レンタル救世主2話1話ネタバレ感想!藤井流星(葵伝二郎)がかっこいい

      2016/10/16

藤井流星(葵伝二郎)がかっこいい!

「レンタル救世主」の1話初回と2話の予想や見どころ、あらすじネタバレと感想です!

スポンサードリンク

事前情報と関連記事はこちら

レンタル救世主ロケ地や原作あらすじネタバレにキャスト・視聴率は?

藤井流星がレンタル救世主の葵伝二郎役!彼女や好きなタイプは?

予想・見どころ

★先日、初めてCMを見たのですがすごく面白そうなタイトルだなと思いました。なかなかタイトルだけで惹かれる作品はないのですが、これはちょっと面白そうですよね。レンタル救世主からは一体なにをレンタル出来るのかが気になります
(サラミ/20歳)

★一話完結型で、すっきり感が味わえるコメディーっぽい話っぽいので、面白いかもしれないですが、日曜日の夜10:30~という事でその時間にドラマをゆっくり見れるひとは少ないかもしれないと思うが日曜日の夜は日テレを見る人が多いのでもしかしたらという気もします。 毎週ゲストが出てきたらけっこう楽しみに見る人が増えると思います。

★レンタル救世主というユニークな設定からもう面白そうな感じがします。個人的な見どころはこの設定がどのように現実が舞台のドラマに溶け込むか、というところです。期待していることは主演の沢村一樹さん演技です。何故ならこのユニークなドラマにピッタリなキャスティングだと思っているからです。 
さざなみ坊主(21才)

あらすじ

明辺悠五(沢村一樹)は、勤めていた会社の元同期に騙されて1億円超えの借金を背負ってしまった。しかも、会社からは詐欺の片棒を担いだと誤解され、クビに。彼は、そのことを家族に言えないでいた。
新しい就職先を見つけなければならない明辺は、ある会社の面接を受ける。その会社の職種は、“レンタル救世主”というものだった。人生崖っぷちの明辺は、面接で自身の悲惨な身の上と家族への愛を訴えて「残りの人生を懸けて御社で働きます!」と宣言。それが社長の黒宇寛太(大杉漣)に気に入られて、採用される。

明辺は黒宇から、レンタル救世主とは一度レンタルされたら依頼者のための救世主となって、どんなことがあっても依頼者を命がけで助ける仕事だと説明される。
明辺が任された初仕事は、誘拐された人質の救出だった。指示された通りに、ある倉庫へ向かった明辺は、2人の人質・百地零子(志田未来)と薫を発見。薫が犯人の目を盗み、レンタル救世主に助けを求めて電話したのだった。明辺は零子と薫を助けに行こうするが、犯人に見つかって捕えられてしまう。

明辺たちに危機が迫る中、上空から金髪の男が現れて、ドハデなアクションで誘拐犯たちを倒す。その男は、黒宇の会社に所属するレンタル救世主・葵伝二郎(藤井流星)。2人の人質は無事助け出されるが、明辺は零子から「なんで助けに来たの」と、謎めいた言葉を投げかけられる。
人質になっているのに何故か助けを求めない零子のことが気にかかる明辺。彼は葵とともに、零子のことを調べ始め…。。
※番組HPより引用

キャスト
葵伝二郎(藤井流星)
明辺悠五(沢村一樹)
寛太(大杉漣)
百地零子(志田未来)
(中村アン)
(福原遥)

ネタバレ

百地零子(志田未来)はコインランドリー
でたまたまその場に居合わせた女装をしていた男・薫(稲葉友)と共に、覆面男たちに拉致される。

一方、普通にサラリーマンをしていた明辺悠五(沢村一樹)は、友人・柿本信也(梶原善)に大根おろしチェーンを作る為に連帯保証人になってくれと騙されて、100万ドルの借金を負ってしまい会社もクビになる。

家族には状況を話せずハローワークに行って仕事を探すものの、年齢がネックとなり見つからない。

そんな時に「レンタル救世主」のチラシを見て奏野いろは(中村アン)の面接を受ける。

「明辺悠五、なんでもやります。残りの人生をかけてやらせていただきます!」

すると、社長の黒宇寛太(大杉漣)が現れ即採用になりました。

 

一方、覆面男に拉致された百地零子と薫は手足を縛られていました。

薫はレンタル救世主に電話を掛け、助けを求めようとしますが、スピーカホンになっていて覆面男に気づかれてしまいます。

しかし、電話を受けたレンタル救世主の葵伝二郎(藤井流星)はGPSで場所を特定することが出来ました。

悠五は黒宇からレンタル救世主はどんなことがあっても依頼者の命を助けるため、とても危険で命がけだと説明されると悠五は不安になります。

そして、早速発生した誘拐事件を担当することに。

今回の報酬だという200万円の大金を目の前に心が動いた悠五は「防弾チョッキありますか?」とノリノリになりそれを着て現場に向かうと百地零子と薫を見つけます。

すると後ろからきた覆面男に襲われてしまいました。

思わず声を出した薫の声で男であることがバレてしまい覆面男がナイフを突き出した瞬間、葵伝二郎がガラスを割って登場し華麗な技で一掃し二人を助けます。

すると百地零子は「なんで助けてくれたの」と言って立ち去ってしまいました。

 

