仰げば尊し3話ネタバレ感想!樋熊に根負け!青島木藤良も吹奏楽部に

      2016/08/24

とうとう樋熊に根負け!青島・木藤良も吹奏楽部に?

TBS日曜劇場「仰げば尊し」の4話予想と3話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

仰げば尊しロケ地や原作・最終話までのネタバレあらすじ・キャストは?
寺尾聰の結婚相手の奥さん・子供や年収は?父は誰?実は二世俳優
村上虹郎が仰げば尊し青島裕人!二世俳優の両親・彼女・結婚について
石井杏奈が仰げば尊し有馬渚!彼氏・結婚やかわいい髪型について
佐野岳の演技力がかっこいい!結婚に熱愛彼女や小林豊との仲について
高畑裕太は整形?彼女・結婚や演技力は?身長体重などのプロフィール
健太郎の彼女・結婚や演技力は?かっこいい髪型の塩顔イケメン俳優
高杢金也:太賀
安保圭太:北村匠海

あらすじネタバレ

仰げば尊し3話2話ネタバレ感想はこちら

2年前の学園祭でライブをめちゃくちゃにし、青島(村上虹郎)の手に怪我を負わせた先陣内(高畑裕太)たちに拉致された高杢(太賀)と桑田(佐野岳)。

樋熊(寺尾聡)の勧めで吹奏楽部に安保(北村匠海)たち3人が入り表面上は分裂したかに見えた青島たち不良グループだが、青島は助けるべく木藤良(真剣佑)と2人で高杢たちが待つ場所まで駆けつける。

その姿を偶然見かけた樋熊は後を追うと、陣内に殴りかかりにいく青島たちを見つける。

止めに入ろうとした樋熊だが、事態は警察沙汰に。

教頭の鮫島(升毅)は度々問題を起こしていた青島と木藤良をこの機会に退学にしようとするが、高杢たち仲間を助けたい一心だったから、今回は大目に見てほしいという樋熊。

そこへ「教育委員会へ報告する為私が預かる」と小田桐校長(石坂浩二)が申し出て鮫島は食いさがる。

 

一方、吹奏楽部では技術の向上を図る為、各楽器のパートをまとめるリーダーを決めるオーディションを開催することに。

青島たちに認めてもらおうパートリーダーを目指す安保、高杢、桑田たちは楽器を持ち出し、以前バンドの練習をしていた海辺の倉庫へ行き、毎日練習に励んでいた。

それは、サックスで音楽留学しようとしていた木藤良も同じで、3人がいない間に倉庫で演奏していたのだ。

その様子を面白く思わない陣内は、ある日倉庫をめちゃめちゃに荒らしていた。

3人が練習する様子をみていた木藤良はうまく演奏出来るように教えてあげるといい倉庫へ向かう。

すると倉庫はめちゃめちゃになっていた。

荒らされた様子をみた青島は陣内の元に殴り込みにいこうとするが、「俺たちはとっくに壊れていたんだ。こんなものがあるからいけないとバンドの思い出の品を壊し出す」

もう一度音楽で壊れたものを取り戻したらいい。陣内にはもう関わるなという声が心に響いた青島だった。

 

その夜、樋熊が家に帰ると娘の奈津紀(多部未華子)に手の怪我を指摘される。

転んだという樋熊だが、奈津紀は先日スーツが破られていたこと、顔に怪我を負っていたことなどから、青島にやられたのではないかと考える。

 

翌日、心配になった奈津紀は小田桐の元へ行き、樋熊をやめさせてほしいと話す。

しかし小田桐は樋熊は無理をしていないからその様子をみてほしいも音楽室へ案内する。

その頃音楽室ではパートリーダーを決めるオーディションをしていた。

安保たちが次々披露するが、なかなかうまい演奏は出来ない。

同じ頃、青島は陣内たちの溜まり場へ向かっていた。

陣内を前に土下座をし、俺たちに関わらないでほしい。3人わ放っておいてくれるかわりに俺を好きなだけ殴れという青島。

最初は殴る陣内だが、樋熊も同じ事を言っていたという。

樋熊の手の怪我は陣内の元へ行った時のものだったのだ。

そんな2人の気持ちをくんで陣内は仲間を連れて立ち去った。

 

