朝が来る最終話(8話)ネタバレ感想!助ける佐都子!ひかりは母と和解

   

助ける佐都子!ひかりは母と和解。

「朝が来る」の最終話(8話)予想と7話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

朝が来るのロケ地は横浜市都筑区!原作あらすじネタバレにキャスト情報も
安田成美の髪型・服がきれい!子供は?朝が来る主演の栗原佐都子役!
川島海荷が金髪の片倉ひかり役で朝が来るに!髪型・服や彼氏情報も
佐津川愛美が朝が来るの後藤香澄役で髪型・服や演技力は?彼氏情報も!
小野塚勇人が朝が来るの山本健太役!髪型・服や演技力は?彼女の噂も?
黒川智花の彼氏・結婚の噂や髪型・服は?演技力についても
原菜乃華が片倉ひかりでおはガールの経歴!髪型・服や彼氏は?

7話のネタバレと感想はこちら

8話のネタバレ

ひかりが失踪したことを聞いた咲子は「どこまで迷惑をかけるのか」と嘆きます。

それを聞いた茜は、咲子のお財布からお金を取っていたのは自分だと告白します。

茜は、咲子がひかりに対して「娘と思わない」と言ったことを聞き、怖くて言い出せなかったのです。

茜は「黙っているつもりだったが、このままだとひかりが永遠にいなくなっちゃう気がして」と苦しい胸の内を告白するのでした。

佐都子は、ひかりがきらきら星を弾いていたことを伝えます。きらきら星は咲子がひかりに「きらきら光り輝く女の子になってほしい」という願いを込めて聞かせた曲だったのです。

咲子はひかりを愛していないわけではなかった。ただ、重たい愛情というのも時にはある。浅見の発言によってそのことに気付いた佐都子は、いつかひかりと咲子が笑いあう日がきてほしいと願うのでした。

 

朝斗のお迎えに行ったとき、四葉のクローバーが話題にあがります。

朝斗は「広島のおかあちゃんも幸せかな?」と、ひかりのことを気にかけます。

その夜、栗原家にはひかりから手紙が届きました。そこには「朝斗を生んだ時の片倉ひかりはもういない。朝斗に愛情も持っていない。どうか片倉ひかりを忘れてください」と綴られていました。

行くあてのないひかりは公園のベンチに座っていました。

すると、陽菜という女性から声をかけられ、家に上がることになります。

ひかりは豚の貯金箱を見せ、もう一度店をやるという夢を持っていることを話します。

陽菜は「夢は生きていくためのお守り」と同意します。

ところが翌日ひかりが目を覚ますと、陽菜は貯金箱を持って逃げてしまった後でした。

 

清和が出社すると、香澄が健太の居場所を調べてくれていました。

清和は弁護士を連れて会いに行きますが、面会を拒否されます。

同じころ、佐都子は朱美のもとを訪れていました。

朱美は、自分が坂上に向けた包丁を健太が奪って刺したと語ります。

朱美は佐都子に「ひかりの本当の気持ちを知ってどうするのか」と尋ね、「誰かを救えるなんて傲慢。忘れてあげることが、彼女の望んでいることでは」と話すのでした。

佐都子と清和の様子からひかりに何かが起こっていることを察知したのでしょう。朝斗は四葉のクローバーを探して広島のお母ちゃんを助けたいと言い出します。

佐都子は「朝斗が広島のお母ちゃんのためにできるのは、もらった命を大事に生きること」と伝えた上で、一緒になって探し始めます。

その頃、浅見のもとにひかりから電話があります。ひかりが「私は広島で過ごした時間が一番幸せだった。でも今は、ちびたんが幸せに暮らしてくれればいい」と言い残したところで電話が切れてしまいます。

橋の上に辿りついたひかりは、「さよなら、ちびたん」と呟き、身を投げようとします。するとそこに佐都子が現れました。

「わかってあげられなくてごめんなさい」と言い、身投げを止めようとする佐都子の後ろには朝斗がいました。

ひかりが広島のお母ちゃんであることを知った朝斗は「やっと会えたね」と言い、四葉のクローバーを渡します。

佐都子が「忘れることはできない」と告げると、ひかりは「ごめんなさい、ありがとうございます」と言って泣き出します。

 

清和は健太と面会し、ひかりを見つけたことを報告します。

清和が「新しい人生がこれから始まるんだ」と言うと、健太も大粒の涙を流すのでした。

それから数か月後、ひかりは朱美と共にお弁当の販売をして生活をしていました。

家族とも連絡を取り、栗原家とも定期的に手紙や写真のやり取りをしているようです。

ひかりは「私も前に進まなきゃ。私はこの子のお母ちゃんだから」と決意を新たにします。

そこに出所した健太が現れ、「ただいま」「おかえり」というやり取りをします。

栗原家は相変わらず三人で幸せな生活を送っています。

ひかりにも栗原家にも「朝」がやってきたのです。

キャスト
安田成美:栗原佐都子
ココリコ・田中直樹:栗原清和
林田悠作:朝斗
川島海荷:片倉ひかり
原菜乃華:片倉ひかり(中学生)
石田えり:浅見
小野塚勇人:健太
佐津川愛美:香澄
山田将之:坂上
MEGUMI:白川朱美
黒川智花
滝沢沙織
小島絵里杏:ひかりの姉
榊原徹士

感想

★闇の中をさまよい続けたひかりにも家族との和解や、新しい生活が訪れて本当によかったです。「家族」とはともに支えながら生きる共同体であり「居場所」「帰る場所」であるのだと改めて感じました。重いテーマのドラマでしたが、救いのあるラストでした。
(エリ・25歳)

まとめ

次のドラマは「ノンママ白書」が始まります!

鈴木保奈美さんの久々過ぎる主演で注目の新ドラマ!

放送が楽しみですね^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報