せいせいするほど愛してる7話ネタバレ感想!遂に愛人関係を解消

      2016/09/23

遂に愛人関係を解消した未亜と海里。

「せいせいするほど愛してる」の8話予想と7話のあらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

せいせいするほど愛してるロケ地は?結末までのネタバレ・視聴率も
中村蒼(宮沢綾)がせいせいするほど愛してる出演!彼女や演技力は?
水沢エレナ(真咲あかり)のせいせいするほど愛してるの髪型・服や彼氏は?
高橋光臣(山下陽太)がせいせいするほど愛してる出演!彼女や演技力は?
中村隼人がせいせいするほど愛してる久野淳志役!彼女や演技力は?

ネタバレあらすじ

6話ネタバレと感想はこちら

ついに不倫関係を清算!?

優香に罵られるという修羅場を迎えた未亜は、ナオキの店を訪れ、不倫の恋に未来がないことを悟り始めます。

その頃、海里は未亜の自宅を訪れますが、未亜が留守にしていたため、置手紙をして帰ります。

翌日出社すると、海里が大阪に転勤になったことを聞かされます。

嘉次からは「海里と別れてくれ」と頭を下げられてしまいました。

 

一方の海里は、優香に携帯を取り上げられてしまいます。

海里に直接会って気持ちが知りたいと考える未亜のところに、大阪出張の話が湧き上がります。

向井は佐伯を向かわせようとしますが、宮沢の機転によって未亜が宮沢の監視のもと向かうことが決まりました。

優香は海里との関係に対する不安から、遙香にも当り散らします。

その遙香も、陽太から店の経営のために優香と海里の関係を利用していることを見抜かれてしまいます。

 

大阪での仕事を終えた未亜は、宮沢の友人の結婚式に行きます。

未亜はそこで出会った宮沢の元カノ・志保に頬をたたかれます。

志保はまだ宮沢のことが好きだったのです。

ですが宮沢は、「一生大事にしたい人に出会ってしまった」と言い、きちんと断ります。

未亜は海里と会うため、宮沢とともに優香が通院する病院に向かいます。

無事に海里と再会した未亜ですが、優香の提案で、4人で食事をすることになります。

食事の準備中、優香は「離れ離れにしたのにどうしてついてくるの?」と言います。

もし別れなければ、密会写真を会社にばらまくと脅してきました。

 

一方の宮沢は、海里に身を引くように迫ります。

4人での食事中、優香は未亜に海里と二度と会わないように誓ってほしいと言いました。

すると海里は、自分たちは既に離婚する予定だったと言い、証拠の離婚届を突き付けます。

錯乱した優香はナイフを持ち出し、海里に一緒に死のうと持ちかけます。

優香の覚悟を目の当たりにした未亜は、もう海里とは合わないことを約束し、その場を飛び出してしまうのでした。

 

東京に戻った未亜は、海里と別れる決意を固めます。

心配した海里が未亜の家にまでやってきますが、未亜は会うことはありませんでした。

その時、あかりが一通の手紙を見つけます。

それは、海里が大阪へ行く前に未亜に宛てた手紙でした。

そこには「優香との関係をちゃんと整理できるまで会うべきではない。でも心は未亜を想っている」と書かれていました。

手紙を読んだ未亜は、海里の自宅へと向かいます。

「かけがえのない時間をありがとうございます」と言う未亜に対し、海里は「こういう時間をずっと永遠に重ねていこう」と答えました。

ですが未亜は海里の手を払い、「どうしても側にいてほしいときに海里はいつも側にいない。本当に夢みたいな時間でした。さよなら」と別れを告げます。

海里への想いを断ち切ろうとする未亜は、翌日退職届を用意するのでした。

キャスト
栗原 未亜 – 武井咲
三好 海里 – 滝沢秀明
真咲 あかり – 水沢エレナ
美山 千明 – トリンドル玲奈
久野 淳志 – 中村隼人
宮沢 綾 – 中村蒼
山下 陽太 – 高橋光臣
佐伯 香澄 – 横澤夏子
遠藤 多佳子 – 和田安佳莉
古沢 和彦 – 瀧川英次
高田 義彦 – 寿大聡
向井 雅代 – 神野三鈴
三好 嘉次 – 松平健
小川 遥香 – 橋本マナミ
三好 優香- 木南晴夏
ナオキ – GENKING
森丈一‐駿河太郎

感想

★修羅場を迎えたにも関わらず海里へ連絡したり、大阪へ追いかけて行ったりする未亜の行動には共感できず、モヤモヤした序盤でした。ですが後半、海里の優しさを受け入れつつもきちんと関係を清算しようとした未亜には好感が持てました。
(メロン・29歳)

予想

★海里と別れた未亜ですが、まだ未練がある様子なので、海里と復縁の道を無意識のうちに模索してしまうのではないでしょうか。優香も海里の心が既に離れていることを感じているので、海里を束縛する行動をエスカレートさせて、力づくで取り返そうとするでしょう。
(メロン・29歳)

恐怖!!止まらない妻の暴走!
不倫の密告、ストーカー…あらゆる手段を使い未亜を追い詰めていく!!
それぞれの想いが交錯するなか、思い出のあの場所で、未亜と海里が語る「未来」とは──?

海里の大阪の新居に宮沢(中村蒼)とともに招かれ、
優香(木南晴夏)にナイフを突きつけられるという凄まじい修羅場を経験し、ついに海里(滝沢秀明)と別れることを決意した未亜(武井咲)。
会社に辞表を提出するが、仕事で東京に戻ってきていた海里と偶然会ってしまい、どうしても心が揺らいでしまう…。
一方の海里も、未亜ともう一度話したいと思い悩んでいた。
そんな海里の様子を見かね、何とか二人を引き合わせようとする久野(中村隼人)だったが、協力を仰いだあかり(水沢エレナ)との関係にも変化が?
久野、あかりの手はずで再会がかないそうになるも、未亜と海里の背後に優香の影が忍び寄る…!!

番組HPより引用

 

次回もお見逃しなく!!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報