家売るオンナ3話ネタバレ感想!捨てたい男と捨てられない女の共存

      2016/08/24

捨てたい男と捨てられない女の共存は出来るのか?

では、「家売るオンナ」の4話予想と3話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

家売るオンナロケ地は?結末までのネタバレあらすじ・視聴率・キャスト
工藤阿須加の彼女や結婚の噂やかっこいい髪型・服に演技力は?経歴も
千葉雄大の経歴や彼女・結婚に演技力は?かっこいい髪型・服について
新木優子の彼氏・結婚の噂やかわいい髪型・服に演技力は?経歴情報も

ネタバレあらすじ

2話ネタバレ感想はこちら

【狭小住宅の新しい住み方】

万智が来てから営業成績はウナギ登りです。しかし大は、万智が本社からのスパイなのではと不安がります。

朝礼で大は現地販売ウィークに売り上げを上げるよう話します。

サンルームのある一戸建ては庭野聖司と足立聡が、外国人向けのマンションは布施誠と八戸大輔が、建坪5坪の狭小住宅は宅間剛太と白州美加が担当すると発表されたが、三軒家チーフは狭小住宅は2人には売れないと言い切ります。そして3件ともまとめて自分が売ると宣言しました。

 

サンルームのある一戸建てはマダムキラーの足立のおかげで大繁盛です。そこへサングラスをかけた一人の女性がやって来ました。

足立はその女性に目をつけ、丁寧に説明を始め、この物件はこの女性が即金1億で買い上げました。

 

その頃、万智の所に夏木桜(はいだしょうこ)が、お茶の水にあるマンションを売りたいとやって来ました。

そのまま見学に出かけた万智は、桜の部屋に入り、物の多さに唖然とします。

物を捨てられない性格の桜に、万智は会社のレンタルスペースで一端荷物を預かることを約束しました。

 

一方、外国人向けのマンションには外国人夫婦が訪れていました。

大輔は得意の英語で説明しますが、夫婦は激怒しながら帰ります。その夫婦は英語圏の人間ではなかったようです。

 

3件目の狭小住宅では、太った客が階段で詰まっていました。男性はようやく抜けましたが、怒って帰ってしまいました。

 

大は外国人向けのマンションが苦戦することを伝えましたが、万智はすでに大家族向けとしてSNSで拡散していました。直後から会社の電話は鳴りやみません。

万智のもとへも、物件を売りたいと1本の電話が入りました。万智は聖司とともに電話の主である博人(中野裕太)のもとを訪れました。博人は最低限の荷物しか持たない、ミニマリストでした。

博人は小さな部屋への引っ越しを希望していました。万智が「彼女もお捨てになりましたか?」と問うと、博人は肯定します。しかし結婚願望がないわけではなさそうです。

万智は桜が売りたがっているマンションへの内見を勧めました。実は2人は付き合っていたのです。

桜は「この人には売らない」と言い切りますが、博人は無理やり部屋へと入っていきます。

万智は、これ以上捨てるものがないと困っている博人の力を借りて、桜の部屋を片付けさせようとしていました。

2人は意気投合し、関係をやり直して一緒に片づけることを誓います。

 

その頃、バーでは大がこころに離婚の経緯を話していました。

大は休日が土日であればと、少しは違ったのではと悔やみます。

 

次の日、博人と桜は片付けに追われていました。

なかなか捨てられず作業が進まない桜に、博人は怒って帰ってしまいます。追いかけた万智は、別の物件を紹介すると約束します。

実はこれは万智にとって想定内でした。そして博人と桜は再びくっつき、家を買うと断言します。

外国人向けのマンションは、大家族の購入が決定し、残すは狭小住宅のみとなりました。

万智は占い師に扮し、博人にカードを引かせます。青色が運命の色だと言った占い師の言葉から、博人は桜と再会した時に桜が来ていた服が青だったことを思い出しました。

次の日、剛太と美加が現地販売をしていると、一台の大型トラックがやって来ました。そこに乗っていたのは万智と聖司です。万智は3人にトラックの荷物を運ぶよう指示します。

そして万智は博人に電話をかけ、現場へ呼び出しました。狭小住宅の1階を居住スペースとして紹介した後、万智は3階へと案内しました。

扉を開けると、そこには桜の姿がありました。万智はタイプの異なる2人の居住スペースを分け、2階で一緒に食事をするという住み方を提案したのです。

2人は購入を決めました。

キャスト
三軒家 万智 – 北川景子
屋代 大 – 仲村トオル
白州 美加 – イモトアヤコ
庭野 聖司 – 工藤阿須加
足立 聡 – 千葉雄大
布施 誠 – 梶原善
八戸 大輔 – 鈴木裕樹
宅間 剛太 – 本多力
室田 まどか – 新木優子
珠城 こころ – 臼田あさ美

感想

★価値観の違うカップルを3階建ての狭小住宅の1階と3階に住まわせたり、外国人向けを大家族向けとして押し出したり…今回も斬新な発想で驚かせてくれました。聖司と美加は最終回までに家を売ることができるのか…この2人の成長にも期待したいと思いました。
(haru 25)

予想

★万智が婚活料理教室に参加するということで、仕事人としてのイメージとは少し異なった、万智のプライベートな面も見えるのではないかと思いました。また、少しずつ聖司は万智のことが気になり始めていると思うので、そちらの方も発展があればと思います。
(haru 25)

屋代(仲村トオル)はカリスマ料理研究家・沢木峰乃(かとうかず子)に高級マンションへの住み替えを提案する。峰乃は話を聞く代わりに自分が主催する婚活料理教室に女性を連れて参加してほしいと頼む。人数合わせの女性が見つからず途方に暮れる屋代に、意外にも万智(北川景子)が参加したいと手を挙げる。

婚活に参加した男性陣は万智の美貌に魅了されるも、そのドSな態度にドン引き。プロ顔負けの腕前で料理は成功するが、婚活は惨敗に終わる。一方、美加(イモトアヤコ)は一方的に想いを寄せる足立(千葉雄大)とお酒を飲んで泥酔。公園のベンチで寝ているところをホームレス風の男性・富田(渡辺哲)に声をかけられて意気投合する。

その頃庭野(工藤阿須加)はこころ(臼田あさ美)から、万智のことが好きなのでは?と指摘されドギマギ。婚活の帰り道、いつになく落ち込んだ万智を元気付けようと飲みに誘った屋代は、万智から意外な言葉をかけられ、勢いでキス!その様子を庭野が目撃する…。そんな中、屋代は峰乃から実は事業がうまくいっておらず、莫大な借金を抱えていることを打ち明けられ…。
番組HPより引用

まとめ

ミニマリストと捨てられない女との同棲は難しいのではと思いましたがうまくまとまってよかったですね!

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報