林家木久扇の結婚相手の奥さん・子供や年収は?がんなど病気について

   

2016年7月21日放送の「スタジオパークからこんにちは」にみんなのうたで話題!笑点でおなじみの林家木久扇さんが出演!

結婚相手の奥さん・子供などの情報は?年収やがん?病気についても調べてみました。

スポンサードリンク

林家木久扇さんのプロフィール

林家木久扇(はやしやきくおう)さんの本名は豊田洋(とよたひろし)さん、1937年生まれの78歳。

出身地は東京都、落語家であり、画家や漫画家として「木久ちゃん」の愛称で親しまれていますね!

小さいころ、東京大空襲で店が全焼し家族が離散、その為小学4年から新聞配達で家計を支えてきたそうです。

その頃から、貧乏を嫌い「金はあるに越したことはない」という考えを持ったとのこと(・_・;)

1958年「漫画サンデー」で漫画家デビューしましたが、1960年に落語家へ転身しちゃいました(^^)v

1969年から「笑点」のメンバーとして出演、その他、声優や歌手など落語家以外でも活躍中です!

結婚相手の奥さんや子供について

林家木久扇さんは、1967年に当時の本牧亭席亭の妹の武津子さんと結婚しました。

そして、1975年に息子・宏寿(ひろひと)さんが生まれました。

宏寿さんは、2007年に「2代目林家木久蔵」を襲名し落語家として活躍していますね!
image
そして、JARO日本広告審査機構のCMに親子で共演!「ジャロにいったらどうじゃろう?」のキャッチフレーズが印象に残っていますね(^^♪

年収や病気について

林家木久扇さんは、2000年に胃がんで手術、2014年には初期の咽頭がんのため芸能活動を一時休止していました。

それまでの40年数年間、一度も休んだことがなかった長寿番組「笑点」も、週5の放射線治療のため欠席!!

思うように声が出せなかった当時は「芸人として廃業の恐怖と隣り合わせ」だったそうです(>_<) 今では完治して、あの黄色い着物で、またおバカキャラが復活しました♪ファンも一安心ですね。 そして、気になる林家木久扇さんの笑点でのギャラですが、少し前の情報では1回の出演で30万だとか…笑点は2本取りなので60万ということですね(^^)v

その他、地方営業になると人によりピンキリだそうですが、笑点メンバーだと50万くらいのようですよ!いまはもっと高いかもしれませんね(^^♪

現在の活動

7月21日放送の「スタジオパークからこんにちは」にNHK「みんなのうた」で長男の木久蔵さんと孫2人、そして元オフコースの鈴木康弘さんとユニット「木久ちゃんロケッツ」を結成した林家木久扇さんが出演されます。

「みんなのうた」は放送55周年を迎え、落語家が歌うのは初めてだとか(^^♪

抱腹絶倒の落語人生だった林家木久扇さんからどんな話が聞けるのか楽しみですね!

まとめ

東京大空襲を体験し、小さいころから苦労してきた林家木久扇さん。

現在は「笑点」レギュラーメンバーの中で連続出演期間が1番長いとか…その他にも、社団法人落語協会理事や全国ラーメン党会長に就任するなど幅広く活躍中です。

これからの活躍にも注目ですね!

関連記事はコチラ:

 - 芸人