ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子9話(最終回)ネタバレ感想!手紙の暗号は…

      2016/09/07

まつり縫いの手紙の暗号も面白かった「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」9話(最終回)の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

次回はいよいよ最終回ですね!

このドラマ、管理人は事前情報の時点では全く期待していなかったんですが、かなりハマりました!

スピード感がちょうどよかった^^

ただ、やはり猟奇的すぎて映像的にはちょっとなぁ思う部分もありました・・・。

最近変な事件がおおいので、これは悪影響にはならないのかな・・・なんていまだに思っていますけどね^^;

みんなが安心して暮らせる平和な世の中になってほしいものです。

事前情報と関連記事はこちら

ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子ロケ地・結末までのネタバレ・キャスト
林遣都の経歴や彼女・結婚の噂や演技力は?かっこいいイケメン俳優
佐藤玲がON月岡真紀でかわいい!彼氏・結婚は?髪型・服もきれい
百瀬朔がON清水良信!彼女・結婚やかっこいい髪型・服は?イケメン俳優

見どころや予想

★最終回の見どころは、やっぱり比奈子が人を殺す人と殺さない人の境界線で、永久からもらったナイフを使うのか使わないのかということです。東海林が拉致されてから、比奈子は東海林を探しだし、結局正義が勝つのではないかと予想しています。
TY20代

あらすじ

ONドラマ藤堂比奈子8話ネタバレ感想はこちら

東海林(横山裕)に異常性を暴かれたことで辞職を決意した比奈子(波瑠)。ところがその矢先、比奈子に強い執着を抱く佐藤都夜(佐々木希)が脱走し、命を狙われる危険性の高い比奈子は東海林の警護の元、ホテル住まいすることに。
しかし、そんな警察の計画をあざ笑うかのように、都夜は比奈子の居場所を突き止める。一方、警視庁・片岡(高橋努)は都夜を追跡し、追い詰める間際で、突然現れた女性に切り付けられる。その女性こそ、高校生だった比奈子にナイフを渡し、「自分らしく人を殺せばいい」と進言した真壁永久(芦名星)だった!ぼう然とする比奈子に何事かを語りかけ、永久は再び姿を消す……。

一方、ホテルから行方をくらませた東海林は永久に拉致・監禁されていた。彼女の恐るべき計画に恐れ戦く東海林……。永久に翻弄(ほんろう)され、最悪の窮地に陥る比奈子は、かつての進言通り、殺人者になってしまうのか―!?
これまで殺人者への強い探究心で犯罪者と対峙(たいじ)し、「人を殺す者と殺さない者の境界線」に立ってきた比奈子は、最恐かつ因縁の女性・永久との再会をきっかけに、どんな答えを見出すのか?闇を抱える女刑事の物語が、衝撃のクライマックスを迎える。

番組HPより引用

キャスト

東海林泰久 – 横山裕(関ジャニ∞)
倉島敬一郎 – 要潤
片岡啓造 – 高橋努
清水良信 – 百瀬朔
月岡真紀 – 佐藤玲
中島保 – 林遣都
三木健 – 斉藤慎二(ジャングルポケット)
藤堂香織 – 奥貫薫
早坂雅臣 – 光石研
石上妙子 – 原田美枝子
厚田巌夫 – 渡部篤郎

ネタバレあらすじ

先輩・東海林(横山裕)に異常性を指摘され辞職を決意した比奈子(波瑠)は、厚田(渡部篤郎)に退職願を出した。

そして警察を後にしようとした頃、かつて女性を次々に殺し、皮膚を奪い去るという事件を起こした犯人の佐藤都夜(佐々木希)が警察官を殺し脱走した。

もともと比奈子の顔の皮膚に強い執着を抱いていたことから、命を狙われる危険性が高いと厚田は指摘し、自宅には帰らずにホテル住まいをすることになったのだった。

その警護として謹慎中の東海林が指名され、比奈子の隣の部屋に泊まり込んでいた。

しかし、そんな警察の計画をなぜか都夜は見抜き、ホテルの場所を突き止める。

比奈子を襲うと電話がかかってきた東海林は焦って部屋を飛び出すと何者かに襲われ連れ去られてしまった。

 

そして、同じく先輩の片岡(高橋努)は都夜を追跡し、比奈子の部屋へ向かう。

すると部屋の前にいた青いカラーコンタクトをした黒髪ロングの女にいきなり首を切り付けられてしまった。

その女こそ、かつて高校生だった比奈子にナイフを渡した張本人、真壁永久(芦名星)だったのだ!

