朝が来る5話ネタバレ感想!ひかりが栗原家へ無言電話をした理由

      2016/08/24

ひかりと健太の逃亡生活は続きます。

ひかりが栗原家へ何度も無言電話をした理由が明らかに。

では、「朝が来る」の6話予想と5話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

朝が来るのロケ地は横浜市都筑区!原作あらすじネタバレにキャスト情報も
安田成美の髪型・服がきれい!子供は?朝が来る主演の栗原佐都子役!
川島海荷が金髪の片倉ひかり役で朝が来るに!髪型・服や彼氏情報も
佐津川愛美が朝が来るの後藤香澄役で髪型・服や演技力は?彼氏情報も!
小野塚勇人が朝が来るの山本健太役!髪型・服や演技力は?彼女の噂も?
黒川智花の彼氏・結婚の噂や髪型・服は?演技力についても
原菜乃華が片倉ひかりでおはガールの経歴!髪型・服や彼氏は?

5話あらすじ

4話のネタバレと感想はこちら

朝斗に息づく想い
 佐都子(安田成美)は、朝斗(林田悠作)とともに、広島から帰宅する準備をしていた。そこに来る浅見(石田えり)。朝斗がおもちゃのピアノを弾いているのを見て思わず呟く。
「きらきら星……この曲、ひかりちゃんもよく弾いてました」
朝斗の中にひかりの想いが息づいていることを感じる佐都子。
 一方、その頃、清和(田中直樹)は香澄(佐津川愛美)に誘われバッティングセンターに来ていた。佐都子と朝斗の広島行きを素直に認められない自分に苦悩する清和。そんな清和に香澄は……。
本当に欲しかったもの
 ひかり(川島海荷)と健太(小野塚勇人)が坂上(山田将之)に連れられてやってきたのは、白川朱美(MEGUMI)が営む定食屋だった。坂上の真意が分からず不安になる二人。しばらくして、健太は坂上とともにとある雑居ビルに向かう。そこには見知らぬ男たちが集まっており、デスクには電話が置かれていて……。
 一方、朱美はひかりに対し、「子供のこと考えたら、お金盗むなんてバカなことしないでしょ」と冷たく放つ。何も言い返せないひかり。本当に欲しかったものはお金じゃなかった。本当に欲しかったものは……。
悲痛な想い
 数週間前――ひかりは栗原家の前に立っていた。
大切に思っていた「ちびたん」の家族をなぜ脅かすことになったのか……そこには逃れる事の出来ない運命の悲劇と、そこに隠されたひかりの痛切な悲しみがあり……。
番組HPより引用

5話のネタバレ

無言電話の真の理由とは?

 

佐都子は清和に電話をし、広島観光をしてから夕方に帰ることを告げます。

浅見から広島の味付けをほどこしたおにぎり「広島菜漬けのおにぎり」をお土産にもらった朝斗は、古びたピアノで「キラキラ星」を弾きはじめます。

浅見はひかりも妊娠中によく「キラキラ星」を弾いていたことを思い出し、佐都子に教えました。

同じころ、居候部屋の電気が切れてしまったひかりは、朱美に「この部屋には窓が無いんですね」と言います。すると朱美は「ここにいる限り光は射さないよ」と言うのでした。

 

香澄に呼び出された清和は、一緒にバッティングセンターに行きました。その帰り道、「朝斗と野球をしないの?」と尋ねられた清和は、「運動神経がイマイチだからね」と前置きをしたうえで「朝斗の夢を応援することが俺の夢だ」と答えます。

香澄は小学校のときの卒業アルバムに「優しいお母さんになりたい」という夢を書いたことを話し始めます。その話の最中に顔色が悪くなった香澄ですが、二日酔いとごまかし、妊娠していることを言い出せないでいました。

 

一方で健太は坂上から詐欺の仕事をさせられます。一度は「できない」と断るものの、「ひかりちゃんは君のために自分の手を汚した」と言われ、抵抗できませんでした。

朱美に出産時の写真を見られたひかりは、「会いたいと思わないの?子どものことを考えたら、盗みなんてしないでしょ?」と言われてしまいます。ここで、なぜひかりが盗みを働いたのか、数週間前の回想が始まります。

 

ひかりは金庫から盗んだ30万円を坂上に渡します。しかし、すぐにバイト先の責任者・浜野にばれてしまいます。

浜野はひかりの境遇に同情するものの、警察に届けないわけにはいかないと困った様子です。それでも、本部の人が来るまでにお金を返してくれたら何もなかったことにすると約束してくれました。

