水族館ガール2話ネタバレ感想!由香の極秘作成資料に感動?

      2016/08/24

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

2話のあらすじ

由香は調餌作業の遅さなどで、相変わらず良平に怒られ続けます。

そんな中、良平と修太は設備会社の主任・猪田から、GW明けに水槽の水抜きをするため、クラゲを移動させるという案を聞きます良平は死のリスクを伴うと反論しますが、電気代削減のためにも、水抜きは必ず実行すると言い返されてしまいます。

一方、由香は一子に、調餌が上手くなりたいと伝えます。一子は、調餌が上達する方法が1つだけあると耳打ちします。

早速由香は修太のもとを訪れ、調餌の最終扇を聞き出します。3日間の特訓で、由香の調餌のスピードは上がり、指定の時間までに作業を終えることができました。

約束通り、長平はイルカのジャンプのサインを教えてくれました。しかしイルカは思うように動きません。そんな由香と良平たちのもとを洋司が訪れ、勤務時間が長いと指摘します。

また、アンケート結果をもとに「イルカと触れ合おう」という企画も提示しました。どうやら水族館の厳しい現状には目もくれていない様です。

由香は人員不足を解消するために、館長から3日後のイルカショーから司会をするよう伝えられます。由香が練習をしていると、拓也がやって来ました。拓也は言葉巧みに、水族館の社員の過去の勤務表をこっそり持って来てほしいと伝えます。断る由香に、拓也はゆっくり考えるよう諭します。

司会デビュー当日、倉庫へ来た由香は、勤務表の入ったロッカーに鍵がかかっていないことを確認します。

本番前、久美子がバックヤードにやって来ました。修太は一目ぼれしてしまったようです。そしていよいよ本番、順調に進んでいた由香の進行でしたが、イルカが交尾を始めたことで、ショーは滅茶苦茶に…。焦った由香はイルカプールに落ちてしまいました。

良平に助けられた由香ですが、笛がないことに気づきます。もしイルカが誤飲していると、命に関わります。良平は、由香に「もう司会はするな」と言い放ちました。

落ち込んでいる由香に、父・晴彦と母・香子から電話が入ります。GWに東京へ来たいという両親の申し出を、由香は必死で断ります。

由香が帰っていると、再び拓也が現れます。嘘の優しさと気づかず、由香は拓也の胸に飛び込みます。その様子を偶然、良平が目撃していました。

次の日、一子は良平に「あれから9年も経つ。自分を許してあげたら?」と諭します。由香は建物の裏で、司会の練習をしていました。

館長は良平に、由香の努力に免じて許してやれと伝えますが、良平は許す気になれません。由香は良平に思いを伝えますが、跳ね返されえしまいます。

次の日の早朝、由香は拓也を呼び出しました。由香が勤務表を持ち出す様子を見ていた良平が止めに入ると、ファイルの中身は勤務表ではなく、由香お手製の水族館のスタッフの努力の様子をまとめたレポートでした。

良平は由香を司会に戻すことを伝えます。笛も無事見つかり、ショーも大成功。良平は由香にC1に合図を出すよう伝え、見事技も成功しました。

一方、良平は由香のお手製レポートを参考に、猪田に趣味の話を持ちかけ、赤クラゲの水槽の水抜きを2週間待ってほしいと頼み込みます。そして見事、先延ばししてもらえることになり、一同は喜びます。

ある日の朝礼で、館長から人員削減のため、スタッフのうち1人が退職しなくてはならなくなったことが伝えられました。

キャスト

嶋由香〈24〉 – 松岡茉優
梶良平〈30〉 – 桐谷健太
今田修太〈30〉 – 澤部佑
磯川陸〈35〉 – 内田朝陽
小柴久美子〈24〉 – 足立梨花
矢神拓也〈26〉 – 西村元貴
森下洋司〈48〉 – 木下ほうか
吉崎一子〈42〉 – 西田尚美
嶋晴彦〈48〉 – 山西惇
嶋香子〈48〉 – 戸田恵子
コウさん〈69〉 – 木場勝己
倉野久幸〈47〉 – 石丸幹二
内海良太郎〈69〉 – 伊東四朗

感想

★由香の一生懸命な気持ちが、少しずつ良平に伝わっているとともに、良平も由香のことを認め始めているので、とても嬉しくなりました。拓也の甘い誘惑に惑わされて、勤務表を渡してしまうのではと心配しましたが、渡すどころか、水族館の魅力をアピールするような資料を作成していて、とても感動しました。
(haru25)

★1話がとても面白かったので、引き続き2話も観ました。2話でも、いろいろ問題は起きて、何とか解決していくという展開でしたが、展開がスムーズでよかったです。主役の女優さんの演技がうまいので観ていて共感できるし、イルカのショーが毎回楽しみです。本社の人がいろいろと水族館つぶしにかかっていますが、何とかつぶれないようにと期待しつつ観ています。
(55歳、やぶりん)

★由香はイルカに対して知識は少ないがひたむきにイルカと向き合う姿や努力が見れて、水族館の飼育員としてやっていく決意をしていよいよこれから面白くなってくるのかなと思いました。一人ひとりのことをよく見ていて、本部と水族館で働く人たちがうまくやっていけるように頑張る姿を見て応援したくなりました。「予想」先輩である梶は、口調はキツイが、一生懸命頑張る由香の姿を見て、本当は気を許し始めているのが見えてきて、今後の恋の展開がありそうだなと思いました。
イルカ 34歳

★2話の感想です。悩みながらもイルカショーに立つことために努力を続ける由香に感動しました!ところどころクスッと笑えるところがあるのもいいですね♪ひたむきに仕事をしている人は、男女関係なくかっこいいなって思えましたね。
桜色さくら18歳

★2話の中身は、サメ男の気持ちが少し動く内容になってましたね。本部からのスパイと思われてた嶋さんが、本当は違うという事がやっと伝わって安心しました。嶋さんの真っ直ぐなところ、早くもっとみんなに理解してもらいたいと観ながら思いました。
やまかげ25歳

3話予想

★由香の両親が東京に遊びに来ているということで、家族に水族館で働いていることが知られるのではと思います。特にお父さんは、海中生物が嫌いと言っていたので、由香の仕事を拒絶してしまうのではないかと思います。また、一人で抱え込んでいる良平の心にも、少しずつ変化が出てきて、周りを信頼できるようになればいいなと思います。
(haru25)

まとめ

次週、両親に水族館勤務がバレてしまうのか?

由香のピンチをフォローしてくれるのが良平だったり?

なんてドラマにありがちな絡みを期待しますがw

次週もお楽しみに!!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報