そして誰もいなくなった8話ネタバレと感想!日下は新一の弟

      2016/09/23

日下は万紀子の養子に出した息子で、新一の弟だった…‼︎

「そして、誰もいなくなった」最終話(9話)予想と8話の
あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

そして誰もいなくなったロケ地・結末までのネタバレ感想・あらすじは?
玉山鉄二がそして誰もいなくなったの小山内保!演技力や結婚相手は?
ミムラの本名や結婚・離婚相手・子供は?目が今現在もきれいでかわいい

ネタバレあらすじ

そして誰もいなくなった7話ネタバレ感想はこちら

馬場を失い、砂央里と西条までもが消えてしまったが、新一(藤原竜也)のブラックアウト計画は予定通り決行され、ドローンは西東京ビルから飛び立った。

「送電設備を襲撃する」というテロの予告が警視庁に入ると、

テロを阻止しようと小山内(玉山鉄二)と鬼塚(神保悟志)たちは西東京ビルに向かうと途中にドローンを見つけ、後を追うことに。

すると、小山内は1年前に新一がパーソナルナンバーシステムに欠陥があり、送電システムを狙われたらまずいと話していたことを思い出す。

送電システムの近くに着いた鬼塚たちはドローン目掛けて銃を撃つが、なかなか当たらない。

一方、その頃日下は以前に取っていた新一の指紋を使いセキュリティを解除し、攻撃目標を変更していた。

その頃ドローンは急に方向転換し、そのドローンの行方を追う鬼塚たち。

急な攻撃目標変更に戸惑う新一はPCを使いなんとかしようとするが、失敗し、全てのドローンが新一がいるビルへ向かってくる。

ドローンに囲まれ、やがて公安の刑事たちも到着し絶体絶命の新一。

しかし、小山内が停電を起こし逃げ出すことに成功する。

 

一方、入院している早苗(二階堂ふみ)は、たまたま病院のテレビで新一の会社L.E.Dのデータ消失事件のニュースを知る。

気になった早苗は、新一が慕っていた田嶋(ヒロミ)のマンションを訪ねる。

会社を辞め、実家に帰ろうと田嶋は荷造りをしていたが、新一は横領もしていないことを話し、無罪を証明してほしいと田嶋を説得する。

すると、田嶋に電話がかかってきた。

ふとテーブルの下を見ると、実家に帰るはずの田嶋の名前が書かれたファーストクラスのフィリピンへの航空券を見つけてしまう。

さらに奥の部屋には札束がぎっしり入ったキャリーケースを見つけてしまう。

早苗が振り返ると電話わ終えた田嶋がいた。

頼むから死んでくれと早苗に襲いかかる田嶋。

 

一方、小山内は新一に長話は出来ないから一つだけ確かめたいことがあるという。

「俺を殺そうとしたのは、本当にお前の命令か?」

そう聞く小山内に「何の話だよ?」という新一に先日襲われた件を一部始終話すと新一は何も知らないと答える。

さらに小山内は、実は万紀子のことを調べていたと話す。

備忘録的に録音していたが、事件の全てが入っているというボイスレコーダーを新一に託し、あとは自分で決着をつけろ、日の当たる場所に帰ってこいと言い残し、小山内は去っていく。

 

小山内は鬼塚からの取り調べを受けていた頃、外に出た新一は小山内から託されたボイスレコーダーを聞いていた。

すると、万紀子を訪ね、なぜ息子を必死に探さないのかと聞く小山内。

ずっと味方でいたいけど、いつまで味方でいられるかわからないと答える万紀子。

小山内は新一が行方不明になってから万紀子の過去を調べることにしたのだ。

すると、藤堂家に嫁ぐ前に実はシングルマザーだったこと、その子は藤堂家に嫁ぐ前に養子に出され、中学卒業と同時に家出をして現在消息不明なこと。

それを調べていると、突然ガキの使いという者に襲われたことが録音されていた。

全てを聞いた新一は日下(伊野尾慧)のアパートへと向かう。

すると、部屋には万紀子がいた。

驚く新一に、あなたに会いに来たという万紀子。

なぜここを知っていると聞く新一に、このアパートは新一の父親の遺産で買った不動産の1つだから私の家だと言う万紀子。

さらに私のせいでごめんなさいという万紀子はバッグに写真が入ってるから見てと話す。

新一が写真を見ると、誰だかわからない小学生と万紀子が写っていた。

写真に気を取られている新一に後ろからナイフで襲いかかる万紀子。

そして最終回へつづく。

キャスト
藤堂 新一:藤原竜也
小山内 保:玉山鉄二
長崎 はるか:ミムラ
斉藤 博史:今野浩喜
藤堂 万紀子:黒木瞳
倉元 早苗:二階堂ふみ
西野 弥生:おのののか
日下 瑛治:伊野尾慧
君家 砂央里:桜井日奈子
馬場:小市慢太郎
田嶋 達生:ヒロミ
五木 啓太:志尊淳
岩井 波江:奥間唯
偽・藤堂 新一:遠藤要
西条 信司:鶴見辰吾
鬼塚 孝雄:神保悟志

感想

★やはり日下かと思いましたが、万紀子が絡んでるとは驚きでした。まさかの展開に最終回が楽しみです。
あき 32歳

予想

★万紀子の養子に出した実の息子だった日下は、幸せそうな新一に復讐する為に新一が信頼する人物をうまく動かし裏切られ絶望する新一を見る為今まで動いてきたことがわかる。
あき 32歳

★万紀子に襲われそうになった新一ですが、なんとか逃げ切ります。日下は実は万紀子が昔捨てた息子で新一恨みがあったと思われます。そして色んな人達に協力させながら新一に復讐をしてきました。すべてを知った新一は日下と対決したのち、勝利し藤堂新一としての人生を取り戻します。田嶋に殺されかけた早苗も無事で生まれた子と3人で家族になりました。(みみこ、32歳)

★小山内(玉山鉄二)から備忘録として持っていたボイスレコーダーを手渡された新一(藤原竜也)は、日下(伊野尾慧)のアパートへ向かった。そこには、万紀子(黒木瞳)がいた。そこで新一は衝撃の事実を知ることになる。実は日下は万紀子の子どもで、幼い頃に養子に出していたのだった。すべては自分にないものをもっている日下の新一に対する羨望から仕組まれたものだった。日下には協力者が2人いた。実母の万紀子と婚約者の倉元早苗(二階堂ふみ)。倉元早苗のお腹の子の父親は日下だった。
ニックネーム:秋空(30歳)

新一(藤原竜也)に襲いかかる万紀子(黒木瞳)。その時、万紀子の元に一本の電話が入る。「どう?殺した?」聞こえてきたのは、日下(伊野尾慧)の声だった。

とある古い日本家屋へと万紀子に連れて来られた新一。そこには一人で待つ、日下の姿があった。「全部、君が仕組んでいたのか?」と問う新一に対し、日下はこう答える。
「さすがに俺一人じゃない。一人じゃ、全部は無理でしょ」。

日下の目的は一体何だったのか!?そして、死んでいった新一の周囲の人間たちはなぜ新一を破滅へと陥れようとしていたのか。

信じていた仲間たちに裏切られ続け、日下の口から思いもよらない言葉を浴びせられた新一は怒り狂って、日下の挑発に思わずナイフを振り上げる――。
ついに、すべての謎が明らかに。次にいなくなるのは、誰だ。
そして、最後まで生き残るのは一体・・・誰だ?
番組HPより引用

次回もお楽しみに(>_<)

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報