音楽室でのオーディションが終わり、パートリーダーにはなれなかった3人だが、そこへ現れた青島と木藤良。

2人は、樋熊がうるさいから吹奏楽部に入ってやると言い出す。

喜ぶ3人と有馬渚(石井杏奈)たち。

青島はトランペットを木藤良はサックスを担当する事になった。

その様子をみていた奈津紀は少し安心したものの家に帰りある書類に樋熊のことを記入していた。

その封筒にある宛先は、ある病院へのものだった。

キャスト
樋熊 迎一 – 寺尾聰
樋熊 奈津紀 – 多部未華子
木藤良 蓮 – 真剣佑
青島 裕人 – 村上虹郎
有馬 渚 – 石井杏奈(E-girls)
安保 圭太 – 北村匠海(DISH//)
高杢 金也 – 太賀
桑田 勇治 – 佐野岳
古庄 芳喜 – 矢本悠馬
井川 宏達 – 健太郎
木部 郁夫 – 藤原薫
向井 美和 – 水上京香
草刈 涼子 – 岡崎紗絵
陣内 剛史 – 高畑裕太
三沢 なつみ – 石崎なつみ
時任 杏奈 – ついひじ杏奈
白浜 羽純 – 白鳥羽純
新田 日奈子 – 田中日奈子
丸山 凛 – 田中凛
河西 真帆 – 真田真帆
根本 浩志郎 – 北澤浩志郎
音無 瑞季 – 瑞季
波多 優里花 – 高橋優里花
碇矢 明日香 – 髙戸明日香
伊達 慶 – 伊藤慶
相田 にこ – 奈良岡にこ
野瀬 大成 – 草野大成
新井 宗一 – 尾美としのり
鮫島 照之 – 升毅
小田桐 寛治 – 石坂浩二

感想

★陣内はなんでそこまでやるのかと思いましたが、最後はわかってくれてよかったと思いました。
青島と木藤良が吹奏楽部に入ってくれてめでたしめでたし…とはならないのが最後の書類です。樋熊は病気なのではないかと思いました。
あき 32歳

予想

★いよいよコンクールに向けて練習を始める吹奏楽部。指導にも熱が入る樋熊ですが、きっとガンかなにか重い病気なのだと思います。
本人は知らないのかもしれませんが、樋熊には余命が1年もない状態なのではないかと思います。
あき 32歳

樋熊迎一(寺尾聰)の娘・奈津紀(多部未華子)が、美崎高校での教育実習が決まり、吹奏楽部にもコーチとして参加することとなった。全国大会を目指し猛練習に励む部員たちへ、樋熊の指導も熱を帯びてきた。青島(村上虹郎)ら5人の入部で活気こそ出てきたものの、合奏の息がなかなか合わずにいた。そんなとき、心を一つにしないと音は揃わないという樋熊の言葉を受け、渚(石井杏奈)が合宿をしてはどうかという。樋熊と奈津紀だけの引率では合宿は許可できないと鮫島教頭(升毅)が反対すると、その話を聞いていた新井(尾美としのり)が同行すると申し出、晴れて合宿が実現する運びとなった。

そんなとき、2年生の井川(健太郎)は、「部活なんかやっていないで勉強に専念しろ」と父にたしなめられる。井川は吹奏楽部の名門、明宝高校の受験に失敗し、心の奥底に傷を抱え悩んでいたのだ。そしていよいよ合宿へ出発する美崎高校吹奏楽部の面々。合宿所となる研修施設では、井川が目指していた明宝高校の吹奏楽部も合宿をしていて、そのメンバーの中に、中学時代の同級生・小池(泉澤祐希)の姿を見つけていた。
ほどなく練習を始める美崎生だが、明宝の演奏を聞いて圧倒されてしまったのか練習に身が入らず、些細なことでいい争いが起こってしまう。そんな部員を見かねた樋熊は、楽器を置いて外に出ろと命じた。果たして、樋熊は何を考えているのか!?
番組HPより引用

まとめ

青島と木藤良も入部して、これからが楽しみですね!

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報