「比奈子、久しぶり」という永久にただ驚き立ちすくむ比奈子。

 

一方、永久に連れ去られた東海林は、倉庫に拉致・監禁されていた。

東海林は比奈子を呼び出すためだと言うとそこにいた都夜は東海林を殺そうとする。

それに怒った永久は、都夜にスタンガンを向け、東海林の目の前で都夜にガソリンを撒き火をつけ笑いながら焼き殺してしまった。

親に死にかけるぐらい虐待して捨てられたという過去を持つ永久は怪物になったと言い放つ。

さらに自己紹介させると言い取り出したのは、今まで殺した人間の指や眼球などのパーツだった。

「私を何度も殺そうとしたパパ」
「パパの言いなりだったママ」
「私に悪戯しまくってた施設の園長」

東海林はただただ驚き恐怖を覚えるだけだった。

 

一方、警察では永久や都夜についての捜査が続いていた。

都夜宛に届いた手紙の中にそれぞれ別の住所と宛名だが、同じ人物が書いたと見られる手紙を見つける。

差出人が先日の動物殺傷と人体のパーツが入った事件の被害者なのではと考えた鑑識は、調べを進めるとその手紙が届いたすぐあとに都夜が脱走していることが判明し、何らかのてがかりがあるのではないかとにらむ。

 

そんな中、永久から「1人で来て人質を取り戻すか、警察の連中と一緒に来て人質を死なせるか、24時間以内に決めて」と言われた比奈子は1人で倉庫に向かった。

一方、藤川の携帯の電波が杉並付近で入ったと連絡が入った警察は行方を追う。

しかし、関係のない車の後部に携帯が取り付けられていただけだった。

 

工場についた比奈子に東海林か自分かどっちを死なせるか選べと言う永久。

工場にはガソリンが巻いてあるから火をつけたら終わるという永久。

さらに東海林の手錠の鍵は飲み込んでしまったと言い笑う。

相棒を助けたかったら私のお腹を割いて鍵を取り出すしかないと話し、比奈子に人を殺させようとする永久。

比奈子が意を決した時、東海林は止めに入る。

すると時間切れと永久は火のついたライターを床に投げると瞬く間に火の車になってしまった。

東海林を助けようとする比奈子に永久が襲いかかろうとしたところで警察が来て永久は逮捕された。

まつり縫いのごとく文章の頭の文字を抜き出すと、

「わたしはなかま、ふくしゅうしよう、とうどうひなこ、にげてきて、はちおうじにしはいきょ」

となる手紙の暗号を鑑識の三木が解いたのだった。

最後に誰からも抱きしめてもらえなかった永久を抱きしめる比奈子。

永久は発狂する。

 

その後、東海林にお前を信じると言われた比奈子は辞職することなく元どおり警察官として生きるのだった。

完。

感想

★手に汗握るとはこのことでしょうか。最終話に最強の相手登場で終わるまで目が離せませんでした。一線を越えるかというぎりぎりの緊迫感が長い時間続きました。踏みとどまって、比奈子が流す一筋の涙にすべてが解放され解けていくように感じました。波瑠さん、あらためて美しいと思いました。猟奇事件を扱うドラマでかなりきつい表現がありましたが、主役のキャラが際立って興味をひき、今クールで一番おもしろかったです。
(50歳 HAL)

★もう少しトワによる異常なシーンが見たかった、というのが正直な反応です。でも、比奈子をそっち側に行かせなかった東海林先輩には、ちょっと感謝しました。ハッピーエンドな感じ意外にいい結果です。東海林先輩との今後の関係がきになる最後でした。
39歳パブロ

 

次のドラマは時間の枠が1時間早い9時へと移動し、吉田羊さんのテレビドラマ初主演作となる「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」
が始まります。

レディダヴィンチの診断ロケ地・あらすじネタバレ原作にキャストはこちら

こちらもお楽しみに^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報