事務所に戻った悠五を社長が励まし、自宅に帰ります。

妻・明辺紫乃(稲森いずみ)が見せてきた娘がお父さんについて書いた作文には『私のヒーロー、おとうさん』と書かれていました。

作文を見て涙を流した悠五は『レンタル救世主』という職業にやる気が出てきました。

 

翌日、やる気を社長に伝えます。

社長は悠五の借金をすべて返済したことを話します。

もう逃げることはできない。こうしてレンタル救世主として働くことを改めて決意し、次に葵と挑んだ案件は、草むしりや部屋の片付け、犬の散歩など便利屋のようなまさかの安全な仕事。

依頼者からの感謝の言葉に達成感を感じ笑顔になります。

すると散歩途中に犬の毛が異常に抜けていた事に気付いた悠五は病気を疑い依頼者に伝えようとします。

すると、面倒な事に巻き込まれるからと「依頼されたことだけやればいい」と葵は悠五を止めます。

次に葵にきた案件はりさこという女性からのレンタル彼氏の依頼。

イケメンを連れて歩きたいだけという理由でしたが、ふとした事から百地零子と知り合いだということがわかります。

高校の部活のOBだという百地零子は一言も喋らなかったことから『地蔵ちゃん』と呼ばれた伝説の人物らしく、実家は超金持ちなのだ聞き、誘拐は身代金目的だったことがわかりました。

事務所では悠五が葵が公開した動画の中の百地零子を見て目が死んでることに気づきます。

悠五たちは百地零子のことを調べてみると、両親は資産家、兄はIT長者という優秀な人間ばかりな実家にプレッシャーを感じ、家出し自立するも古いアパートで生活し、仕事はクレーム、セクハラ地獄で安月給。そして資産目当てで誘拐されたことがわかります。

この悲惨な状況に心配になった悠五と葵は
百地のアパートを訪ねます。

「助けて欲しいことがあったら素直に言って」と悠五は言いますが「一人でできるから付きまとわないでくれ」と言われてしまいました。

事務所に戻ったもののどうしても百地のことが気になる悠五に葵は「依頼された時だけレンタル救世主は動けばいい。助けてほしくない人間を助ける必要はない」と言いますが、「助けてほしくても助けてと言えない人もいる」と悠五は反論します。

しかし、「それは奥さんに借金を負ったことや会社をクビになったことが言えない自分のことだ」と言われてしまいました。

その頃、百地はレンタル救世主のHPを見ていました。

 

自宅に帰った悠五ですが、家に入るのを躊躇います。

すると、紫乃がドアを開け悠五に「最近変だけど仕事で何かあった?」と優しく聞かれますがやはり悠五は話せませんでした。

翌日、事務所の外に百地が来ていましたが、そのまま去ってしまいます。

悠五は追いかけようとしますが、葵は止めようとします。

しかし、葵を振り払い悠五が百地を追いかけると、覆面男に百地が誘拐されてしまいます。

車を必死に追いかけますが、見失ってしまった悠五は事務所に戻り「依頼主は俺でいいから、百地を助けてほしい」と依頼します。

メカニック担当の紀伊ロイ(勝地涼)が特定した場所へ悠五が向かいます。

しかし、到着すると百地をセクハラをしていたデパートの支配人・辻本に後ろからブロックで殴られ意識を失ってしまいました。

 

百地の「ヤメて!お願い!!」という声で目を覚ました悠五はナイフで耳を切られそうになっていました。

椅子に手足を縛られ身動きが取れない悠五。向かいには同じように百地が座らされていました。

「百地くんの耳と嘘をついて家族に送らないと」という辻本。

自分の耳を切れという百地にそれは出来ないという辻本。

百地は再び「私とお金、どっちが目的なんですか?!」と辻本に問うと「金!」と即答されたことから百地はブサイクに泣きじゃくります。

「困った時は言ってと言ったのに助けてと言わなかった。言ってくれたら誘拐しなかったのに。」と辻本が言いと、悠五は「助けてと思っても言えないんだよね。」と反論しました。

「俺も助けてって言えなくて困ってる。でも、助けてほしかったら我慢しなくていい。救世主に向かって俺を助けると思って叫んでよ」という悠五の耳が再び切られそうになります。

すると百地は念仏のようなラップにのせて溜め込んでいたことをすべて吐き出し「こんな私でもいいなら、救世主がいるなら助けて!!」と言うと壁を爆破させ葵が登場し辻本たちをボコボコにするのでした。

 

事務所に戻り悠五に200万円が請求されると「助けてもらった私が200万円払います。」という百地。

さらに自分もレンタル救世主をやりたいという百地。

こうして百地は仲間になったのでした。

感想

★コミカルでテンポが早く、見てて飽きないドラマだと思いました。零子が最初に誘拐されたシーンではコメディ全開で、もう少しシリアスなドラマだと思っていたので驚いてしまいましたが、沢村さんの演技がおかしくて笑ってしまいました。2話も楽しみです。
みさりん26歳

 

次回もお楽しみに!

関連記事はコチラ:

 - ドラマ情報