水族館ガール1話ネタバレ!イルカC1餌やりに奮闘する由香の2話は?

      2016/07/07

いきなり水族館の勤務となり最初は戸惑うものの、だんだんと水族館の虜になる由香。

イルカC1の餌やりに奮闘する様子がよく描かれた1話でしたね!

では、「水族館ガール」の2話予想と1話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

1話のあらすじ

入社3年目の由香は、大事な契約の書類を無くしてしまいます。

由香は課長の洋司から、会社の系列の水族館へ出向を命じられました。しかし経験のない由香が来ることを良平は良く思いません。

一方由香は、初出勤から道に迷い遅刻します。その上、川に流されかけた子犬を助け、川に転落…ビショビショで出勤し、一同は驚きます。

総務課長の久幸は水族館の説明をした後、由香に海獣科を担当するよう命じます。

良平につくことになった由香は「1週間後までに水族館にいるイルカ4頭を見分け、名前を言えるようになるか、C1に手でエサをあげられるようになれ」と言われます。

C1とはイルカの名前で、4頭の中で1番ヤンチャなイルカです。

良平はイルカの混乱を避けるために、テストまで客席の1番後ろからイルカを見るよう言われます。最後列から双眼鏡でイルカを観察する由香に、陸が笛を渡してくれました。

そしてイルカの生態を教えたり、優しくアドバイスしたりとフォローしてくれました。

また一子は、由香にエサの工夫や水族館の裏側を伝えてくれました。しかしその間も良平は由香に厳しく接します。

由香は館長の良太郎に、C1の特技であるハイスピンジャンプ、通称『C1ジャンプ』のことを聞きました。

C1はハイジャンプの頂点でエサを食べるハイスピンジャンプが好きでした。

しかし、6年前までいたトレーナーが居なくなった途端、C1はC1ジャンプを止めてしまったのです。

一方、久幸のもとを洋司と由香の元カレ・元貴が訪れ、水族館であるこの地に再開発の話が出ていることを説明し、集客のためにもっとイベントをするよう伝えます。

拓也は由香に、「会社ではもうお前は終わったから、昔付き合っていたことを誰にも言うな」と言い放ちます。

由香はショックで冷凍庫に籠りましたが、久幸は気づかず鍵をかけてしまいます。

幸運にも良平が気づき、由香を助け出してくれました。良平は「俺たちはこの仕事に命を懸けている。

邪魔しないでくれ」と言い、去っていきます。

夜、洋司と拓也とご飯を食べることになった由香は、洋司が「由香を会社から追い出したかった。資料は自分がわざと抜いて、由香の不祥事にした」という話を聞いてしまいます。

洋司は以前、取引先との食事会で、由香が失態を犯したことを憎んでいたのです。

泣きがら由香が向かった先は、イルカのプールでした。

落ち込む由香にC1が馬鹿にするように寄って来て、プイッと去っていきます。

エサを食べさせてやる!と意気込んだ由香は、気持ちを入れ替えます。

後日、洋司と拓也が再び水族館を訪れ、クラゲやナマズなどの地味な生物を売り払えと言います。

盗み聞きした修太は、由香や良平たちにそのことを話します。

良平たちが怒っていると、C1が近づいてきました。

今日C1にエサをあげられないと、由香は辞めさせられます。しかしC1は由香のエサを食べてくれません。

そんな中、洋司たちが由香のもとへ来ました。水族館を馬鹿にする洋司に、由香は「スタッフの努力も知らずに」と怒りますが、まともにエサもあげられないのに偉そうだと言い返されてしまいます。

由香がもう一度エサをあげても、やはりC1は食べてくれません。

最後の1匹になった時、C1は由香の目の前に現れ、泳ぎだします。そしてタイミングを見計らって投げたエサを、C1はC1ジャンプで食べました。

これには一同大感激。陸は由香に水族館の一員の証としてマイ包丁を渡しますが、やはり良平は認めてくれません。

キャスト

嶋由香〈24〉 – 松岡茉優
梶良平〈30〉 – 桐谷健太
今田修太〈30〉 – 澤部佑
磯川陸〈35〉 – 内田朝陽
小柴久美子〈24〉 – 足立梨花
矢神拓也〈26〉 – 西村元貴
森下洋司〈48〉 – 木下ほうか
吉崎一子〈42〉 – 西田尚美
嶋晴彦〈48〉 – 山西惇
嶋香子〈48〉 – 戸田恵子
コウさん〈69〉 – 木場勝己
倉野久幸〈47〉 – 石丸幹二
内海良太郎〈69〉 – 伊東四朗

