99.9最終話(10話)ネタバレ感想!最後の事件に中丸?深山の過去は?

      2016/08/25

最後の事件や深山の過去は?

「99.9-刑事専門弁護士-」の最終話あらすじネタバレと感想や次に放送されるドラマ「仰げば尊し」の紹介をまとめました!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

99・9のロケ地は川崎?最終話までのネタバレあらすじ・視聴率にキャスト情報
片桐仁(明石)99.9深山の相棒の演技力は?髪型・服や嫁と子供についても
渡辺真起子の99.9戸川奈津子の演技力は?彼氏と結婚・性格についても
映美くらら(佐田の妻)99.9の演技力は?夫や子供・性格についても
99.9のアフロ坂東健太はレキシ池田貴史!離婚した妻や子供についても
馬場徹の99.9弁護士落合陽平がかっこいい!演技力や彼女・兄情報も
青木崇高が99.9丸川貴久(検事)で演技力は?彼女や結婚の噂や性格情報
岸井ゆきの(かなこ)の99.9での演技力や彼氏・結婚の噂は?両親の情報も
藤本隆宏(志賀誠)99.9の演技力や劇団四季入団退団理由と結婚について

最終話のあらすじ

最後の事件は深山の父親の事件と似ている内容です。

目黒区と江東区で起きたわいせつ目的の連続殺人事件で石川陽一(中丸雄一)が逮捕されます。

2つの事件の現場には石川の毛髪と血痕が残っていたが、彼は自分はやっていないと深山に無実であることを訴えます。

しかし、石川は検察官による連日の取り調べで訳も分からず調書にサインをしてしまいます。

1つ目の事件で殺害されたのは新都知事高山の選挙スタッフだった中田という女性。伊井山公園に連れ込まれ心臓を一突きされます。

もう1つは岡という女性で巨千大橋で襲われ1つ目の事件と同様心臓を一突きで殺害されます。

犯行内容が同じであることで同一事件であると検察はみています。

佐田は石川の無実を証明するためにはまず殺害現場に彼がいなかった事、アリバイを証明するしかないとします。

調書にあった事件の動機で正社員になれなかった事がむしゃくしゃして起こしたとしていましたが、石川は正社員になることを望んでいなかったことが分かり調書とは異なっていました。

そして2つ目の事件の日、石川のアリバイが証明できる防犯カメラの映像が見つかります。

これで石川の無実を証明できると佐田は考えますが、深山はこのままでは検察側にひっくり返されると佐田に伝えます。

深山は週刊誌で静岡の事件が気になり、雑誌記者へ会いに行きます。すると静岡の事件が都内で起きた2つの事件と類似していることが分かります。

深山は3つの事件が同一事件と認められれば石川の拘留期間であった静岡の事件は起こせないとし真犯人を見つけ始めます。

深山の言った通り、検察側は犯行時刻を伸ばし訴因変更が許可され石川のアリバイが無実だという証明はできなくなってしまいました。

佐田と立花たちは深山と一緒に真犯人探しを始めます。すると殺された3人の女性が5年前に高山院長がいた勢和病院の同じ病室で入院していたことが分かります。

立花が丸山検察官にお願いをし入院名簿を入手することができ、殺害された3人ともう1人加藤という女性も同じ時期に入院していたことが分かりました。彼女は海外赴任中で生きており帰国後呼び出して入院当時の様子を聞くことにします。

中田が担当医だった高山先生(現在は都知事)にわいせつな行為をされ訴えるとしたが示談になったことを明かします。その時に他3人に証言となってほしいからと中田に言われ連絡先を交換していました。

さらに3カ月前、石川が勢和病院に人間ドックで検診しておりその時に担当していたのが高山先生でした。高山が石川の採血を盗んだのを目撃した看護師がいました。

深山たちは高山を呼び出し事件真相を話します。中田は高山が都知事になるのを知り近づき過去をばらすとして脅迫してきました。

このまま脅迫し続けると思った高山は、中田含めて同じ病室にいた彼女たちを殺したと白状しました。

そして結審の日。大友検事が出席している中、深山は言います。誤って起訴されて人生を大きく変わってしまった冤罪事件は多くの人を不幸にする。国家権力である検察の出した事実は誰も疑わない、けれど弁護士我々はそこにある事実を見逃してはならない起こった事実はたった1つと法廷にいる人たちに呼びかけます。

最後、大友検事と対面する深山、深山の父の事件で人生を狂わされた加害者なんだと訴えますが、大友には全く響きません。

そして、あなたの前に立ち続けますよと深山は言い立ち去ります。

この事件は検察側が冤罪と認め石川は無実を証明されました。

感想

★深山の背負ってきた父親の事件とシンクロしながら解き明かしていく真実。最終回は父親の事件と似た事件を解決することで父と同じような目に合わせない、弁護人を助けるという熱い思いが伝わる内容でした。法廷での積年の想いをぐっと抑えながら熱弁する深山の姿は説得力があり法廷のいる人たちの心を動かしたことと思います。大友検事と対面することで検察側が見落とす事件をこれからも突き詰めて真実を追求していくことを誓った深山。この事件を解決したことで深山の闇も少しは取り除けたのかなと。しかし、大友の考えは変わっておらず、逆に深山に対抗心が芽生える印象がありました。1話の時点では佐田も立花も深山のやり方に疑問を持っていましたが、事実は1つ、その1つを追求する深山に影響されていく様子は徐々に分かりドラマ終盤では良いチームワークとなっていたことが分かります。ドラマが終わってしまうのは悲しいですけど、小ネタも含めてキャスト、スタッフ全員で一生懸命つくったドラマだという感情が視聴者にも伝わり毎週爽快な気分で見終われる楽しいドラマでした。
30歳深山の耳

次のドラマは?

7月から「仰げば尊し」が始まります。

寺尾聡さん主演で、弱小高校吹奏楽部が奇跡を起こす物語だそうです!

感動するドラマになりそうですね!!

まとめ

父の事件に似た最後の事件に勝利出来てよかったですね!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報