OLですがキャバ嬢はじめました最終話(4話)ネタバレ感想あらすじ

   

仕事か恋か、菜奈子の選択は?

では「OLですが、キャバ嬢はじめました」の最終話(4話)あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

OLですがキャバ嬢はじめましたのネタバレあらすじ原作・キャストは?
OLですがキャバ嬢はじめました3話ネタバレ感想!

最終話のあらすじ

キャバ嬢?恋?菜奈子の決断はいかに!?

保にキャバクラで働いていることがばれたことをきっかけに、菜奈子は自分にとって「キャバ嬢の仕事って何だろう」と考え始めました。

入店から一か月で発生する指名ノルマを前に、菜奈子は今までメールや電話などの営業をしてこなかったことを嘆きます。

ここで織田から「キャバ嬢の送るメールとはビジネスメールと同じような位置づけであり、内容は相手に合わせた内容を送ることが大事」と紹介されます。

菜奈子は営業メールを送るものの、客の返事は店の外で会おうというものばかり。思わず怒りをあらわにする菜奈子に向かって、他のキャストは「これがキャバ嬢と客の真の戦い」と慣れたように言います。まだ一人前のキャバ嬢になれていないことを痛感する菜奈子に対し、姫乃は「お客様と接することで成長する」と言うのでした。

キャバクラの仕事にやりがいを感じ始めた菜奈子は、キャバ嬢を見下すことを言う保に対して別れを切り出します。

保は別れたくないといって反論し、勢いでプロポーズまでしてくるではありませんか。しかし菜奈子は、貯金ゼロで仕事にやりがいも感じていない保のことがキャバ嬢を始める前の自分と重なって見え、「もっとしっかりしなよ」と言ってしまいます。

すると保は急に態度を変え、「キャバ嬢やってる女なんてこっちから願い下げだよ」と言うのでした。こうして菜奈子の恋は終わります。

恋より仕事を選んだ菜奈子は前よりも前向きになり、いろいろなことに挑戦したいと思うようになりました。そんな中、指名客の情報を忘れてしまっためぐみをフォローしたことをきっかけに、彼女と和解します。

以前指名をしてくれた外人スティーブからは出版社に勤める川口という男を紹介され、マンガ家にも挑戦することになりました。

キャバ嬢の仕事にどんどんやりがいを見出す菜奈子ですが、客がキャバ嬢を見下すような発言をしたことに対して怒りを感じます。しかし、この客に対して「神対応」を見せたのが姫乃でした。

姫乃は店の外で会うことを望む客に対し「まずはお店でサービスします」と言います。体を触られそうになったら「まずは私を惚れさせて」と言い、男心をうまくくすぐる対応をします。

姫乃の対応を見た菜奈子は「かっこよかった」と正直に伝えました。すると姫乃は「私たちは何も悪いことをしていないから堂々としていればいい」と言うのでした。

菜奈子は新しい道には困難があるが、同時に宝物をみつけることができることを実感します。

もっと自分を成長させたい。そう思った菜奈子は、今夜もキャバ嬢として冒険への一歩を踏み出すのでした。

キャスト
倉持明日香(元AKB48):小泉菜奈子
筧美和子:カズミ
奥仲麻琴(元PASSPO☆):メグミ
成瀬瑛美(でんぱ組.inc):アリス
天乃舞衣子:小梅
高橋胡桃(元アイドリング!!!)
片山萌美
石川梨華(元モーニング娘。):姫乃
永田薫:黒服
福士誠治:福田店長
橋爪涼:横山保

感想

★キャバ嬢よりも恋を選ぶと予想していたので、菜奈子から別れを切り出したことにはびっくりしました。でも、自分自身を成長させることの楽しさに気づき、何事にも前向きに取り組もうとする菜々子の姿にはむしろ好感が持てました。自分磨きをして積極的に生きる女性は輝いていますよね。成長していく菜奈子の姿を通じて、私ももっと頑張っていきたいと思いました。
(結・25歳)

★ななこが彼氏よりも副業であるキャバ嬢の仕事を選んだのは意外な展開で驚きました。ななこが自分磨きにキャバ嬢という仕事を活かしているとこがかっこよく、すごくきれいな女性になれるだろうな、と思いました。
(ナタリー、27歳)

まとめ

菜奈子の選択にはビックリでしたが、頑張っている自分を目標も何もなく生きている人にあんな風に言われたら気持ちもわかるような気がしますね!

次のドラマ「闇金ウシジマくん シーズン3」もお楽しみに^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報