ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子3話ネタバレ感想!パーツを持ち去る理由

      2016/09/07

次々と被害者女性からパーツを持ち去る犯人。その理由とは?

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」4話予想と3話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子ロケ地・結末までのネタバレ・キャスト
林遣都の経歴や彼女・結婚の噂や演技力は?かっこいいイケメン俳優

ネタバレあらすじ

ONドラマ藤堂比奈子2話ネタバレ感想はこちら

殺人犯に興味がある理由は自分を知りたいから。

比奈子が持っていたナイフは殺人犯と対面した時、いざという時に使う為だった。

こわいということがわからない比奈子は恐怖だけでなく感情もないということがわかり中島は比奈子をサイコパスと判断し、データに打ち込んだ。

 

戦前に建てられた大金持ちの屋敷で、現在は廃墟となり近隣住民から幽霊屋敷と呼ばれている建物内で事件が起こる。

第一発見者は肝試しに入った大学生。

20〜30代ぐらいよ若い女性の体のパーツが切り取られた遺体が全部で4体見つかった。

まず一人目はミイラ化している赤いイヴニングドレスを着た状態で両腕が、二人目はエプロン姿で臀部が、三人目はネグリジェで布団に寝かされ胸部から腹部が、四人目は緑色のドレス姿で大腿部から両脚がそれぞれ切り取られた持ち去られていた。