感想

★水族館の裏側や苦労が、リアルに伝わってきて、とても感動しました。良平の由香への当たりは強いですが、何よりも水族館を大切に思っている証拠なので、仕方ないと思いますし、由香にも伝わっていると思います。天真爛漫な主人公を演じる松岡茉優さん、嫌み課長の木下ほうかさんが、とてもマッチしていて共感できました。
(haru25)

★主人公が本社から飛ばされても頑張ろうとする姿には共感するけど、気持ちが1週間でそんなに変わるかなぁと思ってしまいました。来て1週間で、世界一の水族館にすると言われても、同僚は困惑すると思う。もう少し長くいた設定にしてもよかったんじゃないかな。
(かめさん、46歳)

★コントレールが秀逸すぎて、せっかく配役も良いのに全く集中できません。主役の松岡さんは元気すぎてしんどく、桐谷さん目当てで見るだけでは厳しいかなと、早くもリタイヤしてしまいそうです。もちろん松岡さんは好きな女優さんなので、前作とのギャップがありすぎて残念です。
(はらちゃん 35歳)

★左遷で水族館に配属されてそれは天職になってしまいそうな、楽しい予感がします。これから水族館で働きたいという若者が増えそうですし、人気のなくなってきている田舎の水族館も集客は見込めるかもしれませんね!水族館の裏事情がこんなに大変だということを知る、良いドラマだとも思います。それよりも今、仕事が合わなくて悩んでいる人達が新境地を切り開くヒントになるドラマかもしれません。これからの展開が楽しみです。
(サメちゃん 54歳)

★イルカとかが好きなので水族館が舞台のドラマということで初回見てみました。東京本社で働いていたOLが理不尽なセクハラ待遇で系列の流行っていない水族館に出向させられ、それでも頑張りながら周囲に認められていく物語。本社の人だからと初めは煙たがられていましたが、彼女が頑張る姿に他の職員も次第に打ち解けて生きます。まだ2回目ですがこのあと鬼教官のような先輩職員とケンカするほど仲が良いタイプの関係になる予感がします。
(カスミン 48歳)

★第1話の感想由花が左遷で水族館に飛ばさせれしまう所の理由が書類紛失なのが理解不能、しかも4ページのみ。無理やり感が気になります。水族館メンバーの中でも、梶が役柄が浮いてしまっている。予想は下手に恋愛に話しの流れがいくのだろうが、折角松岡さん、澤部さんもいるのでコメディー色も出して欲しい
ji4be3 34歳

★1話の感想です。ドラマ10の中で1話でこんなに面白いと思ったことはないくらいのドラマでした。これから主人公の女の子を桐谷さんがいつ認めてくれるのかが気になります。イルカがジャンプしたのも感動しました。
みゆ26歳

2話予想

★厳しい良平のもとで、由香は一生懸命ついて行こうと頑張りますが、その頑張りが空回りしてしまう場面もあると思います。また、会社を飛ばされたことを知った、由香の両親が反対するのではないかと思います。しかし、水族館の魅力に気づいた由香なので、きちんと説得できるのでははいかと思います。
(haru25)

★世界一の水族館にすると言いきった由香だけど、なれない仕事にてんやわんや。しかも、梶の指導は厳しくなるばかりで由香はダウン寸前。厳しく指導する梶ではあるけれど、懸命に頑張る由香を見ていると否定していた心境にも変化があるのではないかと思っています。
(かめさん、46歳)

★くらげが好きで水族館でいつもクラゲを見に、来ていた少年はおなじくくらげが大好きだという少女二人と出会う。3人は次第に仲良くなり、一緒に水族館にくることも増えた。しかし、少女二人がくらげが好きなのにはある理由があった。
(あおい 26歳)

★親の転勤が重なるため、おじいちゃん家に住むことになった少年。引っ越した場所は辺り一面の田んぼと、たった1つ目立つほかの建物とは風変わりな建物、それはこの村の名物の水族館。昔からふわふわ遊泳するくらげが大好きだった少年は毎日のようにそこに通った。
ニックネーム頭突きさん。(25)

まとめ

Cが餌を食べてくれなくてどうなるかと思いましたが、最後食べてくれたときは感動しましたね!

次週もお楽しみに!!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報