吉良奈津子8話7話ネタバレ感想!営業開発部の解散?深雪と浩太郎は?

   

営業開発部の解散?深雪と浩太郎は?

ドラマキラナツ(きらなつ)こと「営業部長 吉良奈津子」の8話予想と7話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

営業部長吉良奈津子ロケ地・結末までのあらすじネタバレ原作・キャスト

足立梨花の彼氏・結婚の噂やかわいい髪型・服や演技力は?経歴情報も
石丸幹二の彼女・結婚の噂や劇団四季退団理由は?渋いしかっこいい!

ネタバレあらすじ

営業部長吉良奈津子6話ネタバレ感想はこちら

営業開発部、解散!?

不倫ワンピースのピンチを乗り切った奈津子は壮太と二人でピクニックに出かけます。

浩太郎も誘いますが、休日出勤のため断られてしまいます。

奈津子は深雪の電話の内容の件で問いただすも、はぐらかされてしまいました。

不倫ワンピースの一件を乗り切った営業開発部は、部の空気もよくなり、やる気に満ち溢れている状況です。

ですが、役員会議に呼び出された奈津子は、「営業開発部解散」という信じられない決議を突き付けられます。

奈津子は考え直すように頭を下げますが、見苦しいと一蹴されてしまいました。

奈津子は啓介を訪ね、「以前言っていた寝首をかかれるとはどういうこと?」と問いただします。

すると啓介は、一条に不穏の動きがあることや、奈津子の前任者である平河が会社を辞めた理由も関係していることを告げます。

部に戻った奈津子は、前営業開発部長である平河が、営業不振に悩んで自殺未遂をしたことを知ります。

ところが、一条がその話を遮ります。

一条は他の社員の欠点を指摘するとともに、奈津子のことを「40過ぎの子持ち女。勘違い女。枯れたお飾り」と罵倒しました。

一条の発言に落ち込む部下の姿を見た奈津子は、「私、負けるの嫌いだから」と言い残し、平河の家に向かいます。

平河なら何か知っているかもしれない。そう思う奈津子ですが、玄関で追い返されてしまいます。

 

その頃、一条は有給を消費すると言い、会社に出社してきません。

丸尾もまた、一条と行動を共にし、会社には来ませんでした。

他の社員たちは、経理部から帳簿を借りてきて入念にチェックをします。

すると、営業開発部の名前で架空請求が繰り返されてきたことを突き止めます。

奈津子も平河との面会を取り付け、営業開発部は不正請求によって会社の経営成績を改ざんするために作られた部であったという情報を聞き出します。

そして、この架空請求がばれないように監視するのが一条の役目だったのです。

 

営業開発部の件と並行して、奈津子は家庭の問題とも向き合う時が来ました。

深雪を呼び出した奈津子は、「もうお宅にはうかがえない。その理由はご主人に聞いてほしい」という発言の真意を問いただします。

すると深雪は、その夜は浩太郎とホテルで一緒にいたこと、浩太郎を愛していることを告げます。

奈津子は壮太を寝かしつけた後、浩太郎にこのことを問いただします。

すると浩太郎は、不倫をしたのは奈津子が家庭を顧みず、仕事に没頭していたからだと言うではありませんか。

「家にまで部長はいらない」。浩太郎はそれだけ言い残し、家を出て行ってしまいます。

悲しみのあまり泣き崩れる奈津子。ですが浩太郎は、本当は深雪とは体の関係を持っていませんでした。

ただ、奈津子の高圧的な態度を前に、そのことを伝えることができなかったのです。

 

翌朝、突然出社してきた丸尾が、一条から仕入れた情報を持ち込みます。

それは、「東邦広告はアメリカの会社との合併が決まっており、それを円滑に進めるためには、架空請求による不正を内密に処理する必要がある」「この件の責任者は斎藤である」というものでした。

急いで斎藤の元へと向かった奈津子は、営業開発部を廃止にするのは止めてくださいと言い、不正請求の証拠を突きつけるのでした。

キャスト
吉良奈津子 – 松嶋菜々子
高木啓介 – 松田龍平
一条達哉 – DAIGO
川原義雄 – 岡田義徳
今西朋美 – 中村アン
神崎あすか – 足立梨花
丸尾裕人 – 白洲迅
郷貴志 – 高木渉
米田利雄 – 板尾創路
斎藤良一 – 石丸幹二
小山浩太郎 – 原田泰造
小山周子 – 松原智恵子
坂部深雪 – 伊藤歩
吉田千佳 – 今井華

感想

★不正請求のことを突き止め、その証拠を持って斎藤に直談判にいく奈津子の有能ぶりはすごいですね!奈津子は確かに上から目線かもしれません。でも、毎回自分で困難を切り開いていく姿は、同じ女性として「カッコイイ!」と感じます。社員とも打ち解けてきて、いい上司になったと思います。
(直美・30歳)

予想

★開発部の存続をかけて、奈津子は営業成績で30億円の架空請求費用を取り返そうとするでしょう。その一方で、浩太郎との関係修復にも動き出すと思います。浩太郎は奈津子を傷つけたことを謝罪し、奈津子もそれを受け入れるのではないかと予想します!
(直美・30歳)

営業開発部の廃部に納得がいかない吉良奈津子(松嶋菜々子)は、斎藤良一(石丸幹二)に直談判。必死に廃部撤回を訴える奈津子に、斎藤は1ヵ月内に30億円のノルマを達成したら社長に撤回を進言してやる、と約束する。

奈津子は部員たちに斎藤の決定を伝えるが、そんな短期間で達成できるわけがない、と部員たちはあきらめ顔。しかし、神崎あすか(足立梨花)が、こうなったら飲料大手の「シティドリンク」の宣伝を取りに行くしかない、と発言。CM、雑誌ともに取れれば100億円も夢ではないが、すでに第二営業部がコンペの参加を表明していた。東邦広告としても、弱小の営業開発部より第二営業部を選ぶのでは、と言う米田利雄(板尾創路)に、奈津子は第二営業部に手を引いてもらうしかない、と覚悟を決める。
 コンペに勝つには、クリエイティブディレクターを高木啓介(松田龍平)に頼むしかないと判断した奈津子は、高木の元へ。すでに第二営業部からのオファーを断っていた高木は、考えさせてくれ、と返答。実は、高木はニューヨークで1年に渡って勉強できるコンクールに参加予定だった。

その日の夜、奈津子は小山壮太(髙橋幸之介)とふたりだけの夕食をとっていた。その頃、小山浩太郎(原田泰造)は、実家で小山周子(松原智恵子)と夕食中だった。様子がおかしかった浩太郎は、自分は浮気をした、と母親に告白。以前から、坂部深雪(伊藤 歩)との仲を怪しんでいた周子は驚かない。一方、奈津子には高木からメールが届く。
 別の日、奈津子はシティドリンクのコンペの説明会に出向く。そこには、同社の宣伝部長・野村翔一(下村青)と担当の山根さやか(浅見れいな)がいたが、さやかは、集まった広告代理店の担当者たちに、自信のない社は退室してくれ、などと言い放つ。会議室が静まり返るなか、奈津子は…。

番組HPより引用

次回もお楽しみに^^

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報