不機嫌な果実の最終話あらすじネタバレ・感想と次のドラマは?

      2016/06/13

早苗は工藤の母親だったというまさかの展開にどうする麻也子?!

では今週も、ドラマ「不機嫌な果実」の最終話のあらすじネタバレと感想まとめと次に放送される剛力彩芽さん主演ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」の紹介です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

不機嫌な果実のロケ地は山手?原作あらすじに稲垣吾郎等キャスト情報も
高梨臨(竹田久美)不機嫌な果実の髪型・服がかわいい!演技力や彼氏は?
藤本泉が不機嫌な果実のまき・OURHOUSEの看護師早川南!演技力・彼氏は?
多和田秀弥が不機嫌な果実の橋本マナミの不倫相手インストラクター!彼女は?

最終話のあらすじ

麻也子が既婚者であることを知っている早苗は驚きを隠せず、さらにまだ離婚が成立していないことを知ると激しく怒ります。

痛いところを突かれた麻也子は、そそくさと工藤の家を去ります。

後を追ってきた工藤は「誰に反対されても、結婚してイタリアへ行こう」と言いました。

麻也子は工藤のまっすぐな眼差しを前にうなずきます。

自宅に戻ると、航一が待ち構えていました。麻也子が工藤と結婚したいという意思を伝えると、航一は「卒業証書」と言って離婚届を手渡します。

麻也子のことを愛していると言う航一に対し、麻也子はなぜ抱いてくれなかったのかを尋ねました。すると航一は、麻也子が愛し合っているときにいびきをかいて寝てしまい、それ以来麻也子に触れるのが怖くなったと答えます。

麻也子はそんな些細なことでと呆れますが、航一は「本当に傷ついていた、どうして僕をそんなに傷つけるのか」と泣きわめきます。

綾子の仲裁もあり、泣き叫ぶ航一を置いて、麻也子は家から出ていきます。これが、航一と麻也子の夫婦としての最後でした。

離婚届を提出した麻也子は、工藤と新しい日々を過ごし始めます。

工藤は二人だけでも構わないから、結婚式を挙げようと提案します。こうした日々に、麻也子は幸せを感じはじめていました。

その頃、航一は早苗のブライダルサロンに現れます。早苗が二人の結婚に反対していることを知っての行動でした。

 

ある日、会社帰りの麻也子は勧誘にあいます。困っているところを助けてくれたのがかつての不倫相手・野村でした。

野村に久美と疎遠になったことを伝えると、久美の店に連れて行かれます。

久美は謝罪しますが、「もういいよ」とそっけない態度を取る麻也子。野村の「女の子はカッコつけている」という一言が後押しとなり、麻也子と久美は本音の喧嘩になります。

居合わせた玲子が仲裁に入り、最後は三人とも笑いあって仲なおりするのでした。

 

久美の店からの帰り道、玲子は不審な男につけられます。

それは以前玲子が一方的に振った亮介でした。

亮介はナイフを取り出し、玲子を刺そうとします。すると、そこに茂が現れ、彼女を守り刺されてしまいました。

茂の深い愛情に触れた玲子は今までの行為を反省し、離婚はしないと告げます。

茂は「だったら食事は毎日作り、掃除や洗濯も毎日やれ」と言います。玲子はそれを了承し、二人は和解するのでした。

一方久美は、航一を呼び出します。久美は航一の私物を返し、「女は男が思っているよりも強い生き物なの」と言って、航一との不倫関係を清算しました。

 

麻弥子と工藤の結婚式の日、結婚に反対していたはずの工藤の両親が現れます。

早苗はあくまでも反対の立場であったが、ブライダルサロンに何度も航一が頭を下げに来たため、説得されたというのです。

早苗はこれから二人で頑張るように言い、結婚式は無事に取り行われたのでした。

いよいよイタリアへ旅立つ日、工藤のクレジットカードが両親によって停止され使えなくなっていました。

工藤は今まで親の援助を受けて生活していた“お坊ちゃん”だったのです。

結局工藤はイタリア留学を諦めてしまいました。

 

二年後、アルバイト生活をする工藤を支えるため、麻也子は事務員として勤務していました。

玲子は茂との間に第二子を妊娠し、久美は航一と再度付き合い始め、ビジネスも順調でした。

麻也子は甲斐性の無い工藤を前に「こんなはずではなかった」と思いつつも、工藤との毎日に小さな幸せを感じながら生活しています。

同窓会で再会した麻也子・玲子・久美は「男なんてみんな一緒。そう感じられるのは自分たちが成長したから」と意気投合します。

とは言いつつも、容姿に優れ社会的地位の高い男を見つけると、つい振り向いてしまうのでした。

感想

★航一が、麻也子の幸せのために行動を起こしたところがよかったですね。航一が麻也子を本当に愛しているのが伝わってきました。航一の愛、茂の愛、愛の形は様々あるけれども、麻也子や玲子、久美にとって必要だったのは「愛されているという実感」だったのかなと感じました。道彦と結婚した後に麻也子が「こんなはずではなかった」と感じていましたが、「こんなはずではなかった」という気持ちが「満たされない」という感覚にもつながっていくのではないでしょうか。そんな麻也子の在り方とはまさに「常に満たされない=不機嫌な果実」なのではないかと思いました。女三人ともハッピーエンドであり、ドロドロしたドラマなのに清々しさも感じました。
(不機嫌な主婦・35歳)

次のドラマは?

次に放送される夏のドラマですが、剛力彩芽さんが主演を務める「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」が始まります。

かつて総理大臣の料理番がいたそうなんですが、その制度が復活するというお話。

美味しそうな料理の映像が映る飯テロドラマにもなるんでしょうか?

このドラマのロケ地やキャスト、あらすじなどの詳細記事は後程アップしますので、よろしければまた遊びに来てくださいね^^

関連記事はこちら
グ・ラ・メのロケ地やネタバレあらすじは?原作やキャストについても

まとめ

茂の玲子への想いや、航一の麻也子への想いなど、最終話は色んなところにちいさな感動がありましたね!

グ・ラ・メ!~総理の料理番~もお楽しみに^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,