希望ヶ丘の人びとロケ地は横浜?原作ネタバレあらすじにキャストは?

      2016/07/23

病で突然妻であり母を失った家族を、沢村一樹さんの主演で描くドラマ、そんなドラマの原作、あらすじネタバレや基本情報、ロケ地にキャストなどご紹介します。

スポンサードリンク

基本情報や原作について

2016年7月16日(土)から毎週土曜の夜10時から連続5話で、WOWOWで放送され第1話は無料放送となっています。

原作は、重松清さんの小説「希望ヶ丘の人々」、重松さんは「ビタミンF」直木賞を受賞され、数多くの作品がテレビドラマや映画化されています。

脚本は「ちゅらさん」や「最後から2番目の恋」などを手掛けた岡田惠和さんです。

大切な人を失ってしまった時、心にぽっかりと空いた穴をそう簡単に癒せるものではありませんよね。

でも現実社会で生きて行くために、何とか前に進んでいかなければならない、残された家族がどんな風に助け合い、希望を持って生きて行けるのか、注目したいですね。

キャスト

image

田島徹: 沢村一樹

田島圭子:和久井映見
田島の妻。末期ガンでこの世を去る。

田島美嘉 :桜田ひより
田島の長女。

田島亮太: 二宮慶多
田島の長男。

藤村香織:伊藤かずえ
圭子の同級生。

他に六角精児さん、宮川一朗太さん、やついいちろうさん、平泉成さんなどが出演されます。

見どころなど

女の人の優しさ、温かさ、奥さんの重大性を知る事が出来るドラマです。当たり前のように居る家族。当たり前のようにいつも家で出迎える奥さん。そんな人生の支えとなる奥さんがもしもこの世を去ったら・・あなたはどういう感情になりそうやって生きていきますか?そんな事を考えさせられるドラマです。何で自分は生きているのか。何で今こうやって仕事を出来ているのか。幸せって何だろう。いかに自分が幸せであり、誰のおかげで、誰が支えてくれて、誰がいるから生きていられるのか、をとことん考えさせられます。当たり前の光景が無くなったら私は生きていけないと思います。ぜひ、家庭を持ち奥さんが、いや奥様がいる人には必ず見てほしいドラマです。
(ゆーり 25歳)

ロケ地

ポスターは横浜で撮影されたとの事ですし、高度成長期に横浜に造られた希望ヶ丘と言う仮想ニュータウンが舞台との事ですので、ロケも横浜で行われている可能性が高いですね。

ニュータウンということで、港北ニュータウンの都筑区ではないでしょうか?

我が家のすぐそばで圭子の部屋からの景色を撮影されました。
(横浜市金沢区)

情報提供ありがとうございます。

あらすじ

田島は妻・圭子、この春で中学2年生になる、小学3年生になる亮太の4人で、東京での幸せな生活を送っていた。

しかし、圭子の体に末期がんが見つかったことでその生活は一変。愛する圭子は3カ月で他界してしまう。

圭子を失った田島家は、ぽっかりと穴が開いたようであった。

父として無理やりに笑顔を作る田島だったが、『圭子のことを忘れようとしても無理なんだ』ということに気づかされる。

田島は、子供たちに圭子の故郷「希望が丘」で、圭子の思い出とともに生きていこうと提案する。

偶然出会った圭子の同級生、藤村香織に案内され、空家となった圭子の旧家を訪れる。

田島、美嘉、亮太の3人は、この圭子の旧家で新生活を始める事に決めるのであった。

希望が丘での3人の生活はどうなっていくのか・・・

まとめ

心に傷を負った家族が、自分達だけでなく周りの人々にも支えられ、希望を見出し生きて行く様子、涙なしでは見られそうにありませんが、期待したいですね。

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報