関根貴大の彼女や年俸に経歴は?浦和レッズ・U-23日本代表FW

   

サッカー選手にも、選手それぞれに得意技があります!

ゲームコントロール能力、鉄壁の防御能力、スルーパスの能力、フリーキックの能力、ヘディングの能力など様々。

何でもできるから凄いかというと、器用貧乏に陥るかもしれませんし、一概に言えません(>_<)

しかし、この選手と言えばこれが凄いと言える武器があると、ゲームに出るチャンスも、ファンから喜ばれる事も当然増えます。

サッカーでドリブルというと、相手の選手をかわしてゴールに近づく醍醐味がある能力です。

日本人の中にも少なからずドリブルが得意な選手もいますが、浦和レッズの背番号24、MF、サイドアタッカーの関根貴大選手はドリブルの名手。

はにかみやの若手選手ながら、そのドリブル突破能力の高さは有名でとってもかっこいいイケメン選手!

では、どんな選手なのでしょうか?

経歴プロフィールや彼女・結婚の噂や年俸についてまとめました!

スポンサードリンク

プロフィール

関根貴大選手は1995年生まれの埼玉県鶴ヶ島市出身のサッカー選手です。

中学生入学と共に浦和レッズのジュニアユースに入団します!

浦和レッズでは、ユース、トップチームと順調に昇格して、今では浦和レッズの主力選手として活躍しています^^
image
各年代の日本代表にも選出されていて、リオデジャネイロ・オリンピックへの出場をかけて、今はとにかくJリーグで獅子奮迅の活躍中です(´▽`*)

プロとしてデビュー

2014年にトップチームに昇格すると、第4節の清水エスパルス戦でJリーグデビューを飾ります。

そして第14節のセレッソ大阪戦でJリーグ初得点を決めます!19歳1か月での初得点でした‼︎

ちなみに浦和レッズの最年少得点は、現在ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンに所属する原口元気選手の17歳11か月です‼︎

関根貴大選手の初得点は原口選手よりも少し遅いのですが、それでも10代でJリーグで得点するのは凄い事です^^

関根貴大選手の活躍にサポーターが注目を開始します(´▽`*)

背番号24への想い

関根選手の背番号は24。この番号は原口元気選手がつけていた背番号です。

トップチームに昇格した時の背番号は26でしたが、原口選手がヘルタ・ベルリンに移籍した後に自ら望んで24番にしてもらったそうです^^

浦和レッズで絶大の人気を誇っていた原口選手の背番号を自ら求めるには、原口選手に対する想いがあったからだそうです。

原口選手も関根選手も浦和レッズのジュニア・ユースからトップチームに昇格した生え抜きの選手。

世代の近い飛躍した先輩として憧れと追い抜きたい気持ちの両方があるようです!

既にその想いを十分に発揮して活躍しています^^

年俸や彼女・結婚の噂は?

今年の年棒は1200万円と言われています。

年棒の高い浦和レッズの中ではまだ少ない年棒ですが、まだ若干21歳ですから、凄い年棒です(>_<)

攻撃的な選手なのに、はにかみ屋さんで、若手でもありチーム内ではいじられキャラの様です!

彼女はまだいない様ですね^^

高速ドリブラー

何と行っても関根選手の特徴はドリブル。

サイドから果敢に相手ディフェンスにドリブルを仕掛けて、相手を置き去りにしてゴールを目指す姿はスカーッとします!とにかく攻めるんです‼︎

どんなゲームでも逃げずに果敢に攻める関根選手の姿勢は、目のこえた浦和レッズのサポーターの気持ちを掴んで離しません(>_<)    ですから、関根選手にボールが集まると、サポーターはとにかくドリブルで相手を抜き去る事を期待するのです^^    ドリブラーとしての資質は浦和レッズのサポーターの折り紙付きです!    リオデジャネイロ・オリンピックを目指すU-23日本代表は、オリンピック間際の今現在の選手が確定していません(>_<)

関根選手も当落選上にいる状態です。これだけのドリブル突破を図れる23歳以下の日本人選手はそうはいません!

是非ともリオデジャネイロ・オリンピックに出場して、世界を舞台にドリブル突破する関根選手を観てみたいものです(´▽`*)

まとめ

身長は167cmと小柄な選手ですが、そのドリブル突破力は本当に痛快です。

U-23,そして日本代表を目指して、頑張って欲しい選手です^^

是非関根選手の活躍に注目してみて下さい!

関連記事はコチラ:

 - スポーツ ,