ザンギ(北海道唐揚げ)の作り方やおすすめ店は?ケンミンショーで紹介

      2016/07/15

2016年6月30日に「‎秘密のケンミンSHOW」では北海道の唐揚げ「ザンギ」の特集が放送されましたね!

ケンミンショーでは観光ガイドブックには載っていない情報が放送されるのでおもしろいですよね^^

今回は作り方などもまとめてみました!!

スポンサードリンク

北海ドーミン熱愛グルメ「ザンギ」とは?

鶏肉を使った代表的な料理といえば「唐揚げ」ですが、北海道には「ザンギ」と呼ばれる鶏の唐揚げとよく似た料理があることをご存知でしょうか?

その名前の由来には中国語で鶏の唐揚げを意味する「ザーギー(炸鶏)」が元であるという説や、鶏肉を骨ごと着る「散切り(ザンギリ)」から名付けられたなど諸説ありますが、発祥は釧路市の唐揚げ店「鳥松」だと言われています!

鳥の唐揚げとザンギの違いは曖昧ですが、一般的にザンギのほうが鶏の唐揚げよりも味つけが濃いところが特徴なんです。

また、ザンギには鳥肉以外にもタコやイカなどの魚介類を揚げたものも存在しているんですよ。

食べられるおすすめの場所は?

「中国料理 布袋」
o0800060013293641075
グランドホテルでシェフをしていた経験をもつ店主がつくるザンギは北海道で広く知られており、「ザンギといえば布袋」と言われるほどの名店なんです。

店内はいつも満席ですが、テイクアウトも可能なのでザンギだけを買って帰る人も多いんですよ!

3度揚げしたサクサクの衣が特徴のザンギは、大ボリュームの7個入りがテイクアウトで570円とお買い得な値段のためとても人気なんです。

「ひろちゃんの 札幌塩ザンギ」
o0800060013432270890
店主こだわりの塩を使って秘伝の仕込みでつくられたザンギは、鶏もも肉の中まで塩味が浸透して揚げ方も工夫されているため、パリパリとした衣の中が柔らかくてジューシーで、他とは違う新食感のザンギが楽しめます!

テイクアウト専門店なので夕食のおかずに買って帰る人が多い人気店なんですよ^^

作り方

1・大きめに鶏肉を切って、常温で3~40分ほど醤油やニンニク、生姜などで下味をつけます。

2・卵や小麦粉、片栗粉を混ぜたものを手で鶏肉に馴染ませます

3・180度の油で90秒ほど揚げます。(冷蔵庫などに保存してた鶏肉が冷たいときは揚げるまえに常温に戻してください)

4・一度油から取り出して4~5分おきます。この間に余熱で鶏肉の中に熱が通ります。

5・40秒ほど二度揚げして油をきれば完成です。

まとめ

北海道のソウルフードと呼ばれるザンギは、店によってその味つけや揚げ方が違うため様々なバリエーションが楽しめます。

北海道を訪れた際には是非この名物料理を味わってみてください(゚∀゚)

関連記事はコチラ:

 - グルメ, 番組情報 , ,