水族館ガール4話ネタバレ感想!C1の最期に由香は?陸の過去とは

      2016/09/06

身体に異常が見つかったイルカのC1。

そんなC1の最期に由香は?そして陸の過去も明らかに。

では、「水族館ガール」の5話予想と4話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

水族館ガールのロケ地は池袋!見どころや原作あらすじネタバレにキャスト情報も

水族館ガール4話3話ネタバレ感想!資格取得でイルカトレーナーに!

ネタバレあらすじ

C1から学ぶ命のリレー

C1に白血球の異常とALPの異常が見つかりました。他のスタッフに心配をかけないため、このことはイルカのスタッフのみで共有することにしました。

久幸はイルカのショーを中止することを洋司に伝えますが、洋司は納得しません。

一方良太郎は、イルカに愛称を付けるのはどうかと提案します。由香は幼稚園児がC1と呼べなくて泣いてしまったことを伝えました。

その意見から、イルカに名前を付けるプロジェクトが始まりました。来園者から名前を募集しようというのです。

勤務中の陸の所に、元カノの弥生がやって来ました。弥生と陸は幼馴染で、両親からは弥生と陸を結婚させ、弥生の病院を陸に継がせる話が出ていました。

しかしそんな陸に中3の夏、転機が訪れます。両親と兄が出先で事故に遭い、飼い犬の体調が悪いと分かっていながら陸は病院に駆けつけました。再び家へ戻ると、飼い犬は瀕死の状態…何もできないまま飼い犬は死んでしまったのです。その出来事をきっかけに、陸は獣医を志し始めました。

由香は良平に腕時計が壊れたことを話すと、良平は自分の腕時計を差し出し「お前はC1から目を離すな」と言います。

由香が合コンの欠席連絡をしていると、一子が由香の携帯を奪い、出席する旨を伝えました。一子はC1の調子が悪いことに気づいていたのです。一子は、久美子を想って頑張っている修太のためにも合コンに行くよう頼みます。修太は嫌がる良太を無理やり連れて、合コンに行きました。

手長エビだと出された料理が、アカザエビだと指摘する修太ですが、それはそれで好評です。

由香はC1の様子が気になって、場を離れて電話をかけました。

由香のいない間、久美子以外の女性陣が、由香が酔いつぶれて男とホテルに入る写真を良平に見せます。しかし、良平はその写真を削除しました。

電話をかけ終えた由香の所へ、元カレの拓也がやってきました。拓也は、もう一度やり直して欲しいと言いますが、由香は拓也を褒めながらも断ります。その様子を良平が見ていました。

2人はC1の様子を見に、水族館へ戻りました。良平と由香が話をしていると、C1が急に高くジャンプしました。良平は「C1ジャンプしたいのかも…お前のおかげだ」と由香に伝えます。

久幸がC1の調子が悪いことを洋司に伝えると、洋司は「ショーに出られないのに無駄にエサ代がかかるのもな」と無神経なことを言い、拓也や久美子を怒らせます。餌をほとんど食べなくなったC1は、いつ何が起きもおかしくない状況でした。

