勲がいた。

裁判をやり直すと言い、勲は死刑判決を下す。

そして勲が刑を執行すると言い、武内に「死ねー!」と鈍器で殴りかかろうとした瞬間に俊郎に止めに入られる。

武内は「梶間先生に殺されるなら本望です。本当にみなさんに恩を返したかっただけなんです。だからみなさんを苦しめる人を殺してしまった。私は有罪です。」と泣き叫ぶ。

そこへ琴音が梶間家を訪れた。

雪見は池本を刺し殺したのは琴音だと言い、琴音は自首すると言い出し、武内も一緒に自首するという。

しかし、その前に梶間家と最後の晩餐がしたいと言う武内に、梶間家が料理を作るという条件で承諾する。

雪見ぐポストを見ると、琴音から「武内さんの宝物」というメモと、青酸カリと思われる薬が入っていた。

家に帰った武内は、「お母さんの言いつけ通りにしたけどまた失敗しちゃった。今の家族は今日で終わりにします。」としゃべりながらバームクーヘンを作っていた。

そこへ琴音が訪ねてくる。

琴音は武内に一杯付き合ってくれと酒を渡した。

この間見つけたという薬を出し雪見にも渡した事を話す。

酒に毒が入っているのではないかと疑い、飲めない武内に琴音は愛して、殺してをいつまで続けるのかと話してさよならを告げた。

琴音が帰った後、さっき作っていたバウムクーヘンを床へ投げつけ「もう疲れちゃった…」と呟く武内。

梶間家を訪れる武内。

「遅れてすみません。バウムクーヘンを焦がしてしまって作り直していたもので…」

最後の晩餐が始まる。

大人にスープが出される。

まどかも飲みたーいと話すがこれは大人のだからダメと雪見に言われたのを見て、スープに毒を入れたのではないかと疑う武内。

そこへ、まどかに琵琶ジュースを作ってきたと出す武内。

毒が入っているのではと心配した雪見は、私も飲みたいですと先に毒味をする。

琵琶ジュースには毒が入っていなかった。

やがてまどかはもう寝なさいと2階に行く。

そうだ!とキャンドルを出した武内に、勲と尋恵の馴れ初めや、雪見と俊郎の馴れ初めを話す。

それを聞いた武内は

「一つでも何かがズレていたら今の家族はなかった、そして、自分が家族の一員にはなれないということもわかった」

と話し、スープを口にする。

すると苦しむ武内。

毒げ入っていたのかと思いきや、俊郎しか飲めないという梶間家恒例の激辛スープだった。

爆笑する梶間家と武内。

夕食が終わり、デザートにとバウムクーヘンを出す武内。

お母さんの思い出だというバウムクーヘンの話を聞かせた。

僕を本当に愛してくれたのは母さんだけだったと話す武内に、武内さんを愛した人はたしかにいましたよと話す雪見。

武内さんは人さえ殺さなかったら本当にいい人だと話す梶間家。

そこへ、さぁもう食べましょうとバウムクーヘンを口に入れようとする雪見。

武内の家から毒を見つけたと琴音から聞いたにも関わらず、疑う事なくバウムクーヘンを食べようとする雪見に向かって武内は

「どうして食べるんですか?」と聞く。

すると雪見は

「武内さんのバウムクーヘンですから。とっても美味しいです。ありがとうございます。」

と話し、

「お気に召してよかったです。」と武内は笑い最後の晩餐が終わった。

一方、琴音は最後の夜に息子のりくとキャッチボールをしていた。

必ず戻ってくるからいい子で待っててねと話す。

自宅に戻った武内は、床に落ちていたバウムクーヘンを拾って食べる。

「上出来…」

次の日の朝、梶間家が武内を訪ねると武内は死んでいた。

最初に作ったバウムクーヘンには毒が入っていたのだった。

感想

★原作とはまた違った結末で、やり切れない感が残る原作よりもドラマの結末の方がよかったかなと思います。
琴音の変貌ぶりには驚きましたが、自分の分身のようになった琴音からの言葉を受け、思い止まったところや、梶間家の言動に少しずつ心が動いていく様子なども描かれていてとてもよかったと思います。
(火の粉ファン・31歳)

次のドラマは?

次週からは、安田成美さんの16年ぶりの主演となるドラマ「朝が来る」が始まります!

不妊からの特別養子縁組がテーマとなった物語。

こちらもお楽しみに!!
関連記事
朝が来るのロケ地は横浜市都筑区!原作あらすじネタバレにキャスト情報も
安田成美の髪型・服がきれい!子供は?朝が来る主演の栗原佐都子役!
川島海荷が金髪の片倉ひかり役で朝が来るに!髪型・服や彼氏情報も
佐津川愛美が朝が来るの後藤香澄役で髪型・服や演技力は?彼氏情報も!
小野塚勇人が朝が来るの山本健太役!髪型・服や演技力は?彼女の噂も?

まとめ

最後はいい終わり方だったのではないかと管理人も思います。

次週からの朝が来るもたのしみですね^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報