朝が来るの2話のネタバレあらすじと感想について(ドラマ)

      2016/08/24

久しぶりの主演となる安田成美さんですが、ブランクを感じさせない演技力はさすがですね!

では、「朝が来る」の3話予想と2話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

朝が来るのロケ地は横浜市都筑区!原作あらすじネタバレにキャスト情報も
安田成美の髪型・服がきれい!子供は?朝が来る主演の栗原佐都子役!
川島海荷が金髪の片倉ひかり役で朝が来るに!髪型・服や彼氏情報も
佐津川愛美が朝が来るの後藤香澄役で髪型・服や演技力は?彼氏情報も!
小野塚勇人が朝が来るの山本健太役!髪型・服や演技力は?彼女の噂も?
黒川智花の彼氏・結婚の噂や髪型・服は?演技力についても
原菜乃華が片倉ひかりでおはガールの経歴!髪型・服や彼氏は?

2話のあらすじ

清和から「誰なんですか」と尋ねられたひかりは、一転して「朝斗くんのお母さんじゃありません」といい、栗原家を後にします。

途方に暮れたひかりは町をさまよい、夜になってから幸せそうな母娘を目撃します。

 

ここから、回想シーンが始まります。

出産を終えたひかりは自宅に戻ります。

傷心のひかりに向かって、母は「今回のことは一日も早く忘れるように」と言いました。

しかしひかりは、なかったことになんてできないと反論し、彼氏のもとへ行こうとします。

しかし、彼氏は既に引っ越した後でした。

絶望に浸るひかりは、彼氏のことを思い出し、「うそつき」と呟く事しかできませんでした。

ここで、回想が終わります。

 

ある日、清和と香澄が打ち合わせをしていると、香澄の不倫相手の妻が乗り込んできます。

妻は「主人にとって一番大切なものは家族だ」と言い、勝ち誇ったような顔で去っていきました。

同じ頃佐都子は、朝斗が大空を押して怪我させたと呼び出されます。

佐都子が朝斗本人に問いただすと、朝斗は押していないと言いました。

佐都子は朝斗のことを信じることを決めます。

その夜、佐都子が大空の家を訪れると、理沙は朝斗が大空を押したことを前提にして話を進めていきます。

しかし佐都子は、朝斗はやっていないと言っているから、大空に真相を聞くように頼みます。

すると理沙は気分を害してしまいました。

 

ある日、佐都子は東京に出て来た浅見と会います。

そこで、朝斗のことを愛しているが、ちゃんと母親をできているのか、時々怖くなると悩みを打ち明けます。

浅見は、「実の子であっても100パーセント信じるのは難しい。揺らいでもいいから子どもと向き合うことが大切」と言うのでした。

浅見と会った帰り道、佐都子が幼稚園のお迎えに行くと、朝斗が突然大空を押したと言い出します。

それは真実ではなく、謝らないと大空と仲直りできないからという理由からでした。

結局大空が自分で怪我をしたと謝り、佐都子は理沙とも和解をします。

理沙は、実子である大空を疑っていたが、母親だから信じなきゃと思っていたことを告白します。

彼女もまた、母親として佐都子と同じ悩みを抱えていたのでした。

大空と遊ぶ朝斗を見つめながら、佐都子はひかりのことを思い出します。

 

ここで、3年前の回想シーンが始まります。

法事で集まった際、ひかりは中学生で妊娠したことを親戚中から揶揄されます。

ひかりはその場から逃げ出しました。

その事に激怒した母親は「あなたを娘と思わない」と言います。

ひかりはその夜、髪の毛を染め、家を出て行きました。

行き場がないひかりは、浅見のもとに置いてもらうことになりました。

するとそこで、哲男の息子である健太と再会します。

ここで健太は養子であることが明かされます。

ひかりは、妊娠中に「ちびたん」と見た景色をもう一度見ます。そこで、「いつか息子に会いに行こう」という思いを支えに生きてきたと告白するのでした。

ここで回想が終わります。

 

夜の街の中で、ひかりは「その支えさえ失った」「母親でいる資格がないから」と告白します。

同じころ、栗原家を訪れた刑事が窃盗被害の容疑者としてひかりの写真を持ってくるのでした。

キャスト
栗原佐都子(安田成美)
夫・清和(田中直樹(ココリコ))
息子・朝斗(林田悠作)
片倉ひかりと名乗る女性(川島海荷)
中学生のひかり(原菜乃華)
星野理沙(滝沢沙織)
理沙の息子・大空(斎藤汰鷹)
ベビーバトン代表・浅見洋子(石田えり)
後藤香澄(佐津川愛美)
平田コノミ(黒川智花)
山本健太(小野塚勇人)
白河朱美(MEGUMI)
借金取り・坂上(山田将之)
借金取り・権田(鈴之助)
安藤良太(榊原徹士)
立花ナオミ(秋乃ろーざ)
杉本美樹(水原ゆき)
片倉茜(小島絵里杏)

感想

★佐都子と理沙、二人の母親が子どもを信じようとし、でもどこかで揺らいでしまうというシーンが考えさせられました。人を信じることに血の繋がりが100パーセントではないという問題提起だったと思います。血がつながっていても、ひかりの母親は彼女に対して否定的な態度を取っていますし、「家族」とはどのような共同体なのか考える必要があると感じました。
(結・25歳)

2話予想

★次回予告では清和が香澄とキスをしている映像が流れましたね。家庭を大切にしている清和ですから、香澄の策略であると考えています。自宅に現れた金髪の少女がひかり本人であったことを知った栗原夫妻がどのような行動を取るのかも気になるところですね。気づいてあげられなかったことに胸を痛めた佐都子は、朝斗と会わせてあげようと思うのではないでしょうか。
(結・25歳)

女は「広島のお母ちゃん」だった
 栗原家に来た金髪の女は、6年前に佐都子(安田成美)と清和(田中直樹)が会った片倉ひかり本人(川島海荷)であった。そしてひかりが警察に追われているという事実を知る佐都子。本物のひかりだと気付けなかった自分を責める佐都子に対し、特別養子縁組支援団体・ベビーバトン代表の浅見(石田えり)は……。
17歳のひかり
 3年前……。健太(小野塚勇人)の父親代わりである哲男(山本龍二)が病に倒れ、ひかりと健太は哲男の八百屋を二人で切り盛りするようになっていた。健太を支えようとするひかり。そんなある日、健太の前に現れたのは、黒いスーツを着た謎の男で……。
もうひとりの女……
 佐都子と清和は、「家族神話を考える」という企画で、清和の部下・香澄(佐津川愛美)から取材を受けることになる。その取材の中で佐都子と清和は、検査で清和が無精子症と診断されたこと、不妊治療をしたこと、ベビーバトンに行き着いた経緯などを語る。数々の困難を乗り越えた夫婦。そんな二人を見た香澄は、清和に対してとある行動に出る。
ウィキペディアより引用

まとめ

ひかりが何をしたのかが気になりますね。

3話もお楽しみに^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,