家売るオンナ4話ネタバレ感想!婚活中万智に屋代がキス?庭野は?

      2016/08/24

外見で人を判断してはいけないというテーマの4話。

婚活中の万智に屋代がキス?目撃してしまった庭野の心情は?

では、「家売るオンナ」の5話予想と4話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

家売るオンナロケ地は?結末までのネタバレあらすじ・視聴率・キャスト
工藤阿須加の彼女や結婚の噂やかっこいい髪型・服に演技力は?経歴も
千葉雄大の経歴や彼女・結婚に演技力は?かっこいい髪型・服について
新木優子の彼氏・結婚の噂やかわいい髪型・服に演技力は?経歴情報も

ネタバレあらすじ

3話ネタバレ感想はこちら

三軒家チーフと屋代課長がまさかのキス?

万智は営業推進定例会議で、今年度の第一四半期で売上を一位となり、表彰されました。また今季の営業所売り上げは、万智のおかげで13位から2位に浮上しました。

帰り道、大は万智に社長が7億円のマンションを売りたがっている話を持ち掛けます。万智は、自分が売ると意気込みます。

大は17年前に販売した一軒家の持ち主、カリスマ料理家の峰乃に、7億のマンションへの住み替えを持ちかけました。

反対に峰乃は、大に婚活料理教室への参加を求めます。そして峰乃は美人の女性を連れてくるよう頼みました。美加は進んで声をかけますが、大はスルーします。その話を聞いた万智は、自ら志願して参加します。

万智は、本気で家庭を持ちたいと考えていました。会場に着いた2人は、それぞれ別のグループに入りました。万智の美貌に男性陣の目が光ります。

料理中、一人作業に没頭する万智に、大は皆と協力するようアドバイスしました。峰乃は「結婚してもしなくても、料理をして欲しい。それが私の最後の願い」と言い、大は驚きます。

大が一人になっている美加を心配そうに見つめていた頃、残りの社員たちはバーで飲んでいました。聖司と美加は飲みすぎてベロベロです。

峰乃は大に、万智のことを「光り輝いている」と褒めました。惨敗に終わった帰り道、大は万智を飲みに誘いました。酒豪の万智につられて飲んだ大は、飲み潰れます。

ベロベロの美加を送る聡は、公園のベンチで休むことを提案しました。タクシーを呼ぶと公園を出た聡に置いて行かれた美加が公園で寝ていると、ホームレスの清太郎が声をかけてきました。

一方、バーでは聖司が万智をかばっていました。こころは、聖司が万智に気があることに気づきました。

その頃、美加は清太郎と意気投合していました。家を探していると話す清太郎を、美加は笑い飛ばしました。

帰りのタクシーで、万智は7年前、麻布の一等マンションの売却を大と争い負けたことを話します。万智は入社からただ一度、大にだけ負けていたのです。

聖司は無意識に万智の家の前まで来ていました。そこへ2人の乗ったタクシーが到着…酔った大が万智にキスした瞬間を、聖司は見てしまいました。

直後に寝てしまった大は、唇にグロスが付いていることに気づき、焦ります。

 

次の日、聖司は神妙な面持ちで大と万智を見つめます。

その時、会社に清太郎がやって来ました。焦った美加は、清太郎を追い返します。

万智は「お金を持っているかは外見では分からない」と叱り、公園に連れて行くよう言いました。

また峰乃に呼ばれた大は、負債が3億あり、破産寸前だと言うことを聞かされます。

峰乃は昨日の婚活料理教室を最後としていました。峰乃と大は、今住む家を1億5000万で売ることで合意しました。

一方、万智と美加、聖司は大量のお酒を持って清太郎のもとを訪れていました。

万智は以前ホームレスだったことを打ち明けます。気に入った清太郎は、万智に家を探すよう求めます。

実は清太郎は、金太郎電気の会長だったのです。帰社した万智は、大が売却しようとしている峰乃の家を売りたいと話しました。

次の日、万智と大、聖司は清太郎を峰乃の家へ案内しました。

万智は清太郎に釜土を見せます。

清太郎は「死ぬ前に白いご飯を食べたい」と話していました。釜土のご飯に負けない電気釜を作ることを、人生の目標としていたのです。

清太郎は大喜びで購入を決めました。金に糸目は付けないと言う清太郎に、万智は3億円という値を付けました。

峰乃は負債を返して再びやり直せるかもと喜びます。そして大と万智はお似合いと声をかけました。

清太郎を見送った後、万智は初めから清太郎が金太郎電気の会長だということを知っていたこと、総資産ランキングの上位者の顔は頭に入っていることを打ち明け、大と聖司は感心のあまり言葉が出ませんでした。

キャスト
三軒家 万智 – 北川景子
屋代 大 – 仲村トオル
白州 美加 – イモトアヤコ
庭野 聖司 – 工藤阿須加
足立 聡 – 千葉雄大
布施 誠 – 梶原善
八戸 大輔 – 鈴木裕樹
宅間 剛太 – 本多力
室田 まどか – 新木優子
珠城 こころ – 臼田あさ美

感想

★万智に結婚願望があったこと、以前ホームレスだったことなど、今回も驚くことがたくさんありました。しかしまだまだ謎の多い万智なので、本性やプライベートな部分が気になります。また万智を巡る、大と聖司の三角関係も今後どうなっていくのか気になりました。
(haru 25)

予想

★大はキスをきっかけに万智のことが少しずつ気になってくのではないかと思います。しかし、万智への想いを確信した聖司が、万智へアピールをするのではないでしょうか。また万智から学んだことを活かし、聖司が初めて家を売るとも思います。
(haru 25)

庭野(工藤阿須加)は勝ち気なフリージャーナリストの独身女性・日向詩文(ともさかりえ)を担当。一方万智(北川景子)は出版社の校閲部で働く地味な独身OL・草壁歩子(山田真歩)を担当する。

女単(=女性単身客)の相次ぐ来店に「まだ若いのに何が悲しくて一人で家を買うのか」と噂する営業課メンバーたちを、万智は「独身者を結婚というゴールに向かう道半ばの中途半端な人間だとするのは間違っている!」と一蹴。

その頃庭野は、万智そっくりの強気な詩文に振り回され、家探しは難航する。詩文がようやく気に入った物件は、万智の客・歩子が申し込みを進めようとしていた物件で…。しかも2人は同じ会社に務めており、犬猿の仲だと発覚。タイプの違う独身女2人が同じ部屋を巡って対立する!万智に仕切られっぱなしの庭野は、万智に勝ちたいと立ち上がり、詩文と歩子2人に自分が家を売ろうと決意するが…。果たして、独身女の家探しに出口は見えるのか!?
番組HPより引用

 

万智と屋代と庭野の三角関係も面白くなってきましたね(^ω^)

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報