いずれも犯人が用意した衣服を着用させ屋敷内で殺害・切断したということで、比奈子にとって興味深い猟奇的な事件だった。

前回の冷凍殺人事件で犯人像の特定に一役買ったことから、今回もプロファイリングを中島(林遣都)に頼むことになった。

倉島(要潤)と行動を共にすることになった比奈子(波瑠)は、「まるで着せ替え人形のよう…パーツを繋ぎ合わせるのかな?フランケンシュタインみたいに?」と平然と話す。

すると、嘘つきと言われいじめられている少女・吉田遙香(住田萌乃)に出くわす。

何があったのか尋ねようとすると、遙香の知り合いで近所のクリーニング屋店主・佐藤都夜(佐々木希)が不審者だと思い声をかけてきた。

佐藤の知人でバレエ教室の講師をしている遙香の母親・佐和(中島亜梨沙)の元へ行き、遙香から事情を聞くことに。

昨夜、雨がっぱを着たオバケが幽霊屋敷に、そして一週間前にうちの近くにもいたと話す遙香。

佐和が以前の勤め先の飲み屋の男性客がしつこく、ストーカーされ付きまとわれていたことから関係性を指摘する都夜。

そして、遺体が着用していた衣装は体にぴったりフィットしていたことから、オリジナルではないかという見解になった。

しかし、事前にサイズでも知ってない限りは難しく、犯人はデザイナーかなにかではないかと比奈子は言う。

そして、その見解はいい線だと妙子(原田美枝子)は語る。

遺体をパーツの切り口が特殊で、デザイナーが使うような断ち切りばさみだったのではないかというのだ。

一人目は計画性のない犯行だが、他の3人は切り取ったパーツを保存するかのように血抜きをするというまるで作業のようだったという。

また、被害者と同じように自殺をした宮原、大友、鮫島の3人の脳内に同じ腫瘍があったと話す。

誰かが意図的に作った腫瘍なのか…原因はまだわからなかった。

そして一人目の被害者の身元が判明する。

二階堂澄香というモデルで、姿を消す一ヶ月前から雨がっぱの何者かにストーカーされていたという。

そこへ永山という自称デザイナーで傷害とストーカー規制法で前科ありの男が連行される。

永山は殺害された女性たちに付きまとい、吉田佐和にも脅迫メールを送っていたのだという。

4人の女性の顔のタイプはバラバラで、パーツにこだわりそれぞれ最も美しいパーツを持ち去っていたのだ。

しかし、容疑は濃厚だが、永山の犯行だという決定的な証拠がなかった。

すると、永山の弁護士からの多額な示談金を受け取った吉田佐和が被害届けを取り下げ、永山が釈放されてしまった。

すると都夜から佐和が男に連れて行かれたという電話が比奈子に入る。

警察が佐和の自宅に駆けつけると部屋には遙香が倒れ都夜が付き添っていた。

急いで救急車で運ばれる遙香。

東海林から病院で付き添っていろと言われた比奈子は、遙香の着替えを預かっているという都夜の自宅へ2人で取りに行き、病院へ向かうことになる。

クリーニング店で、これでものんで落ち着いてと出されたお茶にいつも通り七味唐辛子をふりかけ飲み干した比奈子は都夜と病院へ向かった。

車内で中島からのプロファイリング結果を見る比奈子。

『事件の犯人は自らの体が不完全であることを嫌悪し、完全な人体パーツを奪い去ることで完全な自分になることを望んでいる。犯人はコンプレックスを抱えた…』

とメールを読み、中島に電話が繋がったところで比奈子は眠ってしまった。

 

一方、東海林は中島からのプロファイリング結果を読んでいた。

「…犯人はコンプレックスを抱えた女性。それも被害者たちと近しい、一見すると何もコンプレックスを持っていないような人物」

東海林に中島から比奈子と連絡が取れなくなったことが電話で知らされる。

 

比奈子と佐和は手足を縛られ都夜から襲われそうになっていた。

被害者たちの美しいパーツの皮をマネキンに貼り付けていた都夜。

佐和の背中で完成するが、比奈子の顔も気に入りマスクを作りたくなっちゃった…という都夜。

比奈子はバッグに忍ばせたナイフに手が届きそうなところで4話につづく。

キャスト

東海林泰久 – 横山裕(関ジャニ∞)
倉島敬一郎 – 要潤
片岡啓造 – 高橋努
清水良信 – 百瀬朔
月岡真紀 – 佐藤玲
中島保 – 林遣都
三木健 – 斉藤慎二(ジャングルポケット)
藤堂香織 – 奥貫薫
早坂雅臣 – 光石研
石上妙子 – 原田美枝子
厚田巌夫 – 渡部篤郎

感想

★一見人殺しとは無縁のように美しい女性が犯人だったので、ドラマの展開としてとても面白かったです。あまりにも身近にいた人物が犯人だったのたで、実際自分の身近にももしかするといるのかもしれない。と思ったら、とても怖くなりました。
ikupopopo33歳

★最初から佐々木希が犯人ぽかったから今回はなんとなく読めてつまらなかった。次週に持ち越す意味がよくわからないけど、視聴率稼ぎ?なら切るところが微妙だと思った。
あき 32歳

予想

★心を持たずに生きてきた比奈子は、自分の本質も殺人鬼と同じなのではないか、と思っていた。殺人鬼になる人の人を殺す時のスイッチを探しているうちに、自分にも似たようなスイッチがある事に気づく。
ikupopopo33歳

体の一部を切り取られた4人の若い女性の遺体が発見され、新たに事件現場の近くに住む佐和(中島亜梨沙)が何者かに連れ去られた。佐和と親しい佐藤都夜(佐々木希)によると、佐和は以前からストーカーの男につきまとわれていたという。しかし実際は、一連の殺人事件も佐和を狙ったのも、すべて都夜の犯行。その目的は、彼女たちの美しい皮膚を手に入れることだった。さらに、比奈子(波瑠)の顔を気に入り拉致した都夜は、顔の皮でマスクを作ろうと、比奈子にハサミを突きつける。犯人の正体に気付いた東海林(横山裕)も、中島(林遣都)と比奈子の行方を追うが――。
一方で、自殺と思われる不審な死を遂げた宮原と鮫島の死に際の映像がなぜかテレビで放送される。どうやら、何者かが匿名でテレビ局に送りつけたらしい。番組には、中島の上司でハヤサカメンタルクリニックの院長・早坂雅臣(光石研)が出演。この現象を“神の裁き”と呼び、凶悪犯罪に対する抑止力になると明言する。
テレビ局から押収したDVDには、白衣姿の医師が注射で自殺する映像も残されていた。警察が知る限り、ほかにも小学生を殺害した男が心臓をナイフで突いて自殺、殺人犯の大友も留置場で頭を砕いて自殺している。厚田(渡部篤郎)は、誰かが一連の出来事を世間に公表しようとしていると指摘したうえで、故意に自殺を誘発している人物を調べ上げ、食い止めるよう指示する。

番組HPより引用

まとめ

まさかの佐々木希さんが犯人でしたね!なぜコンプレックスを抱えているのか?

次回もお楽しみに

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報