好きな人がいること7話ネタバレ感想!夏向の実母は紺野まひる

      2016/09/23

夏向の実母は紺野まひる演じる西島渚!

ではすきことこと「好きな人がいること」8話予想と7話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

好きな人がいることロケ地は神奈川!原作あらすじにキャストは?

三浦翔平の経歴や彼女・結婚の噂は?演技力やかっこいい髪型・服情報
山崎賢人の彼女や結婚の噂や学歴経歴は?かっこいい髪型・服の情報も
野村周平のかっこいいスノボ・BMXや演技力は?彼女・結婚の情報も
浜野謙太の経歴がおもしろい!妻はモデルで子供は?演技力についても
佐野ひなこの経歴やかわいい髪型・服情報!彼氏・結婚の噂に元彼は?
飯豊まりえが好きな人がいること二宮風花!出演作品や服・髪型について

ネタバレ

好きな人がいること話ネタバレ感想はこちら!

【兄弟の愛、家族の愛】

夏向は実は愛海の兄で、千秋や冬真と血の繋がりがないことを知ります。

冬真に呼ばれた愛海は、夏向の本当の母が血液系の重い病気で、珍しい血液と言うこともあり、夏向に輸血をして欲しいと頼みますが、夏向は出て行きます。

冬真は「黙っているのは自己満足だ」と言い放ちました。

 

夏向を追いかけた美咲ですが、何と声をかければいいのか分かりません。

夜、美咲は冬真に心配ではないのか尋ねますが、冬真は「皆いつも夏向の味方だ。血が繋がっていないのが俺ならよかったのに」と言います。

外へ出た美咲と帰って来た夏向が鉢合わせになりました。

夏向は黙って家へと戻ります。

千秋は、Sea Sonsで契約書を破り捨てました。

 

朝、美咲が夏向の部屋を覗くと、夏向の姿はありません。冬真も帰っていない様です。

LEG ENDには楓が来ていました。

信之は千秋を支えるよう助言します。

 

Sea Sonsが開店できないため、美咲は予約客にキャンセルの電話をかけます。

千秋は初めて夏向が来た日のことや、夏向への思いを話し始めました。

 

美咲は夏向に電話をしますが、着信音はいないはずの夏向の部屋から流れます。

夏向はスマホを置いたまま出て行っていたのです。

美咲はゴミ箱に捨てている戸籍謄本を見つけます。

美咲は本当の母・渚の所へ向かったのではと千秋に話しました。

 

渚は以前Sea Sonsで働いていましたが、突然夏向を父に預け、去って行ったのです。

父が夏向の様子を手紙で送ったものの、「今の家族には夏向のことを秘密にしているから、連絡しないで」と跳ね返されたと聞いた美咲は、千秋と共に渚の元へ行こうと決意します。

しかし千秋のもとに「冬真の居場所が分かった」と楓から連絡が入り、千秋は冬真を、美咲は夏向を迎えに行くことにします。

美咲の後姿を、千秋は切なそうに見つめました。

 

夏向は尾道の病院に来ていました。恐る恐る渚の病室に入った夏向に、渚は「どなた?」と聞きます。

そこへ花瓶の水替えを終えた愛海が入って来ました。

友達かと聞かれた夏向は友達だと答えます。

名前を聞かれたところで、看護師が検温に入って来ました。

 

その頃、千秋にタバコを注意された冬真は、いつも夏向に劣等感を抱いていたことを話します。

しかし千秋は「何もわかっていない」と冬真を連れ出しました。

 

一方、美咲も尾道に着きました。

愛海に会った美咲は、病院での出来事や輸血に応じてくれたことを話しました。

輸血を見届けると、夏向は何も言わず去っていったのです。

 

その頃、千秋は冬向をSea Sonsに連れて行き、夏向が冬真と働くのを待っていると話します。

自分の入る隙がないほど、父から料理を教えてもらっていた夏向に劣等感を抱く冬真に、千秋は父の残したレシピ本を渡します。

 

尾道の海辺では、美咲が夏向の行動を褒めていました。

夏向は皆嘘が上手すぎると言いますが、美咲は「世界で1番あったかい嘘」と答え、夏向も同意します。

そして夏向は自分のせいで冬真が料理を辞めたと話しました。

 