ひかりは何とかして30万円を取り戻そうとします。健太には嘘をついてしまったため頼れず、坂上に返すように迫っても一蹴されてしまいました。

追い詰められたひかりは、とうとう栗原家に電話をします。しかし、何も話すことができずに電話を切ってしまいました。こうして、ひかりによる無言電話が繰り返されます。

ある日、電話口に朝斗本人が出たことを契機に、ひかりは妊娠中のことを思い出します。

栗原家の側まで来たひかりは、幸せそうな朝斗と佐都子を目撃し、「自分はこんなに苦労をしているのに、他人から与えられた幸せで暮らしている人がいる」とやるせない気持ちになります。

ひかりはついに「私の子どもを返してください。そうでなければお金を用意してください」と言い出すのでした。

ここで、現在の栗原家に話が移ります。

 

佐都子は、ひかりが家に来た時のことを思い出し、「私たちに助けを求めたのに、朝斗を感じて後悔したと思う」「今でも朝斗を愛しているから、私は朝斗くんのお母さんじゃないと言ったんだと思う」と言い、ひかりを助けてあげたいと言い出します。

一方の清和は、「犯罪者になった彼女に、佐都子と同じ気持ちで向き合うことはできない」と言います。

清和は佐都子に家族を作ってあげられなかったことを気に病んでいて、ひかりが与えてくれた幸せを守ることが自分の使命だと言うのでした。

清和はその夜、香澄から「不倫していた人の子を妊娠しちゃった」と告白されるのでした。

キャスト
安田成美:栗原佐都子
ココリコ・田中直樹:栗原清和
林田悠作:朝斗
川島海荷:片倉ひかり
原菜乃華:片倉ひかり(中学生)
石田えり:浅見
小野塚勇人:健太
佐津川愛美:香澄
山田将之:坂上
MEGUMI:白川朱美
黒川智花
滝沢沙織
小島絵里杏:ひかりの姉
榊原徹士

感想

★ひかりが朝斗を愛する気持ちは変わっていなかったことを見抜いた佐都子はさすがだなと思いました。でも、清和の言い分もわかります。佐都子は自分に幸せを与えてくれたひかりのことをまっすぐに見つめているけれど、清和はそういう佐都子を見ていると「自分が家族を与えてあげることができなかった」という自責の念にさらされるのでしょうね。そんな清和の本音が垣間見えてよかったです。
(エリ・25歳)

6話予想

★香澄が子どもを産むか産まないか、どのような決断をするのか注目しています。いい母親になれるかと不安に思っている香澄ですが、栗原夫妻を通じて、養子に出した親の気持ちや養子を育てている親の気持ちを知り、最終的には産もうと決断するのではないかと予想しています。
(エリ・25歳)

夫の抱える思い
 今ある幸せは、片倉ひかり(川島海荷)さんから授かったもの。
 6年もの間、清和(田中直樹)が抱え続けてきた思い。それを知った佐都子(安田成美)のもとに浅見(石田えり)から、ベビーバトンの説明会で養子を迎えた話をして欲しいと頼まれる。清和への思いもあり佐都子は一瞬ためらうが、そんな佐都子に浅見は「良いことも悪いこともそのまま話してほしい」と言う。
見えない明日
 一方、ひかりは朱美(MEGUMI)が書いた七夕の短冊から、朱美には樹という亡くなってしまった子供がいたことを知る。最愛の子を病気で失い、生きることすら億劫になった朱美を救ったのは、出産前に蒔いた種から出た、たった一葉の百日草の芽だった。
「一度狂った歯車は、そう簡単には戻せない。それでも種を蒔いて明日を生きるしかないんだよ」
朱美の言葉を噛みしめるひかり。しかし、そんな中、坂上(山田将之)の元で詐欺の手伝いをしている健太(小野塚勇人)は苦しみの最中にいて……。
香澄の葛藤、清和の懊悩
 幼少期の母親との関係のせいで母になることに怯えを抱く香澄(佐津川愛美)は、不倫相手との子を中絶するかしないか迷っていた。そんな香澄を清和は食事に誘う。
 無責任に産めば子供が不幸になる、と考える香澄は清和に中絶同意書をつきつける。 「育てられないのになぜ産むのか。俺には否定できない……」とつぶやく清和。 清和はひかりに感謝していた。朝斗(林田悠作)を産み、その笑顔に出会わせてくれたことに。
 答えのない苦しみを抱えた二人。清和は、香澄をベビーバトンの説明会に誘うが……。
会場へ
 数日後、佐都子は、清和・朝斗とともに、会場を訪れていた。
 浅見に紹介された佐都子たちが聴衆の前に着席。そして、それぞれの思いを胸にベビーバトンの説明会が始まろうとしていた……。
番組HPより

まとめ

ベビーバトンの説明会を機に色々な事が変わってきそうですね!

次回もお見逃しなく!!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 ,