そして誰もいなくなった7話ネタバレと感想!砂央里と西条の死

      2016/09/23

砂央里と西条がビルから落ちて死んでしまった「そして、誰もいなくなった」8話予想と7話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

そして誰もいなくなったロケ地・結末までのネタバレ感想・あらすじは?
玉山鉄二がそして誰もいなくなったの小山内保!演技力や結婚相手は?
ミムラの本名や結婚・離婚相手・子供は?目が今現在もきれいでかわいい

ネタバレあらすじ

そして誰もいなくなった6話ネタバレ感想はこちら

新一(藤原竜也)はドローンを使い明日決行する予定の日本政府のデータを乗っ取るブラックアウト爆弾に心躍らせ、砂央里(桜井日奈子)や日下(伊野尾慧)と帰らない馬場を心配する。

馬場(小市慢太郎)がいないと計画が実行できない。

「ギリギリまで待とう」と新一は言うが嫌な予感がする砂央里。

日下が外に出ると家の前に万紀子(黒木瞳)が来ていた。

 

そして、砂央里は馬場と捨て猫を可愛がっていた思い出の場所に来ていた。

するとそこには西条(鶴見辰吾)が現れる。

小山内(玉山鉄二)から、ある人を尾行するから協力してほしいと連絡を受けた西条が駆けつけると、暴力を振るわれ連れ去られる現場を目撃したという。

そして、馬場の車のことは警察に通報し、砂央里をつけてきたというのだった。

 

一方、馬場に殴られ、意識を失った小山内は拉致された。

しかし、車で馬場に運ばれている途中、警察とのカーチェイスの末、トランクに閉じ込められた状態で海に落ちてしまった。

しかし、その絶望的な状況の中、海に入った瞬間トランクが奇跡的に開き、小山内は脱出に成功しなんとか命を取り留める。

目覚めた小山内が病院の一室にいると鬼塚(神保悟志)が訪ねてくる。

小山内のいたトランクの中に行方不明になっている西野弥生(おのののか)の名札があったことを話す鬼塚。

それを聞いた小山内は、弥生が何らかの事件に巻き込まれたのではないかと考える。

 

公園でミスイレイズのウイルスメールが世間に広がってる噂を聞きつけた万紀子は早苗(二階堂ふみ)に電話する。

一方、五木(志尊淳)は行方不明になっていた。

 

退院した小山内は、早苗と一緒に万紀子(黒木瞳)から「急いで行ってほしいところがある。様子を見てきてほしい」と頼まれた住所へ向かうことに。

一軒のログハウスに着いた2人がインターフォンを鳴らすと、「すみません、今、立て込んでいるので」という女性の声が返ってきた。

その声が弥生に似ていたと気付いた早苗がもう一度インターフォンを鳴らす。

何度鳴らしても同じ応答が返ってくることを不審に思った二人は、強引に中に入る。

小山内がテラスにある冷蔵庫を開けると、そこには盗まれた斉藤(今野浩喜)の遺体が入っていた。

それを見た早苗は悲鳴をあげ、それを聞きつけた公安の二人に拘束される。

万紀子に頼まれたことを鬼塚に伝えると、万紀子の身柄を確保するように部下に命令が下る。

 

一方、日下と砂央里が計画を予定しているビルの屋上を事前偵察していた。

すると、砂央里は、日下への密かな想いを打ち明ける。

動揺する日下。そして、二人の距離が近づくかに見えたが、日下は砂央里への気持ちを大事にしたいといって誘いを断る。

その様子を西条が見ていた。

 

結局馬場は戻ることなく、新一のブラックアウト計画は3人だけで遂行することになる。

全てが終わったらまたここで会おうと約束する。

担当する屋上に、それぞれドローンを設置する3人だが、砂央里が持ち場で最後のドローンを置くと、西条が現れ、ドローンを証拠として買いたいと持ち掛ける。

それを聞いた砂央里は、西条の話に乗るふりをして腹をナイフで突き刺す。

しかし、思わぬ西条の抵抗にあい、ビルの上から二人とも転落してします。

息も絶え絶えの西条は、取り調べ中の小山内にドローンのことを伝え、息絶える。

一方、重要参考人となった万紀子は逃げてしまった。

キャスト
藤堂 新一:藤原竜也
小山内 保:玉山鉄二
長崎 はるか:ミムラ
斉藤 博史:今野浩喜
藤堂 万紀子:黒木瞳
倉元 早苗:二階堂ふみ
西野 弥生:おのののか
日下 瑛治:伊野尾慧
君家 砂央里:桜井日奈子
馬場:小市慢太郎
田嶋 達生:ヒロミ
五木 啓太:志尊淳
岩井 波江:奥間唯
偽・藤堂 新一:遠藤要
西条 信司:鶴見辰吾
鬼塚 孝雄:神保悟志

感想

★しんいちの逆襲がうまく進んでいくのかが見どころとなっています。黒幕が誰なのか分かった時点でストーリーが終わってしまうので仕方ないですが、ここのところ間延びしていて飽きてきました。殺人も起きていますが、視聴者が謎解きするにもヒントがなさ過ぎて難しい印象です。でも犯人は知りたいので来週も観ますけど。 
いっけ 38歳

予想

★西条の連絡により小山内と警察が動き、新一の計画は失敗する。一方、日下の部屋から偽新一とのやりとりなどのなんらかの証拠が見つかり、新一が不信を抱いた瞬間、後ろから襲われる。
あき、32歳

新一(藤原竜也)の計画どおり、停電爆弾を搭載したドローンが屋上から飛び立った。その時、警視庁には「送電設備を襲撃する」というテロの予告が入り、鬼塚(神保悟志)たち公安は新一の行方を探しに向かう。テロを阻止しようとドローンが向かう方向を目指す鬼塚たちだが、ドローンが急に方向転換し、元来た方向へと戻っていく。すべてのドローンはやがて新一がいるビルへと向かっていき――。

ドローンと公安の刑事たちに囲まれ絶体絶命の状況に陥った新一は、何とか逃げ出すことに成功。しかし、そこにはある人物の姿が。それは鬼塚たちと行動を共にしていたはずの小山内(玉山鉄二)の姿だった。一つだけ確かめたいことがあるという小山内。彼の口から発せられた言葉に新一はただショックと驚きを隠せないでいた…。

一方、入院していた早苗(二階堂ふみ)は、病室のテレビで株式会社L.E.Dのデータ消失事件のニュースを知る。いてもたってもいられなくなった早苗は、過去の記憶を頼りに田嶋(ヒロミ)のマンションを訪ねる。仕事を辞め実家に戻ると言う田嶋は荷造りをしていた。早苗は新一の無罪を証明してほしいと田嶋を説得する。すると、部屋の中で目を疑う光景を目撃してしまう。

小山内と別れた新一は日下(伊野尾慧)のアパートへと向かった。すると、部屋に人がいる気配を感じ、勢いよくドアを開けるとそこには目を疑うような光景が待ち構えていた――。

番組HPより引用

次回もお楽しみに(>_<)

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報