キューティーハニーTEARS(西内まりや)あらすじ・キャスト・ロケ地は?

   

誰もが知っているキューティーハニー。

近年では倖田來未さんが歌ったり、佐藤江梨子さん主演で「CUTIE HONEY キューティーハニー」が公開されたりと、世代を超えて愛されています。

そんなキューティーハニ―が、西内まりやさんを主演に、近未来を舞台として帰って来ます。

女子高生の憧れ・西内まりやさんが、どのようなキューティーハニ―を演じてくれるのか、楽しみですね!

では映画「CUTIE HONEY TEARS」の基本情報や原作について、あらすじネタバレや、キャスト、見どころ、ロケ地などを、まとめてご紹介します。

スポンサードリンク

基本情報や原作について

原作は、1973年に週刊少年チャンピオンに連載された、永井豪さんの漫画「キューティーハニー」です。

監督はA.T.さんとヒグチリョウさん、主題歌は西内まりやさんの「BELIEVE」です。

「CUTIE HONEY TEARS」の出来栄えには、原作者の永井さんも大満足の様子です。最新の映像技術と美女・西内まりやさんのコラボ、気になります。

キャスト

如月瞳役:西内まりや
image
如月博士が造った人間の感情を持つアンドロイド。コードネームはキューティーハニー

早見青児役:三浦貴大
下層階出身のジャーナリスト。両親を奪った汚染雲を消し去りたいと考えるほど、正義感がある

ジル役:石田ニコル
如月博士が如月の次に造った、感情のないアンドロイド。上層階を管理している

浦木一仁役:高岡奏輔
下層階のレジスタンスのリーダー。早見と同じように、汚染雲を無くしたいと考えている

木村龍太役:永瀬匡
下層階のレジスタンスのメンバー。機械に強いムードメーカー

清瀬由紀子役:今井れん
下層階のレジスタンスのメンバーで、浦木と共に行動している。竹を割ったような性格

如月博士役:岩城滉一
ロボット工学の天才科学者で、如月とジルを造った本人

キャストの関連記事
永瀬匡の彼女は?実家は飲食店で元ジャニーズ!脱退理由や演技力について

ロケ地

残念ながら、映画「CUTIE HONEY TEARS」のロケ情報の詳細はありませんでした。

近未来を舞台にしていたり、最新の映像技術を使ったりすることから、室内での撮影が多かったのかもしれませんね。

あらすじ

人間のために都市を管理する、AIによって支配されたこの世界は、富裕層の上層階と貧困層の下層階に分けられていました。

上層階からは汚染物質を含む有害な雨が降り、それが下層階に流れ込んでいました。

ある時、アンドロイドの瞳が上層階から下層階へと落下します。

瞳は、上層階の新聞記者の青児、レジスタンスの一仁、由紀子、龍太たちと共に、世界を支配している新型アンドロイドのジルに立ち向かいます。

まとめ

映画の初主演となった西内まりやさん。彼女の抜群の運動神経を活かし、迫力満点のアクションシーンとなったようです。

最新の映像表現で、近未来をどのように表現し、私たちをどう楽しませてくれるのか…とても興味深いですね!

関連記事はコチラ:

 - 映画