本能寺ホテル(映画)のロケ地・あらすじネタバレ・原作・キャストは?

   

画像引用元:http://natalie.mu/eiga/news/208110

2017年1月から公開予定の映画「本能寺ホテル」は、堤真一さんと綾瀬はるかさんのW主演です。
 
 
鈴木雅之監督を初め、「プリンセス・トヨトミ」の製作チームが再集結したとなると、これは話題になるのは当然ですね。
 
 
そんな気になる映画の、原作についてなど基本情報・見どころ・キャスト・ロケ地・あらすじネタバレなどご紹介したいと思います。
 
 

スポンサードリンク

 

基本情報や原作について

 
映画は、2017年1月14日から全国東宝系で一斉に公開予定で、既に前売り券の発売も開始しています。
 
 
監督は「HERO」「プリンセス・トヨトミ」を手掛けた鈴木雅之さん、原作は無く「プリンセス・トヨトミ」も脚本された相沢友子さんによるオリジナル脚本になります。
 
 
土屋健プロデューサーの「出演者チームでもう一度映画を作りたいと」いう思いから始まった企画だそうで、今回は日本史最大の謎と言われる「本能寺の変」に迫る見ごたえのある歴史エンターテイメントになっているそうで何だかワクワクしますね。
 
 
400年前の時代に突然タイムスリップして何度も行き来する繭子の心情を、綾瀬はるかさんがどんな風に演じるんでしょう。
 

また、自分の運命を聞かされた信長を、堤さんがどう演じるのか見ごたえありそうです。
 

「本能寺の変」の謎が解き明かされるそうですので、真実がどう描かれるのかその辺りも非常に気になりますね。
 

キャスト

 
img_0618画像引用元: http://netcaster.seesaa.net/s/article/439349224.html
 

倉本繭子・・・綾瀬はるか
結婚が決まり、たまたま本能寺ホテルに泊る事になるが、エレベーターに乗ると400年前の本能寺にタイムスリップしてしまう。

 
織田信長・・・堤真一
天下統一を目前にする戦国大名。
 

森蘭丸・・・濱田岳
織田信長の家臣。信長の有能な秘書であり寵愛を受けていた。

 
吉岡恭一・・・平山浩行
繭子の婚約者。

 
ホテル支配人・・・風間杜夫
繭子が宿泊した本能寺ホテルの支配人。

 

ロケ地

 
400年前の時代は、やはり京都方面での撮影が殆どのようですね。

 
京都の妙心寺・神護寺・鴨川の三条大橋・南禅寺・祇園付近・金平糖の老舗緑寿庵などで、綾瀬はるかさんや堤真一さんの目撃情報が多数ありますね。

 
もちろん東映太秦映画村での目撃情報もあります。
 

また、姫路の亀山本徳寺では、本能寺の大広間として撮影があり、神戸新聞にその様子が載りました。

 
姫路の圓教寺では、綾瀬はるかさん、堤真一さん、濱田岳さんの三人での目撃情報がありますので、ここも本能寺として使われたのでしょうか。
 

姫路市の書写山では、本能寺が焼けたときのシーンが撮影されたそうです。

 
千葉の船橋市役所でも綾瀬さんの目撃情報があり、こちらは現代の舞台として使われたのでしょう。

 
他にも、エキストラ情報から合戦のシーンが滋賀県彦根や大津で行われたようですね。

 
映画という事も有り、撮影は大がかりですのであちこちで目撃情報がありますね。

 
目撃情報の場所が、実際の映画のどのシーンに使われたのか、確認したくなりますので、1度だけでなく何度も見たくなりそうです。
 

あらすじ

 
倉本繭子は、勤めていた会社が突然倒産しあてのない生活をしていたが、付き合っていた吉岡恭一にプロポーズされた。

 
その吉岡の両親が金婚式のお祝いをすることになり、繭子も参加するために京都を訪れた。

 
予約していたホテルに行くと、なぜか手違いで部屋が無いという。

 
仕方がなくあちこちを探し、路地にひっそりと佇む本能寺ホテルに泊まる事になる。

 
エレベーターで部屋に向かう繭子が降りたのは何故かお寺、行き交う人は着物にちょんまげで全く話もかみ合わない。
 

そう、そこは400年前の本能寺だったのだ。

 
ビックリした繭子だが、何故か繭子だけはエレベーターで400年前と現代を行き来する事が出来た。

 
ホテルの支配人にも話したが理解して貰えず、戦国時代でも全く理解してもらえないが、何度も交流するうち信長や蘭丸とも打ち解け、信長の人間性にひかれて行くようになる。

 
しかし、そこは本能寺の変が起こる前日であるという事に気が付いた繭子は、信長にそのことを話さずにはいられなかった。

 
はたして信長の運命は?

 
日本の歴史上の謎と言われている真実が、次々と明らかになる。
 

まとめ

 
400年前にタイムスリップするなんて、経験したいような怖いような感じですよね。
 

しかし天然な雰囲気の綾瀬さんなら違和感なく演じてくれるでしょうね。
 

歴史上の謎の真実はどうなっていたのか、今からすごく楽しみです。

関連記事はコチラ:

 - 映画