イルカプールには他のスタッフも集まりました。皆C1のことが心配でたまらなかったのです。

良平と陸が、由香の成長について話していると、由香がC1が不自然に暴れると駆け込んできました。

心拍数が上がっているため、点滴を打つことに…由香は水中でC1を支えると言いますが、良平は感情的にならず、今できることをしろと叱咤します。

弱っていくC1から顔を背けてしまう由香ですが、良平は最期を見届けろと伝えます。

沈んでいくC1を追いかけ、陸と良平がプールに飛び込みました。由香は涙が止まりません。

他のスタッフも沈痛な面持ちでプールを見つめます。その後、剖検すなわち病理解剖が始まりました。

剖検を見学していた由香でしたが、胃に菓子袋が入っていると聞き、倒れてしまいます。

目覚めた由香に良平は「剖検は動物の体を知るチャンスなのに倒れるなど言語道断、ここの生き物はお前のペットではない」と言い放ちます。

由香は、自分の掃除が不十分だったせいで、C1が菓子袋を飲みこんだと言いますが、良平はおそらく急性肺炎だと言います。

落ち込む由香に、一子は良平も初めの剖検で倒れたことを教えます。

一子は愛着の湧いた動物の臓器を取り出して調べる剖検に、歯を食いしばって飼育員としての姿勢を保つことで、皆成長すると諭します。

由香の中にプロフェッショナルになりたいという思いが再燃しました。

その時、コツメカワウソの赤ちゃんが生まれたと喜びの声が上がりました。良太郎はスタッフに向けて、命のバトンを受け継ぐためには、常に前を向くことが水族館スタッフの使命だと言いました。

帰り道、由香は母に「産んでくれてありがとう」と電話をしました。母からの「生まれてくれてありがとう」の言葉にしんみりする由香でした。

陸は弥生に獣医を辞められないことを伝えました。そんな陸に弥生は、陸と一緒に両親を説得すると言ってくれました。

イルカたちの名前も無事決まり、由香もトレーナーとして活躍するようになりました。

洋司はアメリカからイルカセラピストの沢渡夏子を呼んで、トークショーを開こうと提案します。

この夏子が良平の恋人だと知って、由香の気持ちは少し沈みます。落ち込む由香に追い打ちをかけるよう、久幸が由香に異動を言い渡しました。

キャスト

嶋由香〈24〉 – 松岡茉優
梶良平〈30〉 – 桐谷健太
今田修太〈30〉 – 澤部佑
磯川陸〈35〉 – 内田朝陽
小柴久美子〈24〉 – 足立梨花
矢神拓也〈26〉 – 西村元貴
森下洋司〈48〉 – 木下ほうか
吉崎一子〈42〉 – 西田尚美
嶋晴彦〈48〉 – 山西惇
嶋香子〈48〉 – 戸田恵子
コウさん〈69〉 – 木場勝己
倉野久幸〈47〉 – 石丸幹二
内海良太郎〈69〉 – 伊東四朗

感想

★4話 「感想」 主人公の松岡さんの役柄にイラッとするのですが、なぜか憎めない感じが不思議です。今回は恋愛だけではなく、親子や仕事への気持ちなどいろいろな思いについての素敵なストーリーだと思いました。主人公の今後も気になりますが新たな問題が出てきそうで楽しみです。個人的に木下ほうかさんの動きが気になって仕方がないです。  ののぼん 41歳

★毎週楽しみにこのドラマを見ています。第4話の感想ですがイルカの体調で涙を流してしまいました。由香の演技に感動しました。次回の予想ですが予告編から恋の展開なのですね。次回の放送をとても楽しみにして待っています。

★今週は、命の尊さを改めて感じることができました。当たり前のように行って楽しんでいる水族館の裏側で、スタッフの懸命の看病や、動物たちの生と死、原因を突き詰めるための剖検が行われていることを知り、水族館の見方が変わりました。
haru 25

★まゆちゃんが大好きで毎週観ています。イルカの「C1」が死んでしまう展開は意外でした。でも、二人の距離はぐっと近づいたようですね。90年代のドラマのようで、観ていて少し恥ずかしくなる時もありますが、ついつい観てしまいます。   
在宅みーママ 41歳

★不思議です。今回は恋愛だけではなく、親子や仕事への気持ちなどいろいろな思いについての素敵なストーリーだと思いました。主人公の今後も気になりますが新たな問題が出てきそうで楽しみです。個人的に木下ほうかさんの動きが気になって仕方がないです。  
ののぼん 41歳

予想

★良平の恋人がトークショーに来ると知って、由香は自分が良平に抱いている気持ちに気づくと思います。しかしそれと同時に、良平の恋人である夏子は、良平の由香への気持ちにも気づくのではないかと思います。異動が決まった由香は、これまでとは違った業務で大変な思いをしながらも、持ち前の明るさと努力でこなしていくのではないかと期待します。
haru 25

まとめ

命とは儚いものですが、そこから学ぶことも多いですね。

次週もお楽しみに!!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報