その頃、千秋は冬真がシェフを志すまで、父が冬真に料理を教えるのを我慢していたこと、その日が来る前に父が病魔に襲われたこと、いつか冬真に教えてほしいと思って夏向に教えたことを話します。

レシピ本には『3人で必ずデミソースを守り抜いて』と書いていました。

そしてそこには夏向が冬真に向けて書いたアドバイスもありました。

 

暗い表情の夏向を、美咲は尾道巡りに連れ出します。

なぜここへ来たのか尋ねられた美咲は「忘れ物を届けに」とSea Sonsの鍵を差し出します。

不安そうに家に入る夏向に、千秋は「今月の給料、引いておくからな。夏向、おかえり」と声をかけました。

夏向は「ただいま、兄貴」と返します。

 

夏向が仕込みをしていると、冬真がやって来て「料理を教えてください」と頭を下げました。

夏向は冬真をキッチンに入れました。

楽しそうに話す2人を、千秋と美咲はこっそり見ていました。

帰り道、美咲は千秋に「千秋が本当の弟だと思っていたから、夏向は本当のお母さんの前で真実を言わなかった」と話します。

千秋は美咲の優しさに感謝しました。

リビングで寝てしまった美咲を、千秋は部屋へと運びました。

美咲の寝顔を、千秋は愛おしそうに見つめます。

キャスト

櫻井 美咲 – 桐谷美玲
柴崎 夏向 – 山崎賢人
柴崎 千秋 – 三浦翔平
柴崎 冬真 – 野村周平
西島 愛海 – 大原櫻子
日村 信之 – 浜野謙太
奥田 実果子 – 佐野ひなこ
二宮 風花 – 飯豊まりえ
高月 楓 – 菜々緒
若葉 - 阿部純子
東村 了 – 吉田鋼太郎

感想

★兄弟の関係がどうなってしまうのか、ずっと不安でしたが、以前の仲に戻って安心しました。きっとお互いがお互いのことを思い合っているからこそ、また1つになれたのではないかと思います。夏向は渚に本当の息子だと言いませんでしたが、きっと渚は夏向だと分かっているのではないかと思いました。

予想

★楓と付き合っている千秋ですが、夏向同様、美咲へ思いを寄せていると思います。美咲はどちらの想いに応えるべきか、悩みぬくのではないでしょうか。また料理人としての道を歩み始めた冬真を、以前別れた風花が再び応援するのではと思います。

柴崎兄弟のわだかまりが溶け、『Sea Sons』の営業も元に戻った。櫻井美咲(桐谷美玲)への夏向(山﨑賢人)の態度は相変わらずだが、冬真(野村周平)が厨房のアシスタントを始めたため、以前より活気にあふれている。そんな様子を千秋(三浦翔平)が見つめていた。

美咲には、2つの課題が出来ていた。ひとつは、大橋尚美(池端レイナ)プロデュースで夏向と行うダイニングアウトに提供する料理のプレゼンを成功させること。もうひとつは、夏向の告白への返事。答えは決まっている美咲だが、タイミングが分からずにいた。美咲は自室から石川若葉(阿部純子)に電話で相談。若葉は、すぐに返事をしろと言うが、美咲はダイニングアウトの仕事中だともじもじ。そこに、冬真が来て、夏の思い出を作ろうと美咲を誘う。
冬真は兄弟と楽しむ花火に美咲を連れ出した。絶好のチャンスと、美咲は夏向に接近。勇気を出して返事を決めたと切り出す美咲に、夏向はそれでは明日一緒に食材探しに行こうと言う。夏向は、美咲がダイニングアウトのデザートを決めたと思ったのだ。結局、美咲は告白の返事が出来ない。2人を見ていた冬真は、くっつくのも時間の問題だと千秋に話す。美咲は千秋のことは吹っ切れたみたいだと続ける冬真。千秋は…。

次の日から、美咲と夏向の食材集めが始まった。そして、プレゼンの日がやって来る。美咲はプレゼンが成功したら、2人でお祝いをしようと夏向に提案した。

番組HPより引用

次回もお楽しみに(´▽`*)

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報 , ,