仰げば尊し6話ネタバレ感想!ミサンガで1つに!木藤良は海外留学へ

      2016/09/23

ミサンガで1つに!木藤良は留学へ

TBS日曜劇場「仰げば尊し」の7話予想と6話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

仰げば尊しロケ地や原作・最終話までのネタバレあらすじ・キャストは?
寺尾聰の結婚相手の奥さん・子供や年収は?父は誰?実は二世俳優
村上虹郎が仰げば尊し青島裕人!二世俳優の両親・彼女・結婚について
石井杏奈が仰げば尊し有馬渚!彼氏・結婚やかわいい髪型について
佐野岳の演技力がかっこいい!結婚に熱愛彼女や小林豊との仲について
高畑裕太は整形?彼女・結婚や演技力は?身長体重などのプロフィール
健太郎の彼女・結婚や演技力は?かっこいい髪型の塩顔イケメン俳優
高杢金也:太賀
安保圭太:北村匠海

あらすじネタバレ

仰げば尊し5話ネタバレ感想はこちら

すい臓がんになってしまった樋熊(寺尾聰)が脇腹を抑えながら自宅で倒れてしまった。

樋熊の検査結果を聞いた奈津紀(多部未華子)が自宅に帰り発見し病院へ搬送される。

病室にてすぐに手術を勧める奈津紀と医師だが、もうすぐ吹奏楽部の地区大会だから手術をして休むわけにはいかないと言い張り、放射線治療など手術をしないで治療する方法を選ぶ。

また、吹奏楽部の生徒たちに地区大会前の大事な時期に余計な心配をかけたくないからと、樋熊がすい臓がんにかかっていることは内緒にするよう奈津紀に頼むのだった。

 

学校に戻り校長や部員たちに樋熊は病気のことは伏せ、体調が悪いからしばらく休むと話す奈津紀。

しかし大事な時期だからと無理して出てくる樋熊をみて安心する生徒たち。

また奈津紀のアドバイスから、渚(石井杏奈)たちは地区大会への願掛けとして、オレンジのミサンガを作ることになった。

 

痛みを抱えながらも平然を装う樋熊とそれを支える奈津紀。

すると、前に木藤良(真剣佑)に話していた留学願書がもうすぐ締切りだと新井先生(尾美としのり)から聞いた樋熊と奈津紀は木藤良の家に行き意志確認をすることに。

留学に興味はあるものの、全国大会と留学受験の日程が重なってしまうからと木藤良留学を断る。

しかし、留学に未練があると感じた樋熊は願書を置いて帰る。

 

一方、高杢(太賀)、桑田(佐野岳)は先生がたまたま木藤良の留学に話をしているのを聞いてしまったことで、青島(村上虹郎)と安保(北村匠海)は木藤良の様子を伺う。

留学をやめて部活に参加する木藤良を青島が殴る。

仲間といっしょに音楽がやりたいという木藤良に青島は大きな夢を諦めるなと留学をすすめる。

すると木藤良は青島に殴りかえし、青島の気持ちを汲んで仲間との音楽を諦め、留学を決意する。

木藤良が去ったあと、1stのサックスがいなくなってしまったことを許して欲しいと頭を下げる青島。

一部始終を見ていた樋熊は木藤良がいなくなっても心は繋がっていると部員に諭す。

 

出来上がったミサンガを手につけ、生徒からパワーを貰える。もっと早く教師になっていれば良かったと呟く樋熊。

樋熊は留学する木藤良にもミサンガを渡し、離れても1つだと諭す。

奈津紀は教育実習が終わっても吹奏楽部のコーチを続けることを決める。

しかし、地区大会の前日に樋熊が倒れてしまう。

ギリギリまで到着しない樋熊を心配する吹奏楽部。

鮫島教頭達は本当に体調を崩しただけなのか?少し痩せたんじゃないか?と話していた。

するとなんと樋熊は無理して指揮者として到着する。

いざ、舞台へ…

キャスト
樋熊 迎一 – 寺尾聰
樋熊 奈津紀 – 多部未華子
木藤良 蓮 – 真剣佑
青島 裕人 – 村上虹郎
有馬 渚 – 石井杏奈(E-girls)
安保 圭太 – 北村匠海(DISH//)
高杢 金也 – 太賀
桑田 勇治 – 佐野岳
古庄 芳喜 – 矢本悠馬
井川 宏達 – 健太郎
木部 郁夫 – 藤原薫
向井 美和 – 水上京香
草刈 涼子 – 岡崎紗絵
陣内 剛史 – 高畑裕太
三沢 なつみ – 石崎なつみ
時任 杏奈 – ついひじ杏奈
白浜 羽純 – 白鳥羽純
新田 日奈子 – 田中日奈子
丸山 凛 – 田中凛
河西 真帆 – 真田真帆
根本 浩志郎 – 北澤浩志郎
音無 瑞季 – 瑞季
波多 優里花 – 高橋優里花
碇矢 明日香 – 髙戸明日香
伊達 慶 – 伊藤慶
相田 にこ – 奈良岡にこ
野瀬 大成 – 草野大成
新井 宗一 – 尾美としのり
鮫島 照之 – 升毅
小田桐 寛治 – 石坂浩二

感想

★樋熊先生の痛みはどれほどなのかと心配になります。
それなのに何より吹奏楽部のことを考えて、そこまで出来る人がいるかなと思ってしまいました。実話だそうですが…すごい先生がいたんだなぁと感心してしまいました。
ゆい 36歳

予想

★次回はいよいよコンクール。地区大会は見事優勝し、隠せなくなった樋熊は生徒たちに病気のことを打ち明けるんだと思います。
らら 28歳

いよいよ「全国吹奏楽コンクール」の地区予選大会が始まった。大勢の観客が見守るなか、樋熊(寺尾聰)と美崎高校吹奏楽部による渾身の美崎サウンドが会場に響き渡る。ほどなく、審査結果の発表を迎える美崎高校吹奏楽部、ステージを祈る思いで見つめる樋熊たちは、全国への第一関門となる県大会出場の切符を手に入れた。青島(村上虹郎)や高杢(太賀)、桑田(佐野岳)ら歓喜に沸く部員たちに加え、渚(石井杏奈)や井川(健太郎)の家族たちも惜しみない拍手で健闘を称えた。一方、音楽留学に向けてレッスンに励む木藤良(真剣佑)は、安保(北村匠海)らからのメールで予選突破を知りホッとする。

その喜びもつかの間、病院で診察を受けた樋熊は、担当医の御堂(霧島れいか)から腫瘍が転移している可能性があると告げられる。それでも生徒たちを想い、手術を拒む樋熊の気持ちを察した奈津紀(多部未華子)は、予選突破を祝う打ち上げの場で、樋熊が癌手術を受けるため県大会に出られないことを告げ、代わりに奈津紀が指揮を執ると宣言。その発言に動揺を隠せない吹奏楽部員たちだったが、樋熊の励ましと奈津紀の覚悟を前に、県大会突破の決意を固めた。
強豪がひしめく県大会まであとわずか……再び樋熊の指揮で演奏する日を夢見て、美崎高校吹奏楽部員たちの新たな挑戦が始まった。

番組HPより引用

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報