ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子2話ネタバレ感想!東海林が犯人を殴る理由

      2016/09/06

比奈子と東海林の過去がわかり始めた「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」。

犯人を殴り続ける理由がわかりましたね!

では、3話予想と2話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子ロケ地・結末までのネタバレ・キャスト
林遣都の経歴や彼女・結婚の噂や演技力は?かっこいいイケメン俳優

ネタバレあらすじ

ONドラマ藤堂比奈子1話ネタバレ感想はこちら

警察官から追われ、空き地を逃げる黒ずくめの男を取り逃がしてしまった。

するとそこには椅子に座ったまま冷凍された2体の遺体が発見される。妙子(原田美枝子)によると、2人は兄弟で、殺害後に冷凍されたらしい。

調べていくうちに3ヶ月前に閉店した冷凍設備のある店が浮上した。

住んでいるはずの父親と3人の子供はいなかった。

店には今もなぜだか動いている大型の冷凍庫があり、中にはテーブルと椅子の腰かけたまま凍らされているこの店の主人・霜川幸三(螢雪次朗)と長女の由美(赤間麻里子)で、長女の遺体はなぜか微笑んでいた。

解剖の結果、父親は死後2年間、冷凍庫に入れられていたこと、先日の冷凍遺体は長男と次男だということと、3人の子供たちには複数の古い傷跡があり、虐待を受けていたというのだった。

それを見た比奈子(波瑠)は真相を追っている途中で、中島先生から犯人の人物像について、『家族ではないが一緒に暮らしていた人物』というとても興味深いメールが送られてきます。

ここで、解剖結果には続きがあり、長女の由美はかなり昔に帝王切開をしたあとがあったということを知る比奈子は真相を突き止める。

比奈子は東海林(横山裕)とともに犯人の潜伏先と見られる霜川幸三が愛人に買った家へ向かう。

まるで冷凍庫のように冷やされた室内。二手に分かれて捜索することに。

東海林は男にスタンガンで襲われ気絶してしまう。

そして比奈子の前に姿を現した男は幸三が娘の由美に産ませた子供で認知されていない、つまり戸籍を持たない青年ケンジ(間宮祥太朗)でした。

幸三を凍らせたのは本人の願いであったこと。そのうえで家族を集めればお前も家族と認めると言われたケンジは幸三の遺体を凍らせ、家族がバラバラにならずに一緒に暮らせるように兄弟をも凍らせたのだった。

両親に愛されたかったケンジは、由美に自分は兄弟ではなく息子なんでしょう?と最後に問いかけるが、そんなことは消したい過去だと言われた拒絶されたケンジ。由美に笑ってほしかったのだ。

出生届も出されず孤独だったケンジは、最後に凍らせ理想の家族を作ったが、遺体を回収されたことで新たに家族を作ると言い出す。

比奈子に水をかけ、窒素をかけようとするが、目を覚ました東海林が阻止し、ケンジを何度も殴り続ける。

東海林には、5年前に変質者に妹を殺害された過去が明らかになるのであった。

キャスト
藤堂比奈子 – 波瑠
東海林泰久 – 横山裕(関ジャニ∞)
倉島敬一郎 – 要潤
片岡啓造 – 高橋努
清水良信 – 百瀬朔
月岡真紀 – 佐藤玲
中島保 – 林遣都
三木健 – 斉藤慎二(ジャングルポケット)
藤堂香織 – 奥貫薫
早坂雅臣 – 光石研
石上妙子 – 原田美枝子
厚田巌夫 – 渡部篤郎

感想

★認知されない青年の犯罪だとわかり、その青年がいままでずっと戸籍がないまま、世間に認められずどんな気持ちで生きてきたか想像しただけで、胸が苦しくなり、とても切ないお話でした。
ゆう 26歳

★今回の犯罪も以上だったが、戸籍がなく母にも拒絶され孤独だった青年の気持ちを考えると辛くなった。現実にもそんなことがあるのかと思うとなんとも言えない思いでした。
あき 32歳

★2話感想。主人公である比奈子のキャラクターが非常に良いですね。2話の殺人犯と会話をしている際、恐怖よりも好奇心が勝っている様子がひしひしと伝わってきます。メンタルクリニックに勤める中島との会話は、私達の日常と遠い世界を感じさせてくれます。
よしお、55歳。

予想

★事件が起こる度に、その犯人を異様なまでに興味を持ち、1人で接触しようとする比奈子を、とても興味深いと感じた中島先生は、比奈子の事について色々調べ始め、分析をしだす。するととても興味深い事がわかってくる。
ゆう 26歳

比奈子の自宅の近所の、近隣住民から幽霊屋敷と呼ばれている廃虚で、それぞれ体の一部が切り取られた4体の遺体が発見される。被害者はいずれも若い女性で、犯人は殺害後、遺体に自らが用意した服を着せ、切り取った体の一部を持ち去ったと見られる。先日の冷凍殺人の一件で、中島(林遣都)が犯人像の特定に一役買ったことを東海林(横山裕)から聞いた厚田(渡部篤郎)は、今回の事件のプロファイリングを中島に頼むことに。

一方、倉島(要潤)と聞き込みに行った比奈子(波瑠)は、遺体発見の前日、幽霊屋敷に雨がっぱを着たオバケがいるのを見たと証言する少女・吉田遙香(住田萌乃)に出会う。さらに遙香は、一週間前にも自宅近くで同じオバケを見たという。聞き込みを進める中で、比奈子と倉島は遥香とその母親・佐和(中島亜梨沙)と親しい仲で近所のクリーニング屋を営む佐藤都夜(佐々木希)と知り合う。都夜は、佐和が以前から男性のストーカーに付きまとわれており、雨がっぱを着たオバケと関係しているのではと比奈子と倉島に相談する。
やがて、遺体に着せてあった服が、あまりに被害者にぴったりのサイズだったことから、犯人がデザイナーではないかと推理した比奈子。そのうえ、遺体を切り取った道具が、デザイナーが使うような特殊なハサミだったことも判明する。

そんななか、妙子(原田美枝子)は先日、自殺と思われる不審な死を遂げた宮原、大友、鮫島の3人に共通点を見つけたと比奈子に話す。3人の脳内には、同じ箇所に腫瘍が発生していたというのだ。しかし、その原因はいまだ謎のまま……。その頃、捜査本部には中島がやって来て――。

番組HPより引用

まとめ

比奈子の過去が気になりますね!

次回もお楽しみに^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報